Demetori(6th)

管理人:「データが○○までしか集まらなそうなので、絞ろうかと思うのですが…」
教授:「いや、ギリギリまで頑張りましょう」
管理人:「あ、はい。」
教授:「その方が卒論書く時に気持ちいいよ^^」
管理人:「あ、はい…そうすね…」


管理人:「・・・(´・ω・`)」


やんわり説得されましたwというより、実験失敗続きなのが悪いんですけどね、教授にも理不尽さがある訳でもなく、むしろ申し訳無さで一杯です。でも卒論って…とりあえず書ければ大丈夫ですよね?w


さて、そんな切ない日々を強く生きていくためのサウンドトラックと言えばヘヴィメタル。Demetoriさんの新作です!




6th)BEGIERDE DES ZAUBERER('11)


demetori BEGIERDE DES ZAUBERER 


東方プロジェクトのメタルアレンジサークルの雄:Demetoriがコミックマーケット81(2011年冬コミ)で販売した6thアルバムです。タイトルの意味は多分「魔術師の欲望」、ドイツ語(byエキサイト翻訳その他)。前作が「東方ゲロヘドロアレンジ」に対し、今作は「カオティックグチャドロゲロ低音」を掲げた作品となっています。 尚、今作も8弦ギターを使用。

前作のミドルテンポ&グルーヴィな作風の反動か、本作は全体的にBPMが上昇、疾走感ある楽曲が増えました。割と前方に出たシンセ、刻みの細かい8弦ギターリフと、歯切れ良いツーバスのユニゾン、ブレイクパートなどから、メタルコア/メロデスを彷彿させます。Demetori作品としてはおそらく過去最高に重低音ですが、メロディを殺さないアレンジがされているので、マニアックな印象はありません。グチャドロゲロ低音でメロディアスに爆走する楽曲群はメロデスファンの僕としては大いに歓迎する所。

各所で指摘されているプログレ的要素の増強ですが、時折変拍子を挟んだり、変則的な曲展開をしたりと、確かにここ数作にしてはプログレチックかもしれません。特に#2や#5なんかはなかなかコアなアレンジですが、おそらく「彼岸花葬」なんかから比べると全然プログレではないのかなぁと思います 。むしろカオティックという割には割とストレートなアレンジが多く、似たり寄ったりなアレンジが多く、良い意味での驚きないのが難点かなと思います。あと、多数の方が指摘されている通り、ラストがあまりにアッサリ終わり過ぎているのも…#9は既発表曲ですしね。

今作は個人的には過去最高作でしたが、東方同人CDwikiのレビューの方では評価が芳しくないようです。多少ワンパターン気味な部分は、過去に「如臨深遠」といったアルバムをリリースしているDemetoriとしては残念な所だと同意しますが、これ、そんなに聴きにくいかなぁ…とは思います。過去作からのファンからすると、ヘヴィ路線が行き過ぎていると感じるかもしれません。


#3:リジットパラダイス~Dawn of the Dead




当初は控えめなアレンジ…と思ってスルーしていたら、ギターソロとアウトロ(?)が変態過ぎてビックリ。


#5:U.N.オーエンは彼女なのか?



ようやくのアレンジ…になる訳ですが、思いの外ストレートでした。

この曲に限っては、MAD動画等の効果もあって、ビートまりお氏の「最終鬼畜妹フランドール・S」を越えられるインパクトはなかなか難しいですね(笑)。


#1:#2への盛り上げ役。えらく重い幕開けです。
#2:本作で一番プログレライク。Angraの「Acid Rain」がオマージュ元みたい。
#3:東方神霊廟より。アレンジ控えめですが、ギターソロが超絶変態過ぎる。Synphonuy Xっぽいとの事。
#4:ストレートなクサメロメタル。個人的には大好きですが、賛否両論。
#5:超有名プログレ原曲のアレンジは思ったより素直なアレンジ。やたら重低音な点を除いて(笑)。
#6:妖精大戦争より。Metallicaっぽいとの指摘ですが、個人的には「Hit The Light」っぽい印象です。
#7:東方神霊廟より。本作随一のクサメロメタルかつ最も旧作アレンジの雰囲気があります。
#8:#9への盛り上げ役なんですが、もう一捻りあれば… 
#9:兎に角速い。そしてあっという間に終わり、祭りの後の静けさ。
:ニコニコ大百科で議論されていたオマージュ元。

<個人的評価>
重低音:☆☆☆☆☆
速さ:☆☆☆☆
意外性:☆☆☆
お勧め:#2、#4、#5、#7

TOTAL:90 (/100) 







思ったより低評価でビックリしたんですが、う~ん、確かに前作に輪をかけた無難さが残念なところはあるかも。でもあまりに奇想天外な方向転換されるよりは個人的に良かったなと思ったり。


今後しばらくは卒論シーズンにつき、某SNSで書いたSoilworkのレビューの改訂版がアップロードされるはずなので、それほど更新は滞らないはずです。


それでは皆様、体に気を付けて(゚∀゚)ノシ


PS:最近、やたらネット回線がブツブツ切れるんですが、何ででしょう…何もしてないのに…って言うと、PC素人丸出しなんですけど、フリーソフトと間違ってインストールしたBabylon toolbarの所為か、それともiTunesのApple Sync Nortifierが何たら、て表示を放っておいた所為か、エッチな動画の積み過ぎか(Dドライブなので大丈夫なような気もしますが)…あ、逆に心当たり多過ぎwww

関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

北欧海老  

No title

こんばんわー

うーんやっぱり今作はネットの評価もあまり芳しくないんですね。多分今作より前作がいいという意見が多いのは、前作は初の8弦使用の作品でワタクシらのようなコアな音楽ファンではない方々が度肝を抜かれたのに対し、今作はそういった方も多少なり免疫が出来ていたのではと思います。

作風に関しては正直前作よりチャレンジしている気がしてそこはよかったなと思います。が、やはりプログレ系ってのは中途半端になるとしまらないもんですね(苦笑)Tr.5に関してはたしかにもうちょいやりようはありそうですが今作では1番お気に入りかもです。

それと仰る通り、最後がさらっと終わりすぎてますねー…前作の最後が優秀なアレンジだっただけになおさらそう思うんでしょうが…。

2012/01/26 (Thu) 21:44 | EDIT | REPLY |   

ruchinium  

>北欧海老さん

こんばんはー(゚∀゚)

前作よりもチャレンジしている、という点は同意です。中途半端なプログレ、という点も同意します(笑)。ですが、Demetoriファン、思ったよりも8弦/プログレへの耐性が無い方が結構居るみたいです。むしろファンが僕らのようなコアメタラーだけではなかったというか…彼岸花葬なみのプログレを期待してたのに!というガッカリ感を抱いている人はもしかしたら少数派なのかも…。東方同人CDwikiでの意見が多数派とも限りませんけど。

ttp://www16.atwiki.jp/toho/pages/6210.html

ラスト曲、アレンジ自体はなかなか良いんですけどね…ラストとしては少し物足りなさが。既発表曲ですし…(何回言うんだ)

2012/01/26 (Thu) 23:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply