【総括】マイ・ベスト・オブ・2013

こんにちは。


2013年ももうすぐ終わり、締めの企画として

「マイ・ベスト・オブ・2013」

と題して、今年聴いた音楽を振り返りたいと思います。 本企画前に何か別の記事を挟むと言っていたのですが、ストックと編集の都合上、来年に回そうと思いました(笑)。長文ですので注意。


本項とは無関係だけど
ブログ仕様の所でも記載している通り、こちら側ではスパム対策で禁止ワード「http」「@」を登録している以外、IPその他で制限は行っていません。あと、英語99%以上のコメントも弾いているっぽいです。「おまかせ禁止ワード」も適用していましたが、こちらは関係無さそうです。どうもそれ以外の設定(PC側の都合?)が原因かもしれないので、現在心辺りの有りそうな所を調べている所です。ご迷惑おかけしますが、ご理解頂ければと思います。





【部門】

「一般音楽」「サブカル」からそれぞれ「アルバム」「単曲」の計4部門,次点を含んで計10作品を選んでいます.「一般音楽」は商業向けに発売されている「ロック」「メタル」「テクノ」といった音楽,「サブカル」はゲーム音楽、同人音楽(アレンジ含む),ボーカロイド,アニメソングなどの「界隈」からの選出を意識しています.いずれも邦楽・洋楽は区別していません.今年は結果的に「一般音楽×6,サブカル×4」という選出になっています.


【条件】

対象:管理人が今年(2013年)聴いた音楽(2013年発表・リリースに限定)
期間:2012年12月26日-2013年12月25日

今年から、2013年発表・リリース作に限定しています。また、例年通り、「レンタルショップでの入手を含む音源所持or公式PVの投稿」を選定条件としています。



【発表】


2013年ベスト10


◎選出
一般音楽アルバム:Soilwork 「The Living Infinite」('13)
一般音楽単曲:Killswitch Engage ♪In Due TIme (From 「Disarm The Descent」('13))
サブカルアルバム:澤野弘之 「進撃の巨人 オリジナルサウンドトラック」 ('13)
サブカル単曲:なぎさ ♪花葬 ('13)*

*:ニコニコ動画で動画投稿。ピアプロで音源公開されていて、登録(無料)すれば入手出来ます。

◎次点
一般音楽アルバム:Born Of Osiris 「Tomorrow We Die Δlive」('13)
一般音楽アルバム:Trivium 「Vengeance Falls」('13)
一般音楽単曲:Artema ♪Light My Fire (From「Artema」('13))
一般音楽単曲:Carcass ♪Captive Bolt Pistol (From「Surgical Steel」('13))
サブカルアルバム:Kemu voxx 「PANDORA VOXX Complete」('13)
サブカル単曲:スズム ♪世界寿命と最後の一日 (From 「ケビョウニンゲン」('13))


【一般音楽】

思い返せば、良作・傑作ラッシュだった2013年。意図的に10月後半から「本当に欲しいアルバム」を中心に手を出していきましたが、それでも足りなかったくらいで、ホントに単純に「自分が聴いた中で良かった」としか言えない選出になってしまった感は否めません。アルバム部門では奇跡的な復活作となったSoilworkの「The Living Infinite」を選びました。停滞ムードにあるメロデス界隈において、大御所として貫禄を示した傑作の一つだと思います。正直、僕自身ソイルに見切りを付けかけていたので、「もっと早くこういうの作れよ!」という思いも強いですが(笑)、結果オーライですね。前年に、ビヨーン参戦の「I Legion」を選んでたり、ソイル系列に若干贔屓があるのは悪しからず(笑)。

また今回、単曲部門Killswitch Engageの「In Due Time」を選びましたが、アルバム「Disarm The Descent」の出来栄えも素晴らしく、選出部門に非常に悩みました。♪In Due Timeをyoutubeで聴いて心奪われていたにも関わらず、ハワード脱退のショックと、ジェシー復帰への懸念から、長らくアルバム購入を躊躇っていて、アルバムを買ったのが12月。結果、比較的聴き込んでいたSoilworkをアルバム部門で、単曲としては(動画サイトで)聴き込んでいたKsEを単曲部門で選んだ形ですが、どちらも力作なのは間違いありません。

その他、安定のTriviumや、奇跡的な復活作であるCarcassの新譜、日本のキラ☆コア(←ダサイ(確信))のArtema、SkilletやBTといった候補は多数有ったのですが、Artema以外は「このくらい出来て当然」なキャリアの方々ばかりで、驚きはありませんでした。決して悪い意味ではなく。特にCarcassに至っては、「ここまで凄い物を作れるバンドだったのか!」と衝撃を受けましたが、「杞憂を吹き飛ばした力作」という事で、選出自体は上記2つとしました。






【サブカル部門】

アルバム・単曲共にかなりの数聴き込んではいたのですが、アルバム部門では「進撃の巨人 オリジナルサウンドトラック」を選びました。原作も主題歌も超絶人気でしたけど、このサントラが何よりブッチギリの傑作で、聴いた当初から、本項目だけはほぼ内定していました。高品質なクラシック+ハードロック+デジタルの楽曲群は、原作・アニメファン以外にもお勧め。その他、kemuさんのアルバムもお勧めではあったのですが、収録曲が既発表中心なのもあって、次点としています。1年早かったら、去年選んでいたかもしれない。

一方の単曲部門、前述の「進撃の巨人」から♪The Reluctant Heroのダブル選出でも良かったんですが、それもつまらないので、他で検討しようとしたら、予期せぬボカロ激戦区に。ボカロ以外にも色々聴いていましたけど、結果、ボーカロイド楽曲:なぎささんの「花葬」を選びました。キャリア的にはまだ新参とも言えますが(※別名義での活動経験説もあり)、思春期的な、悲痛な心の揺れ動きを丁寧に描いた楽曲が、実にサブカル・ボカロ的に思われて選出。実際、徐々に知名度が上がっているようです。姉妹曲で、より再生数の多い「造花の距離感」とも悩みましたが、個人的には「花葬」の方がお気に入りなので、こちらを選出対象としました。

その他、ボカロでスズムさんの「世界寿命と最後の一日」、真夜中Pさんの「フェノメノン」(リメイクVer)、ボカロ黎明期からの人気ボカロP:ハチさんの2年9ヶ月ぶりの新曲を、インストでM.S.S Projectの「SPACE JUNGLE 45」を、歌モノでNano feat. MY FIRST STORYの「SAVIOR OF SONG」辺りを候補としていました。特にハチさんに関して、僕はファンではありませんが、色んな意味で「流石!」とも言うべき楽曲だったと思いますし、歌い手出身でプロデビューしたnanoさんの楽曲も、ワンオク+エンターシカリな感じでお気に入り。


------------------------------


【総括】
 メタル系の選出に関しては妥当なラインだと思っていますが、昨年同様、インダストリアル系からの選出が全くありません。一応、このブログは「メロデス(メタル)、インダストリアル、同人音楽」がメインテーマで運営しているので、そろそろ詐欺になってますね(笑)。Front Line Assemblyとか、Skinny Puppy、KMFDMなんて大御所が新譜をリリースしてたりと動きが大きかった年だと思うんですが、結局、メロデスとかに印象に残る作品が多かったんですよね。キチンと購入・鑑賞していたら、選出にも大分影響が有ったと思いますが。

 サブカル枠に関しては 昨年以上にボカロに傾倒していき、それをブログで取り上げる事が増えていたと思います(実際、ストックにボカロ系が4つ5つほど溜まっています)。まぁ単純にハマったというのが大きいですが、インダストリアル系のサイト・ブログがI'veとかを取り上げる流れにヒントを受け、メタラーが取り上げたら、読んでくれた方の印象を変えられるのではないか…と思った結果で、意識して取り上げていました。結果、「何が中心なのかよく分からないブログ」が出来上がってしまったなぁと、反省もありますね。サブカル選出に関しては、翌年以降は別枠で行っても良いかもと検討中。

 前述の事と関連して、今年は秋頃からアクセス解析を導入しました。どういう記事が閲覧されてるのか、単純に気になったんですが、ブログの性質上、特に「これ」という記事・カテゴリがあるという訳でもなく、分散している印象です…当たり前か(笑)。相互リンク先含め、僕が愛読しているレビューサイトは割と「特化」型で、見る側としてもその方が都合が良いと思うのですが、この辺は今後の課題でしょうかね。

 この手の音楽を取り上げている方は、暇な学生とかより社会人の方が多い印象があって、徐々に更新停滞や閉鎖されるサイトが増えている印象です。まぁ、仕方のない事ではありますし、斯く言う僕も、来年から社会人なので、いつまでこれを続けられるかどうか分かりませんが、出来る限り続けていきたい所存です。収入も入ってくることですし、今年よりはたくさん手を出せるんじゃないかと期待しています。


という訳で、2013年も拙ブログをよろしくお願いします。


よいお年を!!



PS:
追記欄に選出した音楽の動画を貼り付けています。
追記欄に選出した音楽の動画を貼り付けています。選出4作の音楽。

今回選出された楽曲はサブカル単曲の「花葬」がピアプロ登録後、無料ダウンロード出来る以外はすべてiTunesや店頭販売等で入手出来ます。


1)一般音楽アルバム:Soilwork 「The Living Infinite」('13)
紹介曲:#1(Disc1):Spectrum Of Eternity





1)一般音楽単曲:Killswitch Engage ♪In Due TIme (From 「Disarm The Descent」('13))




3)サブカルアルバム:澤野弘之 「進撃の巨人 オリジナルサウンドトラック」 ('13)
紹介曲:The Reluctant Heroes





4)サブカル単曲:なぎさ ♪花葬 ('13)
こちらよりピアプロ登録後、ダウンロードする事でmp3音源が入手可能→http://piapro.jp/nagisa_7th



以上です。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply