KOTOKO (3rd)

どうもお久しぶりです。


生きています、就活です。辛いです。超辛いです。正直、甘く見てました。エントリーシート(以下ES)だけでバンバン落とされてますなう。ESくらいは何とかなるだろうって思ってたのが間違い。必要とされてない感満載。まぁ、たまたま選考時期の都合で、志望度1~4の企業(のES提出)が総て残っているのが救いですけど、書類すら通過するビジョンがまったく見えません…(つД`)モウダメダオシマイダァ…


こういう不安な時は邦楽を聴くのがマイルール!て訳でKOTOKOさん3rdアルバム「UZU-MAKI」のレビューです。一応4thまではレビュー書いてます。(5thは未定)





3rd)UZU-MAKI('06)


UZU-MAKI(初回限定盤)(DVD付)UZU-MAKI(初回限定盤)(DVD付)
(2006/12/13)
KOTOKO

商品詳細を見る


元I've所属の歌姫で、シンガーソングライターであるKOTOKO嬢の3rdアルバム。I've自体が北海道札幌市を拠点とするプロダクションですが、彼女も札幌出身だそうです。

I'veの「Collective」はKOTOKOさんが歌うタイトルトラックを聴いて購入したのですが、本作もタイトルトラックの#2を聴いて即購入。マシーナリーなインスト楽曲#1から導入される、ヘヴィで単調なギターリフからスタートするインダストリアル風ヘヴィロックです。重苦しくかつ叙情的で切ない良曲。この頃の高瀬氏はホント神懸っていますね。最近の高瀬氏の楽曲はイマイチパッとしないので…I'veの知名度向上に伴ってか、この手のヘヴィネスが控えめになりましたよね…

で、他の収録曲ですが、元々アニメの主題歌などを担当する事も多い人なので、電波系なポップスとか正統派なバラードが多いです。基本的には爽やかで、時に切ない流れるような、或いは落ち込んでる時に聴くと元気が出るような、穏やかな楽曲が大半。むしろ#1-#2の流れはアルバム内で激しく浮いてます。でもまぁ#5とか、#11とかは結構好きだったりしますし、(ちょっと軽めだけど)リズミックな#8もC.G.mix氏らしくてお気に入りです。#13なんかもポップな楽曲ですが、打ち込みがEBM由来(というか高瀬氏らしい)で趣深いです。

#2のヘヴィとそれ以外のポップスという構成はチグハグに見えなくもなく、、また前作よりトランス要素が減退したためか、ファンからは賛否両論みたいです。ただ、全体的にそつなく出来てると思います。僕の好みと合わないとは言え、ポップス側でも電波ソング側でも低品質な楽曲は入っていません。作業用なら全然聴ける。「Collective」的、或い「UZU-MAKI」的な曲ばかり期待すると肩透かしをくらうかもしれませんが、そんな人は割と少数だと思うので杞憂ですね(笑)。


#2:UZU-MAKI





野太い歓声。実は普通のJポップやロックより、アイドルとか声優さんのライブの方がメタルのライブに近いと思いますw


<個人的評価>
重さ:☆☆(「UZU-MAKI」単曲なら☆×4)
ポップス:☆☆☆☆ 
メロディ:☆☆☆☆
お勧め:#2、#5、#8

TOTAL:83(/100)
※歌詞は僕、国語苦手につき評価対象外です。





という訳で、また期間が空くと思いますが、次回書くとしたらKOTOKO氏の5thアルバムです。

それでは~(゚∀゚)ノシ


PS:
企業の人事担当の方って凄いです。たった一度合同説明会に参加しただけで次回には「先日はありがとうございました」とか「ブースに来てくれましたよね」みたいのが4回くらい。一方の僕は人の顔を覚えるのが凄い苦手(いや、流石に人事の方くらいは覚えますけどね?サークルとかで大変でしてw)。羨ましい能力です。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply