Ministry (2nd)

どうもこんにちは。


胃腸の調子が悪いのでかれこれ2週間ほど夜食(と飲酒)を禁止しているのですが…おなか減った…(´;ω;`)

まぁそれは良いとしてw早速ですが、久々のインダストリアル枠としてMinistryの2ndアルバム「Twitch」のレビューをします。Ministryは一般的にインダストリアルメタルに区分されますが、都合上「インダストリアル/EBM」にカテゴリを移しました。




(2nd)Twitch('86)


TwitchTwitch
(2008/09/30)
Ministry

商品詳細を見る


インダストリアルメタルの創始者として知られるMinistryの2ndアルバム。初めて3rdアルバムを聴いたとき(5、6年前かな)から大分経って入手しました。というのも「インダストリアルメタル」ではないという話を聴いていたので、避けていたのが大きいです。

まだ真っ当なEBMを演奏していた時代の作品です。この頃はまだギターは導入されておらず、EBM特有とも言えるノリノリの金属的な質感のが強いハンマービートにノイズ気味のサンプリングが挿入されるというスタイルをとっていました。ヘッドホンで聴くと工業音と金属殴打音、ノイズ音が右耳左耳を往復するのが感じられ、変幻自在な音使いに酔いしれる事間違いなし。しかも仕上がりは非常にキャッチーで、さり気ないボーカルもあってかディスコミュージックに近いものすら感じます。ジャンルの特性上、たくさんの人の耳に届く事はなかったかもしれませんが、万人受けするポテンシャルはあったと思います。

しかしこのアルバムの真骨頂はアルバム後半(#7以降)。前半は前述の通りキャッチーなのですが、後半では本性(?)が垣間見え、#7、#8辺りから急にサンプリング音やその裏に潜む狂気が出しゃばってきます。かなりツボです。この辺りを聴くに、やっぱりMinistryはEBMというよりインダストリアルに区分されて然るべきなのかな、とも思います。

個人的には中途半端な印象が強い次回作よりお気に入りになりましたし、傑作だと言われている4th、5thアルバムにも比肩するくらいカッコイイ作品だと思います。敢えて言うなら後半が多少マニアックな点は人を選ぶかもしれませんが、前述の通り、この手のジャンルでは相当聴き易い部類に入ると思います。インダストリアル/EBMファンにとってのマストアイテムを今の今まで逃していた事を後悔しています。



#7:Where You At Now? - Crash And Burn - Twitch (Version II)






<個人的評価> 
インダストリアル度:☆☆☆☆☆ 
キャッチーさ:☆☆☆☆ 
メタル度:☆ 
お勧め:#2、#7、#8 

TOTAL:87 (/100) 




それまではアルバムとしては4thが一番好きだったんですが、今作で2ndに変更になりました。ちなみに曲単位では5thの「N.O.W.」で、今も変わりませんけど。


次回の「インダストリアル/EBM」枠の予定としてはSkinny Puppyを4枚ほど連続でレビューしようかなと考えています。それと現在の「トランス/アンビエント」枠にフューチャーポップを加えてAssemblage 23を3枚ほど、あとは「インダストリアルメタル」枠でOrgyかRammsteinを取り上げる予定です。どれを紹介するかはリアルとの都合で。

ではでは~(゚∀゚)ノシ


PS:
前にも書いたかもしれませんが、「圧倒的遊戯 ムゲンソウルズ」というゲームが気になっています。
幼女が主人公なので面白そうなので。

しっかし7000円って…ゲームってこんな高かったでしたっけ?w最近DL配信のやつとか中古でしか買ってなかったのでww
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply