【企画】人生を変えたゲーム音楽10選

こんにちは。


今回の企画は「人生を変えたゲーム音楽10選」です。元々、mixi某SNSが流行していた頃に、突発的に書いた日記が元になっているんですが、まぁそのmixi某SNSも今やオワコンどころが、人々の記憶から無くなってる代物かと思ったので、加筆・修正して、こちらに再利用した訳です。

他にも「洋楽10選」「邦楽10選」も有りますが、邦楽の方は、頻繁に動画が削除されたり、音質超微妙なPVばっかアップロードされてて面倒なので、多分やりません。削除やリーク対策、iTunesの値上げにアーティストからの搾取と、しっかり仕事が行われているのは殊勝な事です(皮肉)。




++目次++
1.ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!? ・・・・♪Spark Man Stage
2.バットマン ・・・・♪Labratory Ruin*
3.忍者龍剣伝2 暗黒の邪神剣 ・・・・♪Tower of Lahja*
4.ストリートフファイター2 ・・・・♪スペイン(バルログ)
5.スーパードンキーコング ・・・・♪Fear Factory
6.ファイナルファンタジー5 ・・・・♪ビックブリッジの死闘
7.ロマンシングサガ3 ・・・♪四魔貴族2
8.グラディウス3 ・・・・♪Accident Road
9.サガフロンティア ・・・・♪Last Battle - T260G
10.スーパーマリオランド ・・・・♪エンディング~スタップロール*

次点:
11.魔界戦記ディスガイア ・・・・♪Planet X

*:サントラ未発売等の理由で、正式タイトルが不明なもの

参考サイト:
みんなで決めるゲーム音楽ベスト100まとめwiki→http://www21.atwiki.jp/gamemusicbest100/
公式サイト,amazon等のサントラ概要ページ



人生を変えたゲーム音楽10選紹介

1.ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?
曲名:Sparkman Stage 
発売元:カプコン,FC('90年発売)
備考:「ロックマン3(スパークマン)の曲に音を重ねてアレンジしてみた。」より






ロックマンがロック/メタル好きの原点だという方は以外と多いと思うんですが、僕の場合は何が初めかと言えば、兄貴のプレイしている横で、プレイをせず絵を描いていたときから好きだったロックマンBGMが切っ掛けだったと思います。幼稚園くらいの時でしょうか。

ロックマンは2~5、9、X1,2,5がプレイ済みです。無印に関して言えば、スパークマン(3)、スカルマン(4)、ウェーブマン(5)、トルネードマン(9)辺りがお気に入りですが、我が家に最初からあった3のBGMが一番記憶に残ってます。紹介させて頂いたのは、kamaさんによるアレンジ。原曲の雰囲気を壊さない程度に重厚な音構成にするアレンジが好きです。


2.バットマン
曲名:Labratory Ruins*
発売元:サンソフト,FC ('89年発売)
備考:ステージ4のBGM





これまた、幼稚園生だった頃兄貴が友達と遊んでいる横で、絵を描きながら…なゲームなんですけど、実は4面まで行けたのは、小学校3年生くらいの時だったりします。ちなみに大学生の時に、5面のジョーカーまでは行けたんですが、結局倒せませんでした…(笑)

今回紹介しているのは、演奏・アレンジ動画の方で、冒頭をタッピングで表現した素敵な演奏です。原曲のFCを超越した音圧、荒れ狂うベースラインも堪能して頂きたい所でもありますが、愛溢れるアレンジの方が削除対象になりにくい気がするので(笑)。

「Rom Cassette Disc In SUNSOFT」にバットマンの楽曲はじめ、サンソフトの名BGMが収録されているようですので、興味あるかたは、そちらを手に取られては如何でしょうか。



3.忍者龍剣伝2 暗黒の邪神剣
曲名:Tower of Lahja*
発売元:テクモ,FC('90年発売)





一作目の方が何かと有名ですが、個人的には2の方が哀愁漂う楽曲が多い気がします。OPの「Approaching Evil」、2-1の「Rushing Forward」、2-2の「Battling Precariously」、そしてこの3-2の「Tower of Lahja」の叙情っぷりが半端無いです。この頃からやっぱりクサメロ的な素質が有ったんでしょうか。

これもやっぱりアレンジからの紹介。楽曲名は、海外の方がアップロードしている動画のタイトルから取っているんですが、サントラ…未発売ですよね…?裏ワザのサウンドテストでしょうか?

ちなみに、1も2も、最終面までは行ったんですが、ボスが倒せなくて、詰んだままです(笑)。


4.ストリートファイターⅡ 
曲名:スペイン(バルログ) 
発売元:カプコン,SFC('91年発売)
備考:下村陽子は20分で作ったそうな。 




小さい頃、普通のお子様は何とかレンジャーとかヒーロー、ロボットとかが好きで憧れていたと思いますが、僕はバルログになりたかったです。幼稚園の頃でしょうか。画用紙で爪とか、仮面を作ってました。あと、サムライスピリッツのシャルロット、 ロマサガ3のミカエルとか、美青年系に憧れる傾向が有ったんですよね…多分。

もしかしたら、これがトライバルに目覚める切っ掛けだったかもしれません。誰が何と言おうとバイソンBGMより好き。 ちなみに、難易度を4以上にしてクリア出来た事がありません。


5.スーパードンキーコング  
曲名:Fear Factory 
発売元:任天堂,SFC('94年発売)
備考:サントラ表記は「Factory Level ~ THE WAREHOUSE LEVEL」
備考2:サントラ値段はプレミア付きで38000円(2013年11月24日時点)




初めて自分のお小遣いで買ったゲーム。このゲーム発売された時の衝撃は凄かったなぁ…4-1の吹雪の谷は自分でクリアしたのに、1-5のタル大砲の谷は兄にクリアしてもらったという何か変わったお子さんでした。勿論、完全クリア済みです。

インダストリアルマニアの素質はこの頃からあったみたいで、これを筆頭に、FF5の「ロンカ遺跡」、6の「魔導工場」とかも好きだった。特に「オイル工場」って響きが好きで、あとオイル缶とか鎖、タンクとかの造形が好きだった。これに限らず、デヴィット・ワイズの音楽は素晴らしいですよね。紹介曲はちょっと近未来感が加わったアレンジVer。

実はこのサントラ、小学校の時、両親にねだった事がありますが、丁度その時はレゴブロックか何かを既に買ってもらっていた時で、当然のように「また今度ね」と諭されたのを今でも覚えています。僕も僕ですでに買ってもらっていたので、駄々こねたりって事はしなかったんですが…あの時駄々ってれば…今なんて40000円とかですからねぇ…



6.ファイナルファンタジー5 
曲名:ビッグブリッジの死闘 
発売元:スクウェア,SFC('92年発売) 
備考:ただのアルペジオが連続するだけの曲byノビヨ師匠




初RPGで、初自腹購入サントラ。買ってきた兄よりハマることになりました。居間のオーディオや、兄の所持していたラジカセ、擦り切れるほど聴き込み、今では母親でさえも口ずさめるほどです。その他詳しくはサントラレビューを参照。→FF5サントラレビュー

ハードロック属性(アルペジオ、スウィープ好き)を開花させたのは、小2の時。これが聴きたいために意味もなくビッグブリッジに居たりしました。紹介するのは、子供の頃から思っていた「これ、エレキギターで弾いたら、凄い格好良いんじゃないか?」を実現してくれた、バーバリー君島さんによるアレンジ。ちなみに、iTunesに入れた原曲は、mp3gainで音量上げた所為で、若干音割れしています(苦笑)。


7.ロマンシングサ・ガ3
曲名:四魔貴族2 
発売元:スクウェア,SFC('95年発売)
備考:伊藤賢治氏の戦闘曲苦手意識を克服させた曲





詳しい話はサントラレビュー参照。→ロマサガ3サントラレビュー

ここでヘヴィメタル(というか、ツーバス)に覚醒します。何でこんな格好良い音楽作れるんだろう…と今でも思いますね。これも勿論、自分で購入したサントラで、やっぱり居間で聴いていたお蔭で、母親が口ずさめます。

まぁ、ここでツーバスに目覚めてから、ヘヴィメタルを聴くに至るには、あと10年近い年月を要した訳ですが。色んな方がアレンジをされていますが、イトケン氏自らのアレンジ「Rebirth」を除き、kurikinton foxさんのアレンジが個人的には気に入っています。



8.グラディウス3
曲名:Accident Road 

発売元:コナミ,SFC('91年発売)
備考:SFC版のみ収録,アーケード版は'89年発売(稼働)





「沙羅曼蛇」とともにSTGのBGMにハズレがないことを教えてくれたゲーム。小学云年の頃でしょうか。Easy Modeでしかクリア出来ていません(苦笑)

今聞くと、「In The Wind」(3面前半)「Fire Scramble」(5面)「Cosmo Planet」(6面)辺りも魅力的で、ずっとシンプルだと思うですが、何故かこの曲が一番好きだったんですよね…高速ステージが何か格好良かったのもありますが、プログレ/変拍子音楽への発露といった所でしょうか。 

本ブログのレビュー内でも「沙羅曼蛇」「グラディウス」風のシンセ…といった記述が頻出しますが、それだけこの二つのゲームが印象深い…てのもありますが、STG苦手で殆どプレイしないっていうのが大きな理由です。ちなみに、音楽について言うなら、ダライアスシリーズや、エスプガルーダ、リフレインとかもお勧めだと思っています。


9.サガフロンティア
曲名:Last Battle - T260G-
発売元:スクウェア,PS('97年発売)
備考:No Future





詳しい話は、サントラレビューを参照。→サガフロサントラレビュー

これでテクノもイケるって事が分かりました。無駄にラスボス繰り返したり、放置したりしてました。ピコピコ音もそうなんですが、強迫的なハイハットが好きです。YMOとかKRAFTWORK好きな方にお勧め。 



10.スーパーマリオランド
曲名:エンディング~スタップロール*

発売元:任天堂,GB('89年発売)
備考:正式名称不明





GBからも1曲選曲をと。

これ、地味に名曲だと思います。タタンガ戦→感動のフィナーレ→この曲…って流れが感動的過ぎて、今聞くと涙出そうになります。別に凝った演出なんて無くて、ただランデブーするだけのエンディングなんですけど、それが何か良くて。

これが聴きたくて何度もプレイしました。たぶん小1~2くらい。GB時代のBGMは音数が少ないのでメロディーで勝負しなきゃって時代だったんですよね。 カセットは探せばあると思うんですが、スーパーゲームボーイ自体が無いので、もうプレイは出来ないかも…勿論、全クリ済みです。


次点:

11.魔界戦記ディスガイア 
曲名: Planet X 

発売元:日本一ソフトウェア,PS2('03年発売)
備考:「天界」のBGM 





このゲームに出会わなければ、オタク化していなかったかも分からない、重罪人です(笑)。中学だか高1の頃、エトナと戦士(女)を見て、「え?何この可愛いキャラ!」とか思ってしまって、スレンダーで小さい体、そして貧乳大好きな変態が出来上がってしまいます。ちなみに、1作目のエトナ以外はあんまり好きくないです。

コミカルなBGMが多い本作に於いて割とガチなBGMです。もしかしたらトランス好きを意識するようになった切っ掛けかもしれませんが、 まぁこれを最後に、一時的にゲームをしなくなりました。それは大学受験に向けての勉強が難しくなったのもあるし、ヘヴィメタル鑑賞という新しい趣味にお金をつぎ込むようになったからかもしれない。





【編集後記】
紹介する曲を全部原曲にするかどうしようか迷ったんですが、原曲は興味持った方が検索していただければ良いかな、それよりアレンジとかは聴く機会が相対的に少ないだろうから…とか、考えました。サントラが入手出来ないのも多くて、売り上げに貢献出来ていないのは心苦しいところですが…あ、一応、ゲームだけはすべて所持&プレイ済みです。

ちなみに、初め選曲した時はほぼ全曲SFCとFCになっちゃったので選び直しました。ただ、世代が世代なので、PS2以降とかのハードからの選曲はあまり無いですけどね。


それでは(゚∀゚)ノシ
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply