Die Krupps (3rd)

こんばんは。


先月、PCを買い替えて、OSがvistaから8.1に変わったという話をしましたが、PCが変わると、色々なソフトの機能が使えなくなったり、別のソフトを使わざるを得なかったりで、色々な面倒に直面しています。設定の都合でメールソフトも変えないといけなかったり…これはまぁ、メインで使用していた大学のメールアドレスが、卒業につき使用不可になったってのも大きいんですけどね(笑)。あぁ、もう俺はここの大学の学生じゃないんだ…としみじみ。

さて、今回のレビューはDie Kruppsの3rdアルバムです。



3rd) I ('92)


II
(2008/09/23)
Die Krupps

商品詳細を見る


注:上で紹介している商品は、オリジナル盤ではなく、2008年に再販されたものです。こちらはリマスター盤とリミックス盤の2枚組となっています。深い拘りが無ければ、絶対に再販盤を推奨。本レビュー自体はオリジナル盤に準拠しています

「俺のカラダの筋肉はどれをとっても機械だぜ」という名言でお馴染みの、ドイツ出身インダストリアルメタル/EBMバンドの3rdアルバム。本作「I」と「II - The Final Option」「Odyssey of The Mind」はインダストリアルメタルの三部作と呼ばれています。読みは「ディ・クルップス」で、「The Cross(十字架)」という意味らしいです。

本作以前までは金属パーカッションが特徴的ではあるもの、割と真っ当なボディミュージックを演奏していた彼らですが、本作からはそのボディミュージックにギターを導入した、言わばインダストリアルメタル風のEBMとなっています。同時期にはMinistryやNine Inch Nails、Fear Factoryといったバンドが続々と傑作をリリースしていますが、それらのバンドに比べメタルギターの比重は控えめ。特徴的なシンセベースやメタルパーカッションが織りなす、ドイツ産インダストリアル・EBM特有のリズムワークが特徴的です。

妖艶なシンセに導かれるダークな#1、ボディミュージック特有の躍動的なリズムとギターリフが絡み合う#2、メタルパーカッションが心地良い#4、焦燥感を煽るシンセベースが特徴の#9と粒揃いなのですが、中でもアルバム随一のスピードチューン:#10は、強迫的なハイハットとゴリゴりのギターリフでアドレナリン大放出なインダストリアルメタル。これ1曲のために購入しても良いかもしれない。冗談みたいなMetallicaのカバー:#6も意外とハマっています(笑)。

ただ、EBMとしての側面が強いので、インダストリアルメタルとしてはちょっともの足りない気は否めませんし、メタルギターが控えめな点もやや残念な所ではあります。EBMリスナーとしてはあんまり気になる点では無いかもですが。この時点ではボーカルが不安定なのも難点でしょう…1st~2ndから相当改善されたかと思いますが(笑)。妙に暗く不穏なムードと、ドイツ特有の軍隊リズムで好悪が分かれる点は、KMFDMとかRammsteinと同様の点ですね。そういった意味で、やはりMinistryやNine Inch Nailsよりは人を選ぶサウンドと言えるかもしれません。

全体的な完成度は次回作の方がはるかに上なんですが、ボディの比重の大きさとかはインダストリアルメタル界隈を見渡してもレアで独自性を有していますし、僕は結構気に入っていたりします。また、音圧不足や前述の点の多くに関して、2008年に再リリースされた「I (Re-Released)」でほぼ解決されております。こちらにはオリジナルのリマスターに加えて、「Atom-H Remix」という2008年版のリミックスバージョンが収録されているのですが、この後者が凄まじい。という訳で、購入の際には再販盤を推奨します


#2:Metal Machine Music



シンセのブリブリ感と、金属的な質感が特徴的な1曲。このノリノリのダンスメタルは、またKMFDMとも違っていますよね。


#10:Rings Of Steel



「Atom-H Remix」版なのですが、動画の音質がかなり悪いです。実物はもう少し迫力があるはずですけど…。


<個人的評価>
メタル度性:☆☆☆
ボディ度:☆☆☆☆☆
クセになるボーカル:☆☆☆
お勧め:#2、#9、#10
Total: 82(/100) (オリジナル盤の評価)




僕はもともと、インダストリアル・EBM系のレビューサイトやブログを読んで、自身もブログもスタートさせた訳ですけど、インダストリアル系の管理人さん達はどんどん更新を停止していって、参考元がどんどん少なくなっていきますね…。まぁこのブログがインダストリアル系として認知されているかは、甚だ疑問ですが(笑)。

次回から、Die Kruppsの4th~6thまでレビューを続けます。

それでは(゚∀゚)ノシ


PS:最近はフリーゲームのBGMにもハマっていて、ゲームをDL→プレイはせずにmp3だけiTunesにぶち込むって事をやっています(笑)。いえ、その内プレイもしたいですけどね。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply