Sovereign (1st)

こんばんは。


世間はクリスマスムードでしょうかね。僕としては、年末に向けたベストオブ2014の選定・執筆作業に入らないといけないのですが、一つ頭を悩ませている事が。それは「ベストとしてメタルとボカロ・サブカル系を同じ枠内で行うべきか、分けるべきか」。…幸せな悩みですね(爆)。

本日の記事はサイバーメタル系インストプロジェクト「Sovereign」のレビューです。



1st) Sovereign ('14)

Sovereign.jpg


01. The Awakening
02. Discovery
03. Evolve
04. Design The Future
05. Division 47
06. Technophobia
07. Improve, Dehumanize
08. We Are Sovereign

スイス在住のポルトガル人:Jorge Paula Pinheiroによる、サイバー/インダストリアルメタルプロジェクトの1stアルバム…だと思います。BandcampやらSoundcloudで入手可能です*1。ジャケがオシャレ。

全体的な印象は各所で指摘されている通り*2インスト版(ボーカル無し)のSybreedといった趣。グラディウスや沙羅曼蛇といったシューティングゲームのBGMを思い起こさせる近未来シンセに、ジェント風のギターリフを組み合わせたメタルサウンドが特徴的ですが、所々にデス・ブラックメタルを彷彿させるブラストビートや邪悪なフレーズが挿入されていたりするので、Tyrant of Deathっぽさも感じますかね。

突如飛び出す泣きメロが秀逸な#3や、ブラメタ風の荘厳な#6、工業的な質感とベタなクサメロの組み合わせが堪らない#8と、楽曲はそこそこ粒揃いなのですが、楽曲がやや単調で似通っていますかね。シンプルなリフワークは格好良いんですが、インストかつ長尺気味なのが相まって、後半に行くにつれて飽きが出てくる点が難点でしょうか。テクニカルなギタープレイもそれほど聴かれませんし、もっと楽曲がコンパクトでも良いかなって気がしました。打ち込み中心なのは好みが分かれるかもですが、インダストリアルっぽいサウンドでも有るので、悪い点ではないかと思います。

サイバーメタル系のインスト作としては比較的聴き易い部類に入りますし、無料で入手出来る事を考えると、なかなかの放り出しものではないでしょうか。インダストリアルメタルファンに加えて、シンセポップのリスナーなんかにも案外お勧め。個人的には、#3のようなメロディアスな曲の増量を期待しております。


※Bandcamp埋め込み





*1:試聴・購入はBandcampより(無料入手も可能)→http://wearesovereign.bandcamp.com/album/sovereign-2
*2:この辺りの評価参照。Vs Webzine含め、幾つかフランス語サイトも読みましたが、雰囲気だけで適当に判断(笑)。→Decoy Musicwww.vs-webzine.com

<個人的評価>
サイバー感:☆☆☆☆☆
メタル度:☆☆☆☆
緩急:☆☆☆
お勧め:#2、#3、#8

TOTAL:83 (/100)



さて、冒頭で述べた選定の件ですが、選定候補自体の絞り込み作業は結構佳境に入っていて、残り数枠。12月では「気になっていたけど長らく手を出していなかったCD」を中心に手を出す予定です。が、レビュー自体が追いつくかはかなり微妙…年明けになるかもです。

12月更新は厳しいかも…と思っているのですが、11月も何だかんだで更新出来たので、案外コンスタントに行えるかも。でも草稿自体はWithin The Ruinsと、ボカロのneruさん、ATLOSさんくらいしかストックが有りません。困った。

それでは(゚∀゚)ノシ


PS:
今回はこちら。



ネットギタリストとしてかつて絶大な人気を誇った奈落乃悪太郎さんと、現在は「和楽器バンド」の活動でも知られる町屋さんという、豪華二名による、「ナイトオブナイツ」(ZUN氏作曲の東方楽曲「フラワリングナイト」のビートまりお氏アレンジ版)の演奏動画のミックス動画。「ナイトオブナイツ」と言えば、高速ビートと鬼畜シンセリフが高い中毒性を生み、かつては「RED ZONE」などと並び、演奏動画投稿者の課題曲としての機能も有りました。

昨今は演奏動画の人気自体も下火(というかほぼオワコン化)になり、更にこういった「技巧もエンターテイメント性も持ち合わせた」動画はかな~り少なくなりましたよね。古き良き時代の動画。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply