Disarmonia Mundi(3rd)

こんにちは。



早速ですが、2ndのレビューです。…間違いました、第二回目:3rdです。1stから始めないとこういうミスを…(^^;

このアルバム聴いた時の衝撃は凄かったです。僕の好きな要素がすべて入ってましたから。




2)Mindtrick ('06)

Mind TricksMind Tricks
(2006/05/16)
Disarmonia Mundi

商品詳細を見る


エットレ・プロジェクトことDisarmonia Mundiの3rdアルバム。今度はベースのミルコも脱退してしまい、ビヨーン(vo)、クラウディオ(vo)、そしてエットレ先生(g,b,ds,key)という構図です。エットレ先生働き過ぎです。

そして今作の特徴ですが、扇情的なメロディーに一層磨きがかかりました。若干スピードや突進力が減退したものの、流れるようなメロディとコーラスワークが強化されています。ビヨーンのクリーンボーカルとグロウル、クラウディオのシャウトの住み分けが出来ています。そして全面に出るキラキラした スペーシーなシンセ音、攻撃的ながらキャッチーなリフと、嫌味の無いギターソロも健在…

…と、各所でも指摘されていますが、言ってみればこれ、まんま4th、5thアルバム時のSoilworkです。しかも正直、Soilworkよりクオリティが高いです、圧倒的に。Soilworkほど整合性や透明感は有りませんが、多分メロデスファンとしては、ムンディの方が気に入るんじゃないでしょうか。これを良いとするか否かは、微妙ですが、このハイクオリティの前ではさしたる問題ではありませんかね。

難点は前述の通り、前作と比べると遅いという点でしょうか。デス/デスラッシュ的な攻撃性が減退した事で、より普遍的なメロディックメタルに近づいた事を残念に思うリスナーも多いようです。ただ、今作は前作の難点であった「金太郎飴感」を、緩急を付ける、曲のバリエーションを増やす事で解消してくれました。デスラッシュ一辺倒でもなければ、歌モノに迎合した軟弱メタルでもありません。メロデス初心者にも安心してお勧め出来る必聴盤です。



#3:Celestial Furnace (#3)





ビヨーンの歌い方って格好良いよなぁ…



#6:Venom Leech And HandsOf Rain 






個人的には#4の方が好きなんですが、この曲の方が、前作と今作の区別を説明するのに適切かと思い。


<個人的評価>
速さ:☆☆☆☆
メロディー:☆☆☆☆☆
緩急:☆☆☆☆☆
お勧め:#1、#3、#4、#6

TOTAL:92(/100) (個人的には100)




僕としては満点付けたいのですが、インフレしてしまうのと、スピードダウンを懸念する向きが有る事、僕自身も同意する事を 
踏まえて…という事で。 

という訳で、次回は4thアルバムです。名残惜しいですが、目下の新作なので、ムンディ特集は最後になりますかね。


ではではまた次回。読んでくれた方はありがとうございます。拍手してくれた方もありがどうございます(゚∀゚)!



PS:ちょっと面白かったので以下の動画を紹介。




僕は「けいおん!!」結構好きです。大ファンではないですが。これは和訳が素敵ですねw

コアな音楽ファンは「けいおん!!」とか嫌う向きにありますよね。萌えに迎合って点に…でしょうか。気持ちは分かります。僕も「デトロイトメタルシティ」がデスメタルとして認知されるのに抵抗を感じますし。

でも大事なのは、「バカにされてるかされてないか」て所で、この動画からはムンディ愛が溢れてますよねwあと僕は自分の好きな音楽に誇りを持ってるので…別に良いですねw理解されるとされるで面白くない複雑なメタルファン心も有るし(^^;


ただ、「これがロックかぁ」とか「デスメタルってみんなこんななのかぁ」と思われるとちょっと嫌なのでw正しい知識を身につけてほしい…というのはちょっとありますけどねw
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply