The Air I Breathe (1st)

こんばんは。
寝る前に投稿ですw


あれだけ暑かった夏から一転、僕の地域ではすっかり秋どころが冬の気配を感じさせるほど寒くなってまいりました。体調管理しっかりしないとですね。

今回は久々にメタル系のレビュー。The Air I Bretheの1stアルバム「Great Faith In Fools」のレビューです。




1st)Great Faith In Fools('11)



Great Faith In FoolsGreat Faith In Fools
(2011/06/06)
The Air I Breathe

商品詳細を見る


米国ニュージャージー州出身のメロデス/デスコアバンドの1stアルバム…だと思います。Amazon.comには「Their mind blowing debut(驚きのデビュー作)」って書かれてましたし。

一言で言うと、クリーンボーカルを多用したメロディックデスコア…ですが、その特徴は叙情性と暴虐性の同居にあると思います。自身がジャンルを「メタル/ハードコア」とするように、根幹はハードコアで、ボーカルの歌唱やギターリフ、ブレイクパートは非常に凶悪凶暴。ただ、その中にプログレの要素もあって響きは機械的でクレバー。適度にテクニカルな演奏は飽きを感じさせません。

一方でメロディーはとことん扇情的なのですが、クリーンボーカルとギターメロディが絡み合うという、意外と珍しい/難しい芸当を平然とこなしています。ネオクラシカルっぽさを感じさせる様式美系ピロピロギターが全編通して主張し、またそれと絡み合うボーカルメロディには非常にフックがあります。ここ最近はようやくギターメロディ復興型のメロデスバンドが増えてきた印象ですが、ここまでボーカルとギターが相乗効果を生んでいるバンドはあまり居ないかもしれない。

気になる点としては、似たような楽曲が多い印象を与えている…という点でしょうか。楽曲構成が似てるというのもありますが、似たようなテンションの楽曲が多い、と個人的には思います。ブレイクパートの入れ方とか、テンポとか。1曲1曲聴くと捨て曲無しなんですが、アルバム通しで聴くと…といった所です。僕自身は割と全体としてより、単曲で評価する癖があるので、殆ど気になる点ではなかったです。


#3:Deliverance




元々「Hail The Metal」様での紹介で彼らの存在を知ったのですが、ゴリゴリのハードコアボーカルから一転した、エモっぽい甘めの歌メロに耳を惹かれ購入しました。


<個人的評価> 
歌メロ:☆☆☆☆☆
泣きギター:☆☆☆☆☆
多様性:☆☆☆
お勧め:#2、#3、#7、#8

TOTAL:90 (/100)




修士1年もこの時期になると、就職活動に向けて色々動かないといけなかったり、研究の中間発表が12月半ばにあるので、それに向けて実験しなきゃいけなかったりでなかなか忙しいです…学生気分もそろそろお終いですね(つД`)

次回のレビューは未定ですが、余裕があればサガシリーズのサントラレビュー、無ければストックのメタル系を挙げていく事になると思います。更新頻度は相変わらずですが、ご了承をば。

ではでは(゚∀゚)ノシ


PS:遅ればせながら自動車学校に通っているんですが、S字カーブが苦手過ぎて泣けてきます…orz
 
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply