ロマンシングサ・ガ3【サウンドトラック】

こんにちは。

お待たせしたかどうか分かりませんがw、今回はロマサガ3のサントラのレビューです。


違法DLの刑罰化実施で動画埋め込みはどうかなぁ…って考えていたら更新が遅くなってしまいました。でも一応視聴だけでは違法にならないとの事ですし、最新アルバムって訳でもない、更に僕自身はアルバム持ってるから良いかぁ…という事で、一応動画も紹介してます。この辺りは状況見て、でしょうか。




ロマンシングサ・ガ3


ロマンシング サ・ガ3 オリジナル・サウンド・ヴァージョンロマンシング サ・ガ3 オリジナル・サウンド・ヴァージョン
(1995/11/25)
ゲーム・ミュージック、伊藤賢治 他

商品詳細を見る



シリーズ最高傑作とも誉れ高い、サガシリーズ通算6作目、ロマサガ3作目のサウンドトラックです。作曲は前作と同様の伊藤賢治氏(イトケンの愛称で知られる)。

ロマサガ3と言えば、スクエニ最盛期の頃に生み出された作品で、その美麗なビジュアルに驚いた方も多いかと思いますが、BGMのクオリティの高さもまたよく知られる所でしょう。音質・音圧に限って言えば前作の比ではありませんし、曲数も遥かに多く、CD枚数は3枚。サウンド面において格段の進化を遂げた作品と言えます。

イトケン氏といえばX JAPANやアルフィーに影響を受けたという、ゲーム音楽に似つかわしくないツーバス&エレキギターの導入によるド派手なバトル音楽が有名でしょう。その代表曲「四魔貴族バトル2」ですが、これが氏の「バトル音楽への苦手意識」を払拭した曲だというのは驚きです*1。また、テクノ調の「トレード」、ジャングルビート全開の「ジャングル」、T-SQUAREのオマージュである「術戦車バトル」等々、ゲームらしくないBGMを多数含むのも特徴。今でこそ、こういったジャンルをゲームBGMとして用いる事も珍しくなくなってきましたけど。その他、お馴染みの「オープニングタイトル」や、ゲームの世界観/主人公のキャラクターにピッタリ合った各主人公テーマフィールド/街BGMも勿論素晴らしい。

ロックな楽曲と、バラード調の楽曲が上手い具合に並んでいて、また音楽ジャンルも多岐に渡るため、作業用BGMとしても使い心地良好です。今は面影無き、スクエニの全盛期を感じる事が出来る、サガファン必携の1作。



Julian's Theme (ユリアンのテーマ) - Disc1





一番RPGっぽい、自由な空気を感じさせてくれる主人公テーマだと思います。「エレンのテーマ」と並んで、本作の雰囲気を象徴するBGMの一つじゃないでしょうか。


Boundaries (ポドールイ) - Disc1





英語名では単純に「Podorui」と記載される事もあります。Boundaryとは「境界」の事です。

初めてロマサガ3をプレイしたのは小3の時で、それまでFF5しかRPGをやった事なかった僕は何から手を付けて良いか分からずクソゲー認定し、暫く放置していましたが、この曲には強い感銘を受けた記憶があります。「これがゲームのBGMか…」みたいな。



Magical Tank Battle (術戦車バトル) - Disc2





これ、当時母親が聴いたとき、「F1の音楽みたい(※T-SQUAREのTruthの事)」と言いました。それもそのはず、イトケンさん自身が「オマージュ」と発言してますしね。ゲーム音楽では珍しい試み(だった)かもしれません。エンコ殺しの如く高速で走る車上でのバトルにピッタリ合ってます。

この曲、対術戦車にしか使われないBGMです。「ポドールイ」「グレートアーチ」とかもそうですが、贅沢なBGMの使い方が目立ちますね。素晴らしい。


Four Noble Devils 2 (四魔貴族バトル2) - Disc3





やっぱこの時でしょうかね…僕のメタル好きが開花したのは…w。

「四魔貴族バトル(1)」と人気を二分する人気曲です。敢えて言うと、1の方が正統派ハードロック/ヘヴィメタル風、2の方がメロデス風、な感じでしょうか。個人的には2が好きです。あ、「通常バトル」が一番好き、という方もたくさん居ますね。「ラストバトル」も捨てがたい…





今回は紹介しませんでしたが、実は「玄城バトル」も最も好きな曲の一つ。これは「リバースⅡ」では意外にもジャズアレンジされていました。個人的にはイトケンさんがさり気なく得意とするテクノアレンジとかどうかなぁ…なんて思ってたんですが、意外にも気に入りましたよ。

次回の更新は、今少し忙しいので、「サガ」「Slipknot」以外になりそう。この二つのレビューの続きは少し先になりそうです。


ではでは(゚∀゚)ノシ


PS:
追記欄でゲームの話をしています。これまでのサントラレビュー時同様、ネタバレを自重していないため、要注意です。
注意:ネタバレを自重しないでゲームの話をするコーナーです。


写真1

RS3パーティ一覧


写真2

実体化バグ(セーブ画面)



写真1の上側、エレンパーティ。これがラスボスを倒したデータです。下側のカタリナパーティは極める用に遊んでたデータです。写真1右下の「プルミエ」、そして写真2のハリードは、「実体化」バグの産物。ハリードの方は有名な「死体男」で、「プルミエ」の方は元がカタリナ(名前を「プルミエール」にしてました)実体化でシャール姿になりました。このケースはあまり聞いたことないので、資料的な価値くらいはあるかもw。あ、ちなみにロム2つ用意してバグ専用と遊ぶ用で分けてます。このバグは2の「バグ皇帝」等とは違い、エミュレータでも再現性有るみたいです。


ロマサガ3は多分、一番遊んだゲームだと思います。初めてクリアした時はハリード(主)、ウォード、ブラック、像、レオニード。その後は兄貴が途中で放り出したユリアンのデータ、カタリナ(消去済み)、そしてこのエレンのデータになります。ミカエル、モニカはデータが飛んだり何だりで断念。トーマス、サラのみほぼ未プレイ。

好きなキャラはエレン一択。これ以降、ポニーテール大好き人間になってしまいました。後は今でこそモニカのグラが可愛いと思いますが、当時は女キャラ、エレン以外使ってなかったんですよwそれもあって、後年女+両性キャラ縛りでプレイし始めたんです(レオニードは一時的に加入)。男キャラはウォードとハリードが強キャラという事実を抜いても好きでした。あと妖精系の的のエロさと言ったら(*´Д`*)アールヴたん(のお尻)にはお世話になりました♪。

イベントとしては、斬新だったのは術戦車かなぁ。あとはバンガード発進イベントは結構凝っていた気がします。ネット上で有名な「私が町長です」は、実はそんなに記憶無かったです。手を付けない事が多いんですよねwあと、個人的にRPG典型の盗賊関連のイベントって好きです、お金とか沢山手に入ったりするんでw

個人的な希望…勿論完全リメイクですが、それはPS3で、とかPSPとか何でも良くて、「ニシコ」や「魔王の玄室」、「東海」といった没マップ(イベント?)やヤマ、スフィンクスといった没モンスターを登場させてのリメイク…という意味です。勿論ミンサガみたいなリメイクでも歓迎します…が、まぁ言っても無駄なんでしょうか(^^;ロマサガ2が「バグはあっても完成形」な感があるのに対して、3は「卒なく作られてるけど未完」な印象がありますよね…。ストーリーも少し破綻してそうですし…特にサラ周辺の設定とか。

あと、CERO17、いやCERO18でも良いんで、妖精系そのままリメイクして下さいw。昔のRPGの敵の、無駄なエロさって大切だと思うんですよ…どう考えたって、最近のモンスターの「誘惑」、リアリティ無いもんwww


最後に、全然関係ないですけど、サガシリーズの強武器って、あからさまな「強武器」って感じじゃないですよね。「竜鱗の剣」「氷の剣(アイスソード)」「強化弓(剛弓)」「クリスナーガ」※とか。そのセンスがなんか好きですです。では、サガの今後の復活を祈って。

※一応「(レベル)七聖剣」とか「月下美人」とかそれっぽい名前もありますけど、FFの「ラグナロク」とか「ランスオブカイン」みたいなのと少し違うなぁ…って感じ。この辺りは感覚に依りますけど。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply