Spawn The Album 【サントラ】

こんばんは。


楽しかった3連休も終わり、鬱状態の管理人です。とは言え、来週はセンター試験で学生さんも大変な時期でしょうから、あんまり僕だけ弱音吐いても居られませんね。頑張りましょう。

今回は映画「Spawn」のサントラになります。





Spawn: The Album ('97)
(映画未視聴)

SpawnSpawn
(1997/07/29)
Various Artists

商品詳細を見る


01. (Can't You) Trip Like I Do - Filter & The Crystal Method
02. Long Hard Road Out of Hell - Marilyn Manson & Sneaker Pimps
03. Satan - Orbital & Kirk Hammett
04. Kick the P.A. - Korn & The Dust Brothers
05. Tiny Rubberband - Butthole Surfers & Moby
06. For Whom the Bell Tolls (The Irony of It All) - Metallica & DJ Spooky
07. Torn Apart - Stabbing Westward & Wink
08. Skin Up Pin Up - Mansun & 808 State
09. One Man Army - Prodigy & Tom Morello
10. Spawn - Silverchair & Vitro
11. T-4 Strain - Henry Rollins & Goldie
12. Familiar - Incubus & DJ Greyboy
13. No Remorse (I Wanna Die) - Slayer & Atari Teenage Riot
14. A Plane Scraped Its Belly on a Sooty Yellow Moon - Soul Coughing & Roni Size


1997年に制作された映画「スポーン」のサントラです。アメコミが原作らしいですが、映画も原作も知識は全くありませんので悪しからず。ちなみに、レンタルで入手しました。

このサントラは珍しい事にメタル/ロック勢とテクノ勢がコラボ制作というスタイルが取られています。この手のスタイルって今となってはそれほど珍しくないと思うのですが、1997年の時点ではかなり革新的であったと推測されます。それが普通あり得ない豪華タッグで組まれているんですよね。これだけでマニア垂涎モノなんですけど…

残念ながら、正直出来は1回聴いたらもう良いかな?というレベルのものが多いです。思ったより両者の主張が控えめな曲が多く、中途半端な仕上がりに感じられるんですよね。相乗効果という言葉からは若干距離を感じます。期待が大きかっただけに落胆の方が強い。KornやMarilyn Manson等、元の音楽性からさほどズレがない曲も多いので新鮮味も薄かったり。

過度な期待は厳禁ですが、かなりのレア音源だと思いますし、ネタにしたい方は是非。

本作のチェックポイント:
本作そのものがチェックすべきというか、レア音源多数収録、の一言に尽きます。リミックス風なのも多いので、これを入手してから、好きな曲の原曲を当たってみる…という方が良いかと思います。個人的お勧め曲は#3辺りや、#4、また、アタリとスレイヤーのノイズ二乗掛けな#13辺りも面白い。#9も当時としては相当豪華な組み合わせですが、テクノと合わせた所為で、トム・モレロの特殊奏法なのか、打ち込みなのか訳分からなくなっているのは残念ですね(笑)。ちなみに、#1は映画「マトリックス」のトレーラー映像でも使用されていたようです(サントラ未収録)。


#3: Satan - Orbital & Kirk Hammett




まぁ正直、原曲とあんま変わらないんですけどね(笑)。





次回はインダストリアル/アグロテック系のレビューを2つほど予定しています。その後は未定ですが、Betraying the Martyrs、今更のLimp Bizkit、今更の聖剣伝説LOMサントラレビュー辺りを考えています。

それではまた(゚∀゚)ノシ


PS:
今回はこちら。



Xakより、「炎の地、上空」。これまた「みんなで決めるゲーム音楽ベスト100」企画経由で知った曲ですが、昨年、大学院の修士論文執筆の際に、狂ったように聴いていました。紹介しているのは「PC88」Verで、中盤のベースソロが渋いです。MSX版の方はもうちょっとアップテンポで淡々としていますが、こちらも作業に適したバージョンで好みでした。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply