Scar Symmetry (3rd)

こんにちは。

御用納めって事で、そろそろお仕事がお休みになっている方も居るかと思います。僕も中間発表(修士1年向けの研究報告)を終えたので、まぁ就活に備えた準備(ESとか)とかはありますが、それなりに休める感じです。

という訳でScar Symmetryの3rdアルバム「Holographic Universe」のレビューです。




(3rd)Holographic Universe('08)


Holographic UniverseHolographic Universe
(2008/07/08)
Scar Symmetry

商品詳細を見る


スウェーデン出身のサイバー理系メロデスバンドの3rdアルバムです。タイトルの「Holographic Universe」は「ホログラフィック宇宙」「宇宙ホログラム理論」に因んだものと思われます。宇宙がホログラム的なもの、つまり3次元で連続的なものではなく、ホログラムのように3次元に見えるよう投影された2次元的で非連続的なものだ…という理論らしいです。

タイトルやジャケの雰囲気から察して頂ける通り、前作と比較してサイバー/SF感が増強しました。演奏はよりプログレッシヴでテクニカルに、リフはよりキャッチーになっています。時折飛び出すブラストビート等、前作で見られた攻撃性が減退した訳ではないので、前作が好みだった方も満足行く出来栄えだと思います。そして特筆すべきはクリスチャンの歌唱。これほど歌メロをメインに楽曲が作られているメロデスバンドも居ないかもしれません。デスヴォイスは強力ですが、完全に装飾。元々ヨナス・キェルグレン(g)はメロディメインの音楽を目指していたようなので*1、ある意味これが彼の思い描いていた音楽なのかもしれません。

難点として。個人的な意見のようですが、アルバム全体の雰囲気が非常に統一されている反面、個々の楽曲の存在感は前2作ほどではない気がします。それと演歌的な泣き・こぶしは持ち味ではあるんですが、モッタリ感も強めているというか。一方で、歌メロが超キャッチーな#1、プログレ大作の#10、ラストにふさわしいプログレメロデスな#12といった楽曲のクオリティは凄まじく高いです。この3曲だけで100点付けても良いくらい。

基本的には歌メロメインのメロデスファンには手放しでお勧め出来る作品です。メロデスとしては珍しく、死神、ゾンビ、骸骨とかが出てこないお洒落な出来栄えなので、初挑戦の方にも優しいですね(笑)。尚、本作はアメリカ・ビルボード誌のHeatseekers Chartで23位を記録し、発売から半年間で50万枚を売上げる成功を収めたそうです*2


*1:ライナーノーツにて「音楽的にメロディアスな事をやりたい」からデスラッシュバンド:Carnal Forgeを脱退した、「最初はメロディアスな歌を唄えるシンガーを探していたんだけど、そのうち曲にデスメタル風のヘヴィさも出てきたんでデス声も必要になった。クリスチャンは両方やれたんで儲けものだった(笑)」といった発言をしています。
*2:ウィキペディアより引用→スカー・シンメトリー(Wikipedia)


#1:Morphogenesis





これは彼らを代表する曲になったと思います。メタル初挑戦者にお勧め。


#10:Holographic Universe





スウィープ全開のプログレ大作ですが、これもかなりキャッチーです。


<個人的評価>
歌メロ:☆☆☆☆
近未来:☆☆☆☆☆
スピード感:☆☆☆
お勧め:#1、#5、#10、#12

TOTAL:83(/100)





こういうSF色の強いメロデスって良いですよね。


年末には「マイ・ベスト・オブ2012」を予定しています。その前にレビュー投稿出来たらする感じで。

ではでは(゚∀゚)ノシ


PS:「マイ・ベスト・オブ」の2010と2011(修正)を投稿しました。「レビュー目次」からいけるようになっているので、もし宜しければ是非。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply