Disarmonia Mundi (3rd) (リライト)

こんばんは。


いよいよ冬本番になってきたかと思いますが、いかがお過ごしでしょうか?僕は休日コタツから出られない生活になっています。あと土日の睡眠時間合計が26時間くらいになっています。一日以上寝てる!!

という訳で、Disarmonia Mundiの3rd「Mindtrick」です。リライトです。



3rd) Mindtrick ('06)


DisarmoniaMundi_2nd.jpg

01. Resurrection Code
02. Mindtricks
03. Celestial Furnace
04. Nihilistic Overdrive
05. Parting Ways
06. Venom Leech And The Hands Of Rain
07. Liquid Wings
08. Process Of Annihilation
09. Last Breed
10. A Taste Of Collapse
11. Mouth For War (※Panteraのカバー)

エットレ大先生のソロプロジェクトことDisarmonia Mundiの3rdアルバムです。今度はベースのミルコも脱退してしまい、ビヨーン(vo)、クラウディオ(vo)、エットレ・リゴッティ(g, b, ds , key)という構成。一部楽曲で、ゲストにメタルとはあまり縁のないご友人が参加し、ギターソロを披露しています。

前作から歌メロ重視のメロディックデスラッシュ路線へと大きく変更してきましたが、今作ではその情的的なメロディーに一層磨きがかかりました。スピードや攻撃性を犠牲にしつつ、美しい歌メロとコーラスワークを全面に出し、しっかり聴かせる構成としています。前作では「あれ?居たっけ?」なクラウディオのシャウトも、ビヨーンのグロウルとの対比が出来ていますね。

その他、前作でも主張していたキラキラした スペーシーなシンセ音や、攻撃的ながらキャッチーなリフ、そして嫌味の無いギターソロも健在です。楽器演奏陣…随分と抜けてしまいました。心配一切ご無用!!何の変化も無い!!エットレ一人で大体足りているんだよなぁ…もう全部こいつ一人でいいんじゃないかな

難点は端的に言って「遅くなった」「丸くなった」点でしょうか。作風は前作とほぼ同傾向ですが、デスラッシュ的なスピード感が減退したため、聴き心地は異なると思います。また、4th~5thのSoilworkまんまのスタイルって事で、オリジナリティに関して懐疑的な部分もあるでしょう。が、実際(当時の)ソイルより遥かに高品質な曲を量産していましたし、フォロワーがパイオニアを追い越すってのはよくある事。今更感のある批判でしょうね。

デス成分と歌モノ成分が丁度いい塩梅に配合された高品質歌モノメロデス。メロデス初心者にも安心してお勧め出来る必聴盤です。 2011年には「Extended Version」としていくつかボーナストラックが追加されたバージョンも発売されましたので、これから買われる方は是非そちらを。


#3:Celestial Furnace (#3)



甘いサビメロが印象的な曲。ちなみにハゲがビヨーン、長髪イケメンがクラウディオ、ギター弾いているホームレスのおっさんみたいな人がエットレ大先生です。…てかクラウディオ、イケメン過ぎない!?

#4:Nihilistic Overdrive



一番好きな曲ですね。ミドルテンポ曲ですが、グロウルと美麗なコーラス、ギターソロが楽しめる曲。実は割と尺の長い曲。

※リミックスバージョン(Extended Version収録)




こちらは女性ボーカル:ハレルヤヨーコ氏を起用してのバージョンになります。ジブリメロデスカバーでもお馴染みの方ですが、このテクノライクなバージョンも格好良いですね。


<個人的評価>
疾走感:☆☆☆ 
叙情性:☆☆☆☆☆
大衆性:☆☆☆☆☆
お勧め:#1、#3、#4、#6

TOTAL:92(/100)



上書きしてしまいましたが、実はリライトするまでもなく、あまり内容変わっていません。ちょっと整理しただけですね。Fear Factoryは結構ガッツリ内容変えましたが、ムンディは意外と変える所ないかもしれない。

NINの「Year Zero」「The Slip」やCelldwellerの「Offworld」、Die Kruppsの「V:Metal Machine Music」、Triviumの「The Sin And The Sentence」…レビューしたのはヤマほど有るんですけどね。時間と体力が…次回もリライトでお茶を濁す予定ですが悪しからずです。

それではまた(゚∀゚)ノシ

PS:
本日はこちら。



2005年11月の某B!誌で、海外のデモCDコーナーみたいなページで「Ministry + Rammsteinみたいな音楽性で北欧っぽさがある」って紹介されているバンド…でした。フィンランド出身みたいです。今も活動されているみたいですね。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 4

-  

Taste Of Collapse目当てに買ったら、前作より勢い・凄みが大幅に薄れててがっかりした思い出
でもEX版の追加曲はどれも完成度高くて素晴らしいですね

2017/11/30 (Thu) 22:24 | EDIT | REPLY |   

ruchinium  

> ないとん様(でしょうか?)

コメントありがとうございます!沢山コメント頂いたようで、お名前間違いないでしょうか?
お間違いなければ代表してこちらで返信させて頂きますね。

「Mindtrick」は前作から比べて大きく歌モノ路線にシフトしましたよね。2ndが強烈過ぎたばっかりに、相対的に低評価されがちですが、何だかんだでぶれないムンディは凄いと思います…実質ワンマンなのでブレもクソも無いかもですが(笑)

2017/12/01 (Fri) 20:29 | EDIT | REPLY |   

ないとん  

ちょっと一気にコメ書きすぎましたね...ごめんなさいw
まぁまた覗きに来ると思うんで、これからも続けてくれると嬉しいです

2017/12/02 (Sat) 14:47 | EDIT | REPLY |   

ruchinium  

> ないとん様

いえいえ、こちらこそ沢山記事を読んで頂き、ありがとうございます。更新頻度はちょっと控えめかもですが、これからも続けていきますので、今後ともよろしくです(゚∀゚)

2017/12/04 (Mon) 21:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply