ミクトランス(Clean Tears)

同人音楽カテゴリーの2回目です。


今回は初音ミクを使った楽曲の紹介。
「ミクトランス」と呼ばれる、トランス系楽曲と初音ミクを始めとしたボーカロイドを組み合わせた楽曲のご紹介させていただきます。アーティスト形式で何度か行いたいと思いますが、記念すべき第一回はClean Tearsさん。


注意:初音ミクの「調教」の腕に関しては僕があまり分からないのと、基本的に「神調教」とか言われる類しか取り上げないのでw特筆すべき点が無ければ、あまり触れない事にしたいと思います(^^;

追記:2013年4月9日より、「同人音楽(作曲家単位)」と改めました。




Clean Tears 【ミクトランス】 


「伝説のミクトランスマスター」として名前が挙げられる存在です。「♪水鏡の庭」は、最古のミクトランスだそうなので、ミクトランスの始祖的な存在と言えるでしょう。古くから(?)Muzieで活動をしており、勝史(まさふみ)という名義でクレジットに載っている事もあります。個人サークル名は「S.C.X」、、クリプトン・フューチャー・メディア社の運営するレーベル「KarenT」から、第一作目のアルバム『羽糸』がリリースされています。音楽サークル「はちみつれもん」のメンバーとして東方プロジェクト等のアレンジなど行っていたり、DJとしての活動も活発。(ニコニコ大百科より)

透明感あるシンセ音と浮遊感あるメロディーが特徴的で、流石最古の名は伊達じゃないガチトランスが堪能出来ます。トランス特有のキック音は時に強迫的ですらありますが、楽曲はどれもキャッチーで、トランス未体験者にもお勧め出来るかと思います。また、最近でこそ可愛らしい雰囲気の動画が増えてきましたが、萌え(というかボーカロイドのキャラクター性)に媚びない、サイバーでスタイリッシュな動画も魅力。それと尺の長い曲・短い曲両方イケるっていうのも案外珍しいかもしれません。

ボカロPの絶対数増加に伴ってだと思いますが、近年は再生数的にどう考えても過小評価としか言えない状況に有る気がします。ただ、積極的に商業的なものを含めた音楽活動をされているっていう事情もあるので、既にニコ動の再生数云々って次元から抜け出しているような気もします。


♪水鏡の庭





http://www.nicovideo.jp/watch/sm1169503


シンセベースが印象的ですね。近年の曲と比べると、初音ミクの歌がまだ拙い印象ですが、このシンセの重低音はクセになりますね…。

僕がiTunesで購入したのは「Album Version」てので、大分音がキレイになっています。歌もかなり改善されたのですが、個人的には思い入れ補正と、オリジナルの少しローファイな、(これは動画のエンコードの都合かも分かりませんが)潰れた音が好きだったので…両方のバージョンが聴きたいです(^^;


♪ 好きになってしまった。。 操り人形




この記事は2013年作成
2012年4月に発売されたボーカロイド「蒼姫ラピス」を用いての楽曲。3分台どいうトランスとしてはかなり短めながら、ガチトランスを楽しめる曲だと思います。

氏の音楽は暫く…1年ほど聴いていなかったのですが、時を経てもこれだけブレず「ガチ路線」を爆走する方も珍しいかもしれません。







同人音楽を購入する時に、都会に住んでない事を残念に思います…一応同人ショップは何軒かはあるけれど、最新作とかよほど有名じゃないと入荷されないから、ニコニコ動画だけで悶々とする日々を…(つД`)



ではこんな所で、また次回。



PS:次回は予告通りEBMとしてFront Line Assemblyを取上げます。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply