Artema (1st)

こんばんは。お久しぶりです。



最大10連休という事ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?まぁ世間がこんな感じなので、僕自身は10連休でないものの、色々滞っていますので、便乗して仕事3割休暇7割みたいな感じですww

そんな訳で久々の更新。今回は日本のアーティスト:Artemaの1stアルバムです。Ozzfest Japan 2013のオープニングアクトにも出るって事で、注目も集まっているんじゃないですかね。





1st)Artema('13)

アルテマアルテマ
(2013/02/20)
アルテマ

商品詳細を見る


これまでありそうでなかった「メタルコア+エレクトロ+ジャパニーズメロディ」をコンセプトに掲げる(ほぼ原文)、新進気鋭の日本のバンド。自身の音楽を「キラ☆コア」を標榜するという、薄ら寒さとバカっぽさが漂っています。時期や音楽性からONE OK ROCK(以下ワンオク)やFear, and Loathing in Las Vegas(以下ベガス)と比較される事が多いようです。尚、ボカロPであるCaz氏*1がKaz名義でベーシストとして参加していますが、曲作りには積極的に関与はしてない模様。

音楽性的にはユーロビートも真っ青のピコピコシンセを全開に出したメタルコア風Jロックだと思います。先述したコンセプトは別に新しくも何ともないと思うんですが(苦笑)、このバンド最大の特徴である、Jポップ並みのキャッチーな歌メロと、日本語詞は僕も素直に気に入っています。確かにこの手の音楽でここまで大胆に邦楽的なメロディを導入した例ってのは意外と無かったかもしれません。まぁ…この点でワンオクと比較されるのも無理無いかなって気はしますが*2

それとキラコアの呼称は伊達じゃないシンセ全開っぷりは、8bit風のシンプルなシンセのベガスとの差別化に一役買っているでしょう。ピコピコっていうより、ギュインギュイン言ってる宇宙観たっぷりのシンセは、高音域に集中してて若干軽め。トランスほど重厚感はありませんが、彼らのポピュラリティとは上手くマッチングしていると思います。

課題?難点として挙げれば、ハードコア要素の出来栄えですかね。ブレイクパートの導入とかが特に不自然な感じ。海外勢は勿論、同じ日本のバンドであるCrossfaithとかSiM、Coldrainと比べちゃうと、迫力負けしてます。ハードコアっぽさを全面に出すより、メタルコア風味*3の方が、彼らに合っている気がしますし、そういう楽曲を期待したいです、#4みたいな。あと、若干ダサイ日本語詞の混在と甘めのボーカル、歌謡ロック調のメロディはこの手の界隈では好悪が分かれるかと思います。特に、洋楽基準で考えると、かなり好悪が分かれるかと思いますが、個人的はそういったものひっくるめて彼らの良さだと考えます。日本人的に耳馴染が良くて気に入ってますし、そういうリスナーが多いんじゃないかな、とか。

本ブログで取り上げているようなピコリーモ、トランスメタルの類が好きな方より、Jロック、Jスクリーモとか好きな方にお勧めしたいアーティストです。


#3:Dancing FIeld





本ブログを読んで下さっている方にはAttack Attack!やBlood Stain Child等との比較をした方が分かり易いかもしれませんが、紹介曲はAttack Attack!っぽいですね。曲自体は好きなんですけど、彼らの個性があんまり出てない気も。


*1:殿堂入りした「Corruption Garden」等で有名なCaz氏の事だと思われます。
*2:宣伝の仕方等についてyoutubeコメント欄で議論があったようです。あくまで(Artemaが)ポップな歌メロっていうだけで、音楽自体は似ていませんから、引き合いに出すのはナンセンスだとは思います。僕は両方好きですが。
*3:僕のイメージではStill Remainsとかハワード・ジョーンズ在籍時のKillswitch Engage、Triviumくらいの感じが似合っている気がします。(Triviumはメタルコアとは言えないかもですが)


<個人的評価> 
トランス要素:☆☆☆☆☆ 
ポップ度:☆☆☆☆☆
ハードコア:☆☆☆
お勧め:#2、#4、#10

TOTAL:84 (/100)



ところでArtema(アルテマ)ってのはやっぱ、某最終幻想RPGで魔道士が命をかけて入手した究極魔法…が由来なんでしょうか??w

就活遠征中、とある企業の面接を受けに行くときに凄いハマって聞いていました。特に#4(Light My Fire)を。その企業はかなり志望度高い所で、まぁダメだったんですけどw、別に悪い思い出は無いですね。この辺は受験と就活の違う点でしょうかね。

とは言え、まだ就活中(最終面接案内待ち)なので、内々定頂き次第、その辺り思い出話を書こうかなと。

次回こそ、同人系の作品を取り上げますw。
ではでは(゚∀゚)ノシ


PS:ディスガイアD2買いました。個人的には前作主人公のヴァルっちがかなり気に入っていて、ラハールとかマオ系の主人公はそれほど好きじゃないんですけど、システム周りは良い感じに整理されて、非常にプレイし易いです。(もう年なんで、あんま複雑なシステムにされるとついていけないんですよね…w)
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply