Slipknot (2nd)

こんにちは~。


今回は早く更新が出来るはずだったんですが、遅れてしまいました。原因は別に「圧倒的遊戯ムゲンソウルズ」にハマってた所為ではなく、1st、3rd、4thとレビューを書いて2ndを書くのをすっかり忘れてた(正確には推敲から本書きしてなかった)所為ですww

という訳で、Slipknotの2ndアルバム「IOWA」のレビューです。

注意:前回言い忘れたんですが、「ニューメタル」は所謂「ラップメタル」「モダンヘヴィネス」を含んだ”(メタルファンにとって)侮蔑的な”ニュアンスを含んでいるとされます。特に、System Of A DownやSlipknotに対してカテゴライズするのを避ける傾向があります。本ブログでは便宜上「ニューメタル」として扱いますので悪しからず。




2nd)Iowa('01)


IOWAIOWA
(2001/08/22)
スリップノット

商品詳細を見る


米国アイオワ出身9人組覆面音楽集団が放つ、ファック&シットな2ndフル。 前作のセールス面の成功をうけ、ポップ路線に行くどころが、 より過激化へ向かうという選択に乾杯もとい完敗の出来です。もともと過激だった1stでさえ聴き易く思えてくるほどの出来に仕上がっています。

前作のミクスチャー、スラッシュ、インダストリアル、デスのごった煮メタル路線はそのままですが、若干整合がとれた印象。そして新たにブラックメタル的要素が追加/強化されました。パワーと完成度は前作の比ではありません。前作が可愛らしく聴こえる程です。発狂寸前のSEに導かれての名曲#2ののインパクトは圧巻の一言。一方、映画主題歌に使われた#4や、#8に象徴されるポップ/キャッチーさも顕在。天然由来のコマーシャルにも磨きがかかり、前作からの正当な進化を感じられます。

個人的にはSystem Of The Downの「Toxicity」と共に、ニューメタルを完結させてしまった奇跡の名盤だと思っています。もうメタルだのロックだの関係なく、すべての音楽ファンが一度は聞くべき重要な作品でしょう。ただ,凄まじ過ぎて疲弊し易い点と、アルバム前半に印象的な楽曲が集中している所為で前作同様後半ダレる点は若干残念な所。タイトル曲の#15は逝っちゃった具合だけは凄まじいですが、流石に15分は長過ぎですし。あとは前作より歌詞も雰囲気はグロドロ路線に向かったたので好悪が分かれそうです…まぁメタラーには関係ないですけどw

アイオワへの観光客を激減させたという(大嘘)本作、是非聞いてみて下さい.


#2:People = Sxxt





これを聴かなければ、僕はGLAYとかを好む真っ当なJポップリスナーのままでした(いや、今でもGLAYとか好きですよ?w)


#10:I am Hated





人気曲って訳じゃないと思いますけど、僕は地味に好きです。相当重い楽曲のはずなんですが、本作の中ではかなり軽妙に聴こえてしまうのが不思議。


<個人的評価>
ブルータリティ:☆☆☆☆☆
ミクスチャー度:☆☆☆
キャッチー:☆☆☆
お勧め:#2、#3、#6、#7

TOTAL:95 (/100)




エッセンスとしてデス/ブラックメタルやインダストリアル的な要素を含んでは居ますが、純粋なそれより相当聴き易いと思いますし、「激しい洋楽」の代表として…もう10年も前の作品ですが、聴いてみても良いかなと思います。KornとかLimp Bizkitを忌避する方でも、Slipknotの1st又は2ndを評価(好きとは言わない)する方は多いみたいです。


次回は3rd、4th、ライブ盤、ベスト盤をレビューしますが、順番は今考えてます。時系列だと3rd→ライブ盤なんですけどね。あと、どこかのタイミングで、ロマサガ2、3のサントラのレビュー(もう書きました)をアップロードします。遅ればせながら自動車の免許を取りに行く予定なので、超暇な今の内に書いてる所ですww

ではでは~(゚∀゚)ノシ

PS:
最近、あちこちでマンションの外壁改修の工事が頻繁に行われているんですよね(今時期がピークらしいです)。で、ウチも行っているんですが、ただでさえ暑いのに、マンションの改修工事が入っちゃって、窓が開けれない(工事のおっちゃんが外壁を歩き回ってるから)というプチ苦行orz
 
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply