Soilwork (7th)

こんばんはー。


学会の予定がズレたので、少し…というよりかなりゆっくり出来る事になりました(*´∀`*)
いやぁ~、学生って良い身分ですね、ホント。どんだけ辛くても一区切りの長期休暇がありますもん。

という訳で少し更新ペースを上げたいなと。今回でSoilworkレビューは一区切り。
7thアルバム「Sworn To A Great Divide」です。




(7th)Sworn To A Great Divide('07)


スウォーン・トゥ・ア・グレイト・ディヴァイド(初回限定盤)(DVD付)スウォーン・トゥ・ア・グレイト・ディヴァイド(初回限定盤)(DVD付)
(2007/10/24)
ソイルワーク

商品詳細を見る


前作で既に行き詰まりを見せていたSoilworkに更なる不運、なんとメインのソングライターであるピーター・ウィッチャーズが脱退してしまいます。後釜にはDimension Zero等で活躍するダニエル・アントンソンが、作曲はオーラ叔父さんがメインとなって行われた、満場一致の奇跡的問題作:7thアルバムです。これで旧作ファンは勿論、中期作ファンも離れていったことでしょう。

個人的にお気に入りな#2を聴いたときから何となく嫌な予感はあったのですが、アルバム全体がビックリするくらい印象が薄いです。殆どの曲が耳に残る事がない。特にメロディの品質は前作以上に落ちており、あの「Stabbing The Drama」の中でも印象が薄い曲だけを集めて作られたアルバム…といった印象です。流石にギターリフとかシンセ音とかはフォロワーと比べるまでもないですが、そのレベルです。突進力が増強したとかは申し訳程度ですね。

#4のギターソロとか、#10の厭世的な雰囲気、#11の近未来的なシンセ音、#12のプログレチックなリフ構成等、要所要所で耳を惹くフレーズが無い訳ではなく、全く救いようがない訳ではありません。ただ、前作ほどフォローする点が見当たらないのが残念な所ですし、これがSoilworkが作ってしまった事に落胆の色を隠せません。

あとは…う~ん、やっぱり褒めるポイントを見つける事が出来ませんでした。何度聴いてもこれだけはダメです。


#2:Exile






曲名が日本の某アーティスト名と同じなので、なんとなく違和感ある曲名ですがw、これは凄く好きな曲です。まぁ…これだけなんですが…(^^;実際、これ聴いて「あ、アルバムはヤベェな…多分…」と予測できました。


<個人的評価> 
歌メロ:☆☆☆ 
疾走感:☆☆ 
メロデス度:☆ 
お勧め:#2、#3

TOTAL:58 (/100)




僕個人、過度な毒舌レビューというのは好きじゃないので書かないようにしています。なるべく褒める点と批判する点の両方を書くようにしていますが、ちょっと本作だけはどうしても良い所を見つける事が出来ませんでした(^^;)でもまぁこの低得点でもって興味をもっていただければそれはそれで良いかもしれません。僕自身、低い得点のレビューって結構気になって買ったりしちゃうんですよね。んで、「いや、意外と良いじゃん」て思ったりすると2倍得した気分になりますwww

今作を最後に僕のSoilwork熱は過冷却された訳ですが、8thアルバムの評判は割と良くて気になっています。6th、7thの印象ゆえになかなか食指は動かずに今に至っていますが。


さて、次回の予定ですが、なるべく近日中にFF10のサントラレビューを書きます。あと追記だけ。後はインダストリアル系を少々。FF13のサントラレビューは少し後になるかもしれません。


ではでは(゚∀゚)ノシ


PS:
ニコニコ動画の忍者龍剣伝の実況を見て久々にプレイしたんですが、べらぼうに難しいww今の時代、あんなの販売したらクソゲー扱いも免れないだろうなぁ…wいや、僕はかなり好きなゲームですよ。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

LITANY  

こんにちは~(・∀・)

お久しぶりでございます。
そして一連のSoilworkのレビューお疲れ様でした。
楽しく読ませていただきましたよ~(´∀`)

ちなみに私自身は2ndが一番好きで、
4thまでは聴いてそれ以降の作品は全く受け付けませんでしたが、
最新作は結構良い感じでしたよw

特に1曲目からキラースピードチューン、
「Late For The Kill, Early For The Slaughter」で始まり、
(これは名曲だと思います。)
アルバム全体を通して中々緊張感を持っていて今でもたまに聴いたりしてます(´ω`)

2nd~4th辺りまでをベースとして、
それ以降の美味しい要素も足したみたいな印象を持ってます。
まぁ個人的には2nd並に激しくデスラッシュして欲しかったりもしますがw

あと忍者龍剣伝は懐かしいですね~。
私も少し前にプレイしなおしてみましたが、
昔の自分はよくこんなものがクリアできたなと思いました(;^ω^)

記事を読んで面白くも鬼畜なゲームが多くて楽しかった時代の記憶が蘇りました。
ありがとうございました(・∀・)
あの頃だと「ヒットラーの復活」なんかも、
鬼畜な難易度のアクションですが名作だと思いますので興味がありましたら是非w

ではではまたお邪魔させていただきますね(´∀`)ノシ

2012/03/08 (Thu) 16:42 | EDIT | REPLY |   

ruchinium  

>LITANYさん

こんばんはー。
お疲れ様だなんてそんなw

色んな方のSoilworkのレビューを読んでいると、2ndまでが好きな方と3rd~5th辺りが好きな方でかなり分かれるようですね。初めて購入したのが2ndで、前者のレビュアーの方の意見を参考にしたので「これは…違ったかな」と思って早い段階で押入れ行きした記憶がありますw今聴くと逆に新鮮なんですけど。

それと8thのリードトラック、格好良かったです。予想以上にw。僕が聴いたのは「Night Comes Clean」て曲で、メロディの質が戻ったかなくらいの印象は持っていたのですが、アルバムの質も戻っていそうですね。

忍者龍剣伝クリア、相当ですねw1はもう…どうしょうw難易度高いだけでなくラスボスの仕様が…まさかあそこまで戻されるなんて…。2はそもそものコース自体が鬼畜だし、ゆとりぬるゲーマーには辛いですw

ちなみに「ヒットラーの復活」も実況動画を見て密かに興味を持っていたゲームですがw、VCもDL販売も無いみたいですね…。ただ、リメイクされた「バイオニック コマンドー マスターD復活計画」がDL販売されているようなので、そちらをお財布と相談して…という感じでしょうかw

それではまた~(゚∀゚)ノシ

2012/03/09 (Fri) 00:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply