トランス(DJ Rinfield)

こんにちは。


連休、いかがお過ごしですか?僕は既にサザエさん症候群になりつつありますw。お家大好きです(´Д`)

とりあえずディスガイアD2漬けでした。だって就活終了してないから、パーッと遊ぶって空気でも無いんだもん…ただ、多くは言えませんが、山場は越えた感じで、あと一息。一応、良い方向での終了の兆しが見えています。

そんな訳で本日は久々の企画。元々、こういう方も取り上げたいと思って、始めたブログなんですが、思った以上に(普通にアルバムレビューするより)記事作成が難しくて頓挫してました(^^;





DJ Rinfield(遠坂凛)


Sound cloudやYoutube、ニコニコ動画等にトランス系楽曲をアップロードするアーティストさん。「遠坂凛」はニコニコ動画での名義で、呼びやすいので本ブログではDJ Rinfieldの呼び名で統一しています。「Morning Eclipse」のリミックスがiTunes等で販売されていたりしますが、基本的には商業活動をされていないはず。理系の学生さんって事で、学業も相当忙しい(と思われる)中、比較的コンスタントに作曲されています。

DJ Rinfieldさんのブログ(『半月の月は沈まない。』)↓
http://radiofate.blog67.fc2.com/


エピック/ユーフォリックトランス風の楽曲をメインに作曲されてます。ただ、かつてはIn Flamesとかのメロデスも好んでいたそうで*1、東方プロジェクトのアレンジ楽曲「感情の摩天楼 ~ Cosmic Mind (Rock Arr)」ではギターシンセを使ったロックアレンジも披露(ちなみに僕が初めて聴いたのもこの曲です)。そういう背景も手伝ってか、彼の作る曲はトランスの中でも非常にキャッチー。キラキラした音使いとか、適度に凝った音構成は、この手の長尺楽曲特有の疲労感を伴いません。ベタ(典型)だという言い方も出来ますが、良い意味で「分かり易い」トランスですし、そこが魅力だと思います。

で、その後「マイ・ベスト・オブ・2010」でサブカル単曲部門に見事選ばれた勝手に選んだ「Under The Halfmoon (Short Ver.)」*2と出会う訳です。トランスとしては珍しい4分台の楽曲ですが、ロックにも通じるダイナミクスと、泣きのメロディに涙腺崩壊。この曲はShor.Verである2010年Ver.、Original Mixである2011年Ver.と、「過去曲聴き比べ」でしか試聴できない幻の(?)2009年Ver.の3種類が存在しますが、…正直「全部別曲だ」と言い張っても良いくらい、カラーが違います。ご本人は「技術の向上」といった表現をされていますが、それも認める一方、それぞれの良さがあるんじゃないかなというのが個人的意見で、2010年Verが思い入れ補正も手伝って一番お気に入りです。が、フューチャーポップ風の控えめな打ち込みが光る2009年Ver.もフルで聴きたいなぁ…なんて思ってたり(チラッ

あと、個人的には東方プロジェクトのリミックス「U.N.オーエンは彼女なのか?」「恋色マスタースパーク」のような、浮遊感あるキュートなトランスも魅力的だと思います。


♪Under THe Halfmoon





♪Ten Days With You






で、本来ならここで終わりなんですが、今回彼を取り上げた理由はもう一つあって、Rin fieldさん自身のブログの記事で楽曲が剽窃された…との記事を読んだからです。↓

続きは以下より...
Blue Sun氏による「Lapis Blue」剽窃について


かなり時期を逃してしまいましたが、一応書いてみます。

剽窃(ひょうせつ)ってのは「他人の作品を自分のものとして発表する」ことだそうで、所謂パクリ…というか「盗作」「盗用」に近いかもしれない。剽窃された「Lapis Blue」は深さと冷たさ感じさせる哀愁系トランスで、その内の「Original mix」というタイプのものです。ちなみに、より軽快でスペーシーな「Sweet Sytrus Remix」、後半の展開が若干違う「Original 2011 Mix」も存在します。

Soundcloud等を活動拠点とする作曲家さんの曲が「剽窃」されてニコ動で発表される…なんて事も過去には有ったりして、この手の問題は尽きません。…が、曲名を変え、レーベル契約、そしてiTunesで販売…なんて悪質過ぎる所業はそう多くは無いと思うんですがね*3。というか、犯罪じゃ…。某ボカロPさんの楽曲を某アイドルグループの作曲家がパクる、なんて事もありましたね。最近は直ぐにtwitterとかで騒がれるので、ある意味救われる事も多いですが、盗まれた側は泣き寝入り…なんて事も結構有ると思うんです。

まぁ僕が代わりに非難してもアレなんで、この辺にしますが…この手の被害にあった人は、不本意な注目を浴びてしまって、嫌になって引退…なんて方、結構居ます。Rinfieldさん自身は「やめない」と宣言されているので一安心ですけど、今後こういう事が原因で音楽作り(と発表)を止める人が出ない事を祈りたいものです。



♪Lapis Blue (Original Mix)






*1:どこかにそういった記載が有ったと思うのですが、見つけられませんでした。間違っていたらすみません。
*2:Sound Cloudでは「Proto mix」と表示されています。
*3:詳しくはRinfieldさんの該当記事を読んで頂くとして、「Blue Sun - Poland」て曲名で剽窃していたそうです。





結構前に原稿を書いて、理由なく公開を躊躇っていたのですが、剽窃の件を1ヶ月後くらいに読んで、加筆してたらもう5月だよ!まぁ、その件を知って頂くだけでも有益かなぁ…という事で。ちなみに本文中で若干触れましたが、「ギターシンセ」の検索ワードで楽曲を発見したのが切っ掛けです。

電子音楽の中でもトランスって、機材(の質)の影響がかなり大きい気がします。だから、こういう人達がより沢山の音を表現出来る環境にもし入れたらもっとパワフルな音楽が聴けるのではないか…という思いがあるのですが、この手の人は「制限」を言い訳には使わないし、多分本質はそこには無いんですよね。


それではまた次回(゚∀゚)ノシ


PS:予定ではノイバウテン、ラムシュタイン、東方アレンジあたりのレビューがいくつか書きあがっているので、適当な時期に投稿します。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 1

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/06/08 (Sat) 15:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply