Skinny Puppy (6th)

こんばんは~。


研究室の事務関連で、教授陣含め研究室メンバー全員にメールを送る機会が多かったのですが、いやぁ…何度やっても緊張します(つД`)。この間はサークルで別の人にメール送信してしまったり、研究室関連では送った後間違いに気づいて訂正した事もあったので、もう何というかトラウマで心労がwwそれも終わり、ようやく週末です(*´Д`*)


今回はSkinny Puppyレビューのつづき、6thアルバムの「Too Dark Park」です。




6th)Too Dark Park('90)



Too Dark ParkToo Dark Park
(2001/06/12)
Skinny Puppy

商品詳細を見る


4th「VIVIsectVI」と並び、最高傑作と誉れ高い6thアルバム「暗過公園」です。環境問題(Environmental Degradation、直訳は環境劣化)を主題とした作品だそうな。

基本的には4thの路線を推し進めた作品ですが、環境"破壊"などを取り上げた作品らしく、これまでになく破壊的で凶悪で狂気的な作品と仕上がっています。彼らの持ち味である緻密なインダストリアルサウンドは健在どころがより極端に強化され、空間を歪めるかのようなカオスノイズの暴風雨はもはや人に聴かせる事を放棄したようにすら感じさせます。その一方、#5に代表されるような、人間を突き放すような冷徹さ・無慈悲さを感じさせる冷涼なシンセ・メロディーは妙に惹きつけるものがあります。マニアックさとキャッチーさを至高の領域で同居させたインダストリアル界の奇跡の名盤だと感じます。

個人的なお気に入りは強烈なハンマービートと美麗なメロディーを聴かせる#6、執拗さ/偏執さを感じさせるリズムトラックが特徴的な#9。人気曲は#7や、前作譲りのギターノイズを聴かせる#8など。前半は割とゴシカルで混沌とした楽曲が続き、後半でハードながら扇情的なメロディーを聴かせる楽曲が多い印象。

4thアルバムと並んで評価が高いアルバムだとは書きましたが、比較にならないほど強力なノイズが押し寄せてくるため、4thより更にマニア向け人を選ぶかなぁとは思います。また、曲数が10曲、時間にして40分未満というコンパクトな仕上がりとなっているため、若干のヴォリューム不足を感じるヘヴィなリスナーも居るかもしれません。まぁ個人的には文句無しで超推薦盤です。



#1:Convulsion【閲覧超注意】





開幕注意。僕はいきなりの音量と顔にビックリして、腰抜けそうになりましたwPVで言うと#3の方が有名ですが…昔放送していた「まる音スーパーデラックス」でも取り上げられていましたし…。まぁこのPVを地上波で流す訳にもいかないでしょうがw

曲も狂気的ですが、PVは正気の沙汰とは思えません、僕はこれが検閲されていないのが不思議でなりません、すごいズッコンバッコンしてるし。音楽的にはインダストリアルの重厚さと狂気さが全面に出た、開幕にふさわしい一曲だと思います。


#9:Morpheus Laughing






個人的に一番好きな曲。この不安定さと妙な妖艶さがクセになります。

ところでパピ子のライブDVD、欲しいんですが買うとしたら輸入盤しかないんですよね…日本のレコーダーでも視られるのかな?


<個人的評価>
インダストリアル度:☆☆☆☆☆
パピ子らしさ:☆☆☆☆
狂気:☆☆☆☆
お勧め:#1、#6、#9

TOTAL:95 (/100)





金欠につき、8thを近日中に購入出来なさそうなので、先に2004年にリリースされた9thだけでもレビューしようかなと考えているのですが、9thは復活作で、この頃のパピ子と毛色が違います。僕は9th収録曲を聴いてパピ子に興味を持ち、そして評判が良かった本作を購入したのですが、本作聴いてビックリしました。なんだこのぶっ飛んだサウンド!ってw。


次回はパピ子の7thアルバムです。9thアルバムを続けてレビューするかは未定です。その後はFF13のサントラレビュー、Linkin Parkあたりを紹介予定です。


それでは(゚∀゚)ノシ



PS:
友人:「ロックとメタルの違いって何?」
オレ:「短髪で皮ジャン、ギターを高く構えてジャンプしてるのがロック、長髪で釘付きリストバンド、V字ギターで頭振ってるがメタル。」
友人:「ヒドイ説明だwww」

ホント酷い説明だ…w。でも大した興味ない人に「大音量アンプリファーが開発されて以来云々」とか語るのもどうかと思いましてねwww
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply