Transformers: Revenge of the Fallen 【サントラ】

こんばんは。


お盆休みって事もあって、友達も帰省してたり、色々遊んだりと羽を伸ばしています。こういう時、遊んだり話したり出来る友達が少しでも居る事に感謝しなきゃいけないな…と思う次第です。まぁ…連日飲み会の代償として毎日お腹を壊し、お尻がクライシスになっているのも仕方ない事です…(´;ω;`)

本日のレビューは、映画「トランスフォーマー」二作目のサントラ。前のレビューで触れませんでしたが、四作目が公開になるんですね。



Transformers: Revenge Of The Fallen('09)
(映画視聴済み)

Transformers: Revenge of the Fallen - AlbumTransformers: Revenge of the Fallen - Album
(2009/06/24)
トランスフォーマー / リベンジ

商品詳細を見る


01. Linkin Park / New Divide
02. Green Day / 21 Guns
03. Cavo / Let It Go missing
04. Taking Back Sunday / Capital M-E
05. The Fray / Never Say Never
06. Nickelback / Burn It To The Ground
07. The Used / Burning Down The House
08. Theory Of A Deadman / Not Meant To Be
09. The All-American Rejects / Real World
10. Hoobastank / I Don’t Think I Love You
11. Staind / This Is It
12. Avenged Sevenfold / Almost Easy
13. Cheap Trick / Transformers The Fallen Remix

映画「Transformers」シリーズ2作目のサントラ。興行成績では前作同様成功したものの、ストーリー面で酷評され、第30回ゴールデンラズベリー賞で最低映画賞、最低監督賞、最低脚本賞を受賞するという快挙を成し遂げてしまいました。個人的には映画に求めるものは圧倒的迫力と美麗な映像だけなので、特に気にはなりませんでしたけどね。 

ただ、それに加えて、もし有るならば「ガッカリサントラ賞」も授与したいところ。今作もLinkin ParkをはじめGreen DayやNickelback、Hoobastankといった、売上と知名度だけで言えば完全に前作を上回る豪華アーティスト勢をこさえての製作となっている訳ですが、ほぼ全曲似たり寄ったりの楽曲で占められています。ストーリーをこき下ろされた映画のサントラとは思えないお涙頂戴のバラード楽曲全集は、1曲1曲聴けば決して悪くないのに、これだけ連続して聴かされるとさすがに辟易させられます。ロボットがドンパチやるのがメインの映画なんだし、もう少しハードでも良かった気がします。Linkin Park以外映画にはクソも合ってないですし。

とは言え、ビッグネームばかり集まっているので品質自体は安定してますし、どこの国でもバラード曲は人気ありますから、売れ線の洋楽ポップス入門編としてはお勧め出来ます。前作の選曲(≒アーティストの選出)が完璧過ぎた分、地味な印象は拭いきれませんが。

本作のチェックポイント:
Linkin Parkによる主題歌「New Devide」は、現在(2013年11月22日)の時点では、どのアルバムにも収録されていません。iTunes等で単曲購入する手もありますが、Nickelbackの名曲「Burn It To Ground」辺りも収録されている事ですし、サントラとして丸ごと入手する手もありかと思います。あと個人的にはTheory Of A Deadman、Stainedのバラードが良い感じでした。まぁハードロックオタクの方にとってはほぼ全曲既知である可能性も高いので、正直、購入するほどかと言われると微妙。斯く言う僕もレンタル入手ですし…。


#1:New Devide



PVともども格好良いリンキンの曲。こういう路線で作曲してくれれば、今更「Papercut」「Faint」みたいな曲作ってくれとは言わないんですけど…2分37秒あたりからの展開が格好良いですね、シンセギター的なサウンドが。

そういえば、彼らは、大のトランスフォーマー好きとして知られています。



次回はボカロ→Amaranthe→トランスフォーマー3作目の順にレビューします。お盆なので、少し固めて投稿したい所。

それでは(゚∀゚)ノシ


PS:
本日はこちら。




昔、「ロックマン」シリーズでは、ボスキャラのデザイン募集を行っていて、こちらはその参加賞として貰えたCDです。紹介曲は「Vol.2」から。僕は両方持っていたのですが、転勤と同時に行方知れずに…(多分、両親がこっそり捨てたんだと思います…(笑)。サウンドメイキングはやっぱり昔ながらって感じはしますが、効果音のサンプリングとか取り入れたりしているのは、現在のチップチューンの布石とも言えましょうか。ウェーブマンのBGM、好きだったなぁ…

この当時から、ロックマンのBGMが好きでした。ゲームはどちらかと言えばマリオとか、あの手の「飛び跳ねてゴールを目指すだけ」のタイプを好んでいたんですけどね。ちなみに、ロックマンとかマリオは僕が小学校低学年の頃流行っていましたが、その手の「ステージ」の絵を描くのが、当時流行っていました。斯く言う僕は、その筋で学年で有名でした(笑)。

どうでも良いですが、当時の僕は「1位:スパークマンBGM(3)」「2位:ウェーブマンBGM(5)」「3位:スカルマンBGM(2)」の順で好きでした。1、2、6からの選曲が無いのは、単純に所持していなかったからです。

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply