M.S.S. Project (Arrange)

こんばんは。


社会人の方の中には、社内イベントでマラソンとかスポーツ大会に駆り出される事が有るかと思います。超絶運動音痴の私としては憂鬱極まり無いのですが、唯一ポジティブな要素として、スポーツウェア姿の女の子が見られるって事。ジャージとかスポーツウェア姿の女の子って萌えますよね。良い感じのお尻のラインとか凝視しています…余裕がある自分の出番が来る前まではですけど(笑)。

という訳で、本題はゲーム実況配者者:M.S.S.Projectの新譜:「M.S.S.PiruPiruTUNE」のレビューです。


注意:
M.S.S Projectのゲームプレイ動画をほとんど視聴していない人間のレビューです。その辺の思い入れ補正は含まれていませんので、悪しからず。



Arrange) M.S.S.PiruPiruTUNE ('14)


MSSP Pirupiru


4人組ゲーム実況配信者:M.S.S.Projectがリリースした、早くも通算3作目となるアルバム。リーダー格のFB777(以下FB)さんはかねてより自身の音楽活動のためにゲーム実況を利用したとも公言していますし、時は満ちたとばかりに、音楽活動に力を入れ始めている訳でしょうか。今作は8bitミュージック・ユニット:YMCKのYokemuraをアドバイザーを迎えてのチップチューン・アレンジのアルバムです。収録曲は過去2作のアルバムからの選曲+本作初収録のオリジナル2曲。恒例の無駄トークは無し。

元々、FB節とも呼ばれる、ベタだけどキャッチーで疾走感漂うメロディラインには定評が有りますし、僕個人も気に入っていました。しかし一方、第一線の方々と比べた場合、ボカロ調教や、打ち込み・音構成には薄っぺらさが感じられましたし、キックンのギターもテクニカルながら単調なのが気になっていたのも事実。音源を8bitにした(=音の種類が意図的に制限される)事でこれらの不満が粗方解消されて(というより目立たなくなった)、印象的なメロディの方が際立つ形になっています。また、元々FBさんの曲って、打ち込みもゲーム音楽っぽいので、チップチューンにしても違和感なく聴けます。

#6にはボーカロイド(初音ミク?)と、#10には4人の合唱(笑)が残っており、#12はFBさんの歌声が挿入されていますが、こちらはエフェクトで機械ボイスっぽい処理がなされています。これは8bitサウンドを邪魔しない感じで悪くないのではないでしょうか。特に、#10からあの歌声抜いてしまうと、「なんだコレ」状態になり兼ねませんし(笑)。素直に良アレンジです。

コンセプトから注意が必要かと思いますが、収録されているのは全曲チップチューンにアレンジした楽曲です。原曲既知じゃないとイマイチ楽しめないかもしれませんし、勿論印象は異なりますが、リミックスと違って劇的に良くなるとか悪くなるって代物ではないので、過度な期待はしない方が良いかもしれません。あと個人的には、聴き込みも影響しているかもですが、新録の質がそんなに良くないかなって思いました。#11はドラムンっぽさも漂う高速チップチューン、#12はPerfumeとかGARIとかあの辺の日本産エレポップを意識したような楽曲で、#11は特段悪くはないですけど、#12は内輪ネタらしいので、これだけが目当てって事であれば少し考えた方が良いかもしれません。尚、本ブログでは、ゲーム実況を売名として利用した事についての是非は問わない事とします、色々面倒なので。

僕個人はFBさんのインスト曲の方が好きだった事もあって、一部楽曲の関しては原曲よりも気に入っています。内輪っぽさも控えめですし、元々の原曲が好きな方や、ゲーム音楽・チップチューンが好きな方は躊躇わず入手して吉。あ、でもメンバーのコスプレプロマイド(?)は正直要らなかったです(爆)。


クロスフェード:



可愛らしいPVが印象的。そして相変わらずクロスフェード向きの分かり易い曲多いなぁ…と思いました。尚、アートワークはメンバーのeoheohさんが手掛けたものらしいです。

<個人的評価>
テンション:☆☆☆☆☆
キック音:☆☆☆☆
内輪臭:★★
お勧め:#1、##8、#9

TOTAL:83 (/100)



彼らに限った話ではなく、ゲーム実況者が公式イベントに出過ぎたりすると、色々批判が増えるかと思います。所謂「運営の犬」ってヤツですね。公式イベントに出ていく中でより面白くなる方々も居れば、変にゴマスリしたり調子に乗る輩も出てきます。

ただ、ゲーム実況というグレーゾーンで活動している人間にとっては、「イベントからお呼びが掛かる→出席する→活動について免罪符的なお墨付きが得られる」という効果も期待される訳で、飛びつく要素は有ったとしても、断る理由って、仕事とかプライベートの都合以外では存在し得ないと思うんですよね。呼ばれるって事は、ゲーム会社とか動画サイト側にとってメリットが有るからな訳で、投稿者としても運営やメーカーを味方に付けておくって事は悪い事ではないでしょう。視聴者としては確かに複雑ですけど。

尚、2nd「M.S.S.Phantom」のレビューはもう少し先になると思います。次回はDarkest Hourの8thアルバムです。


それでは(゚∀゚)ノシ


PS:
今回は特になし。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply