Static-X (1st)

こんばんは。


本日は2本立てです。→最近聴いたボカロ(2)

卒業旅行から帰還しました。目的地の一つにUSJが有ったのですが、遊園地?というか、テーマパークの類は、小学1年生以来行ったことがなかったので、大人が行っても楽しめるのか懐疑的でした(笑)。…いやぁ~、あれですね。良く出来てますね。(笑)。思った以上に楽しかったです。それに周りの人(友達、他のお客さん含む)が無邪気に楽しんでいる空気も良かったです。僕なんかは斜に構えた所があるので~。

さて、本日のお題はStatic-Xの1stアルバムです。




1st)Wisconsin Death Trip('99)


ウィスコンシン・デス・トリップ(リミックス・エディション)ウィスコンシン・デス・トリップ(リミックス・エディション)
(2000/08/09)
スタティックX

商品詳細を見る



米国出身、怒髪天の強烈なルックスで有名なウェイン・スタティック率いるインダストリアルロックバンドの1stアルバムです。メンバーに日本人のコーイチ・フクダを擁する点と、50万枚以上売れてゴールドディスクを獲得した点で有名でしょう。既に解散しています。

彼らは自らの音楽性を「悪のディスコ」と標榜しましたが、この表現が本作を象徴しています。ドンシャリ系ギターリフと、チープなデジタル音が主張するロックサウンドと言えば、「同時代なら誰でも」と思われそうですが、さながら蒸気機関のような力強く規則的なビートと、ウェインの独特な歌唱、この何とも言えないチープな打ち込み(褒め言葉)が差別化に貢献しているかなと思います。ギターリフ等からは、Ministryの流れを感じますが、執拗に繰り返される曲展開とリフからは、テクノ的なアプローチを彷彿させ、既存のインダストリアルとは一味違った印象を受けます。

ダンサブルなスラッシュギターが心地良い#2、機関車シュッシュッポッポな#5や#10、ゴリゴリのギターで突進する#8といった個性前回の曲が占める一方、#12のような不穏なサンプリングに導かれる、Ministry的な楽曲もあったりと、意外と多様。まぁ、ヘヴィロックとしてはいささか迫力不足ですし、インダストリアル的な冷徹さもなく、打ち込みはチープ…といった点で、良くも悪くもB級臭いというのは否めませんが、個人的にはこういった野暮ったいサウンドは嫌いじゃありません。

このB級臭さに反して、インダストリアルファンの間では、割と気に入られている作品だと思います。既にStatic-Xは解散していますし、14年以上も前の作品ですが、聴いてみて損は無い作品だと思います。尚、僕が所持しているのは、リミックスと未発表曲が収録された限定盤になります。無理して買う程では無いかもしれませんが(笑)、テクノトラックの#2とか、ビッグビート風リミックスの#8とか、割と面白い曲が収録されているとは思います。


#2:I'm With Stupid





Fear Factoryからインダストリアルメタルに入った当時は、「あれ?何か間が抜けてね?」って思いましたが、今はこのマイルドでノリノリな感じが凄くお気に入りです。

<個人的評価>
攻撃性:☆☆☆ 
ダンサブル度:☆☆☆☆
蒸気機関度:☆☆☆☆☆
お勧め:#2、#3、#5、#8

TOTAL:85 (/100)



次回は2ndアルバムのレビューになります。

それでは(゚∀゚)ノシ


PS:USJ内のBGMで、BT(ブライアン・トランソー)が掛かっていました。確か「Superfabulous」だったと思うんですが、何の曲かは忘れちゃった(苦笑)
関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

ビアード  

No title

おお、個人的にタイムリーな作品です。
最近この作品を購入したのですが、意外なほどよかったので驚きました。
メロディアスな歌唱なんかあっちいけってなくらいにあらゆる面でリズムに寄ってて心地好かったんですよね。
確かにB級なんですが、リピートする頻度はわりと高いんです。ジャンクフード的な中毒性というか・・・。
この頃のヘヴィロックは一時期露骨に避けてたんですが、今は素直に楽しく聴けてますね。

2014/03/02 (Sun) 21:08 | EDIT | REPLY |   

ruchinium  

Re: No title

>ビアードさん

こんにちは、コメント有難うございます。返信が遅れてしまい、申し訳ございません。

3rdは若干歌モノに迎合していますが、結構我が道を行くスタイルで、何故かリピートしてしまう、まさしくジャンクフード的な音楽を作っていたと思います。聴き心地がテクノ的なのも、要因の一つですかね。

僕は割と90年代~00年初頭のヘヴィロックはお気に入りですが、それは後追いだからって理由が大きいかもしれません。殆ど評価が固まった状態で、それでも尚人気の作品を選んで聴いていますし(笑)。

2014/03/04 (Tue) 12:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply