ゆよゆっぺ(1st,major debut)

こんにちは。

ここ数回、妙に元気になったと書いていましたが、今リバウンド来ています(苦笑)。体がダルぃ~…

…と、これ以外書く事がないので、早速レビューに移ります(笑)。ゆよゆっぺ氏のメジャーデビュー作「Story Of Hope」です。


注意:アルバム入手前に全曲既知だったため、楽曲各々の感想よりアルバムとか現在の音楽性に関する感想が主です。



1st)Story Of Hope('12)


Story of Hope (ALBUM+DVD)Story of Hope (ALBUM+DVD)
(2012/09/26)
ゆよゆっぺ+巡音ルカ&初音ミク

商品詳細を見る


「ミクリーモ」で知られる人気ボカロP:ゆよゆっぺさんが、VOCALOID RECORDSよりリリースした、メジャーデビュー作です。収録曲がほぼ全曲既発表ですが、すべてリバイスされているとの事。…あんまり「リバイス」って言葉使いませんよね・再録なのかミックスし直しなのか不明ですが、音質は勿論、ボカロの調教も若干弄られている印象。特典に応じて幾つか異なる種類のアルバムが発売されていますが、僕の所持しているものはアルバムとDVDがセットのやつです。

まず、先述の通り、収録曲が#2、#7、#16以外アルバムに収録済みで、#16以外は現時点ではニコニコ動画にすべて投稿されています。ベスト盤としての側面が強く、そういう意味で、彼のファンとしてマストバイかと問われると非常に難しい所。ただ、冒頭で述べた通り、全曲ボカロ含めた音のバランスが調整されていて、楽器は太くソリッドな音に、シンセ音はよりキラキラした響きとなっています。特に初期の「Solitude Freak」「For A Sick Boy」」辺りの一部楽曲は、劇的に改善されていたりするので、やっぱりファンは必携だと思います。

開幕の#2はストレートなエモコア、#7はトランス風味漂うハードコアで、いつも通りではありますが、かなり洗練された印象は受けます。その他選曲についても、元々動画として投稿されている=人気曲でもあるので、特に問題無し。「Final Reason」「For A Sick Boy」「Planetary Suicide」「Prayer」といった、アクの強い楽曲も今の技術で再録・再ミックスして欲しいなぁと思いますが、入門としてはこの選曲で間違いはないかもしれません。

個人的には初期作に漂っていた不安定さ、暗さ、鋭さや異様な複雑さも気に入っていたので、ストレートになる楽曲、太く力強く、整合性を獲得した音構成に若干の寂しさを感じたりもしていますが*1、古参扱いされるゆっぺ氏も、作曲家としてのキャリアはスタートしたばかりですし、音楽性もまだまだ変わっていくことでしょう。素敵な作品を生み出してくれると期待しています。

以上、入門用には最適。ファンはまぁお好みで…というレベルにはなりますが、音質が悪くないので入手して損は無いと思います。尚、#16はゆっぺ氏が並行して活動しているバンド「My Eggplant Died Yesterday」で自身がボーカルを取り、セルフカバーしたもの。…なかなかスクリームしてて、正直原曲よりいい感じだと思ったりもしました。


*1:本作リリース以降から2013年8月発表の「Rock'n' Roll Riot」辺りまでの楽曲の印象から。ただ、この昨今のボカロ界隈やリスナーに喧嘩売ったような歌詞と、PV(=静止画)や主コメ(=無言)は、ちょっと格好良いと思いました。まさにロックンロールライオットですね。


#7:Reon




相変わらず、イントロがゴツイんですが、歌メロが聴き易いです。

<個人的評価>
選曲のバランス:☆☆☆☆☆
音質:☆☆☆☆
目新しさ:☆ 
お勧め:#2、#3、#4、#10、

TOTAL:84 (/100)



ついでにRock'N' Roll Riotも貼っておきます。





たった3分の楽曲の中で、全く無関係なボカロ論争(GUMIだのルカだの)を2分過ぎまで長々繰り広げてられいるのが滑稽です(笑)。ゆっぺ氏には同情しますが、この曲は何となく、こういう風潮とか、最近のボカロ曲に対する主張を感じます。

次回は、メロデスを一回ほど挟んで、Kornを3~4作ほどレビューしていきます。全部書いてあるので、適当に予約投稿するつもりです。

それでは(゚∀゚)ノシ


PS:Excel上で、過去レビューの採点をし直したんですが、それを記事に反映していくのに結構時間が掛かりそう(笑)
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply