Killswitch Engage (2nd)

こんばんは。


納品に一ヶ月掛ると言われたPCが、まさか2週間で届くとは思っておらず、土日は予定外のセットアップ作業に追われていました(笑)。OSがVistaからWindows 8.1へと変わったんですが(あ、ちなみにタッチ操作はできません)、大分印象が異なっていて慣れるのに時間が掛りそうですが、単純なスペックは格段に上がったので、どんな感じになるのか楽しみです。

ちょっとメタルコア系のレビューが続きますが、今回はKillswitch Engageの2ndアルバム。本当は一昨日に更新出来る予定だったのですが、ルータの不調か何かでネットが繋がらなくなってしまい。




2nd)Alive Or Just Breathing('02)

アライヴ・オア・ジャスト・ブリージングアライヴ・オア・ジャスト・ブリージング
(2012/08/08)
キルスウィッチ・エンゲイジ

商品詳細を見る


1. Numbered Days
2. Self Revolution
3. Fixation on the Darkness
4. My Last Serenade
5. Life to Lifeless
6. Just Barely Breathing
7. To the Sons of Man
8. Temple from the Within
9. The Element of One
10. Vide Infra
11. Without a Name (Instrumental) 
12. Rise Inside
13. In The Unblind*
(*:ボーナストラック)

かつてShadows Wallと共にMAメタルという一大ジャンルを築き上げたバンド:KSEの2ndアルバムです。ハードコアの代表格的存在であったOvercastとAftershockのメンバーが集まって結成された模様で、ボーカルはジェシー・リーチ。本作は、英Kerrang!誌において最高5Kの評価を獲得し、また米CMJラウド・ロック・チャートにおいては4週連続1位を獲得したというヒット作です。

内容としては、今でいうメタルコア。これが当時革新的なスタイルとして注目されます。2014年をもってすれば今更な説明ですが、ハードコア的な攻撃性を全面に出す一方で、重く切れ味鋭いギターリフを中心とした一体感あるリズムワークは、メタルとハードコアの良いトコ取りだった訳で、メタルリスナーにも違和感なく聴けます。また突如飛び出す美しい歌メロが心をグッと引き寄せます。この叙情的な曲展開からは、At The Gateや初期~中期In Flamesといったメロデス的な要素も感じられますが、「生きているのか、それとも息をしているだけか」という切実なアルバムタイトルが示唆する通り、ある種の渇きというか冷徹さが感じられます。この辺、既存のメロデスとは異なって聴こえた点でしょうか。

特にゴリゴリのリフと美しく幽玄な歌メロが組み合わさった#4なんかは、KSEの代表曲ともなっています。また、アコースティックのフレーズから導かれる#8、6分と若干長尺ながらもシッカリした曲構成を聴かせる#6などと、良曲揃い…なのですが、3rdを聴いた後で比べると若干淡白な印象を受けます。それがハードコア的と言われるとそれまでかもですが、ヘヴィメタル・メロデスに馴染みのあるリスナーからすると、人間味に乏しく、ややアッサリしているような…テクニック面のアピールは有りませんが、リフやリズムワークがかなり練られているので、その辺は問題無し。技巧を見せつけない辺りもハードコア・パンク的だったのでしょうかね。

とまぁ、僕は当時のセンセーションを加味出来ず、また次回作の方が好きなので、本作に対しては微妙な評価をしがちです。リアルタイムで聴いた方とは意見が異なるかもしれませんが、ハードコアリスナー以外にもアピールしているのは間違いないですし、格好良いサウンドなのは間違いないです。尚、このアルバムリリース後、ボーカルのジェシーが脱退する訳ですが、6thアルバムで復帰します。

#4:My Last Serenade



KsEは3rd「When Darkness Falls」、4th「The Arm Of Sorrow」辺りから聴いたので、この有名曲を聴いたときも、当初は何かアッサリした印象を持っていました(笑)。ブックレットによれば「Burining Bridge(背水の陣?)の事を歌った」ものらしく、Wikipediaによればセレナーデとは小夜曲とも言い、恋人や女性を称えるために演奏される楽曲…らしいんですが、サッパリ意味が分かりません(←アホ)。ジェシーの歌詞は、ハワードのそれよりも哲学的で難解な気がします。


<個人的評価>
攻撃性:☆☆☆☆ 
叙情性:☆☆☆☆
技巧:☆☆☆
お勧め:#1、#2、#4、#8

TOTAL:83 (/100)




次回、3rdアルバムのレビュー予定ですが、その後は別のレビューを挟むかと思います。

ではでは(゚∀゚)ノシ


PS:
Windows 8には、スタイリッシュなスタート画面が存在します。そのスタイリッシュが生んだ悲劇…!?追記欄から。
(あまりに写真がデカかったので、追記欄に移しました。笑。)
Windows 8.1の設定中。

実家暮らしの僕は、契約の都合上、回線とかウイルスソフトの一部設定を父と一緒に行っていたのですが…


Win8の画面

ライブタイルに表示された、二次エロ画像(爆)。気まずいわ(汗)。なんでそのフォルダから選ぶんだよ!もっと旅行とかゲームとかのフォルダが有っただろ!!

幸い、微妙に何のシーンか分からないのしか表示されなかったのですが、後で一人で立ち上げたときには、性癖前回の三次元エロ画像が表示されてました。本当に死ねるレベルのが…不幸中の幸いですな(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply