Bullet For My Valentine(3rd)

こんばんは。


近頃は日が落ちるのも早くなって、寒くなって、社会情勢も不安定で…う~ん、何と言うか、暗い気持ちになり易いです。こういう時にエモコアを聴くのは精神衛生上よろしくないw好きだから聴いちゃうんですけどwwそんな訳でPCのデスクトップをシックなLat式ミクの壁紙から水上秋ちゃん(夏めろ)に変えました。いや~…良いですなぁ(*´Д`*)


…さてw、BFMVの3rdアルバムのレビューです。





3rd)Fever('10)

FeverFever
(2010/04/27)
Bullet for My Valentine

商品詳細を見る


Linkin ParkやGood Charlotte等を手掛けた事で有名なドン・ギルモアをプロデューサーに迎えて制作された3rdアルバム。売れ線に走っちゃうのかな…と危惧してたんですが、印象としては半分外れて半分当たった…といったところです。

今作は歌える曲が多いと思います。拳を振り上げてオーディエンスとコーラスするような。それだけフックに富む良質な楽曲が量産されているという事でしょう。哀愁を内包させつつも攻撃的に突っ走る楽曲群は、キャッチーでこそあれ軟派な印象はありません。極めて耳触りがよく、メタルの魅力を余すところなく凝縮する事に成功してるかとは思います。

一方で楽曲単体で見た場合、キラーチューンと呼べるものが少ないかなとは思います。かと言ってインパクトもそれほど無いので、全体として中途半端な印象が拭いきれません。個人的には#1、#3辺りは好きですが、他は悪くはないけど、似たり寄ったりな曲が多いかなと感じました。後は前作・前々作と比べて売れ線狙いになった部分が気に入らない方も居るかもしれない。

若干不満はあるものの、どちらかと言えば難点を探すのが難しいタイプの作品ですので、安心してトライして大丈夫だと思います。ただ、印象は強くないと思います。


#1:Your Betrayal






曲名からして、英国風ですね。本作で一番ブリティッシュメタルな雰囲気が漂ってるかと思います。



#3:The Last Fight






「最大の敵は自分」ていう、ありがちなテーマなんですが、この曲/PV好きです。


<個人的評価>
攻撃性:☆☆☆☆
メロディ:☆☆☆☆
洗練度:☆☆☆☆
お勧め:#1、#3、#9、#12*
(*:国内盤のボーナストラック)

TOTAL:82 (/100) 




これまた兄貴の所持品で、同居→一人暮らしの際、ケースだけ持って行ったんですよね。ですので、DVDの内容…あまり覚えていません(笑)。ウチにあるのは中身(音楽CD)のみで、ケース(含むDVD)を彼は持って行ったんです…って、兄貴、こんなんばっかなんですよね。

ここ1~2年はメタルの傍ら、トランス、インダストリアル、アニソンとかに手を出していたんですが、BFMVのフォロワーが結構量産されている事を知ったのが割と最近なんですよね。Triviumと並んでいつまでも新進気鋭な印象があるんですが、既に彼らもフォロワーを引き連れる立場になっているのですね~


次回ですが、たぶんSonic SyndicateかBlack Veil Bridesです。あとは…Infected MashroomとかAssemblage23とかもレビューしたいですね、時間があれば。


ではでは(゚∀゚)ノシ


PS:
明日までの課題やってない。再履修の。(←真面目に取り組めよww)
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply