Within The Ruins (3rd)

こんばんは。


各地で雪が降ったりで大変かと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。土日は仕事・私事含めた色々な用事を済ませていたので、あんまり休んだ気がしないのですが、年末年始対策用にWiiU(withドンキーコング)を大人買いしちゃってたり、ちゃっかり楽しんでいます(笑)。

という訳で、レビューですが(どういう訳なの…)、Within The Ruinsの3rdアルバムです。




3rd) Elite ('13)


EliteElite
(2013/02/26)
Within the Ruins

商品詳細を見る


01. Terminal
02. Solice
03. Feeding Frenzy
04. New Holy War
05. The Charm
06. Ataxia II
07. Elite
08. I, Blashpheme
09. Absolute Hell
10. Weightless
11. Dreamland

米国出身のプログレッシブデスコアバンドの3rdアルバム。前作リリース後にツインギターの片割れが脱退し、作風も若干変化したとの事ですが、前作未所持につき、比較は出来ませんので悪しからず。尚、4th入手後に聴いています。

音楽性は重心の低いデスコア系ギターリフ→ピロピロギターフレーズ→ブレイクダウンというパターンを基調とした、所謂ジェント系デスコア。乱れる事なく、キッチリカチカチに整合の取られた複雑なリズムワークと流麗なギターフレーズ、お決まりのブレイクダウンが聴きどころな点は、この手の特徴ではありますが*1、その基本的要素が非常に高い次元で達成されています

また、変拍子やリズムチェンジが目まぐるしく、変態度は高めですが、プログレほど敷居は高くないので、聴きにくい印象はありません。インスト曲も良い感じにハマっています。ギターはメロデス風の叙情的なメロディーよりもクラシカル寄りで、これが他のバンドとの差別化に貢献している感じでしょうか。

難点としては、曲調が似たり寄ったりな点でしょうか。デスコア系の特徴でも有りますが、ストップ&ゴーのよくある展開は、生粋のメタルヘッズにとってはやや単調で飽き易く感じられるかもしれません。ツインギターの掛け合いが無くなった点を嘆く向きもあるようですが、確かにギタープレイ的な面白味には欠けるかなと思います。ブレイクダウンとかネオクラっぽくもあるフレーズ回しは、確かに格好良いし、十分変態的なのですが、分かり易く派手なギタープレイは少な目かなと。もっとメロってても良いかもしれませんが、ボーカルが変に歌わない点は、潔くて評価高し(笑)。

基本的にはクオリティの高いデスコアで、また同時に聴き易い作品でもあります。デスコアやメタルコア好きのみならず、メロデスやインダストリアルメタルファンにも、基本おすすめな力作。

*1:ギターメロディ・ギターソロは、必ずしも導入されていない要素ではありますね。リフ→ブレイクダウンの繰り返しのバンドも多いですし。


#3:Feeding Frenzy 【閲覧注意】



クラシカルなフレーズ回しと、悪趣味で汚ねぇPVが印象的な1曲。食事中は避けましょう。尚、「Feeding Frenzy」は、Weblio辞書には「(サメが) むさぼって食べる様」と有ります。一匹に数匹が群がって食い尽くす、よくドキュメンタリーで見る様相でしょうか。


#9:Absolute Hell




外人の演奏動画から紹介。1分15秒辺りのギュインギュインが好きです…頭悪そうな表現ですが、楽器出来ない人間ですので、ご容赦をば(笑)。

「分かり易いギタープレイは控えめ」とか書きながら、こういう演奏動画を目の当たりにすると、この手の界隈の連中は相当変態だなぁ…と思う訳です。


<個人的評価>
シュレッ度:☆☆☆☆☆
スリリング度:☆☆☆☆
メロディアス度:☆☆☆
お勧め:#3、#5、#9、#11

TOTAL:85 (/100)




レビュー書いていて気付いた訳ですが、デスコアとかジェントが好きな割に、この手のジャンルの聴き込みが全然足りていないなぁ…と。難産のレビュー記事で、公開を躊躇って今に至っているのですが、まぁ趣味の素人ブログで、わざわざお蔵入りにする事もないだろう、という事で。個人的には「Born of Osirisみたいの」が好きなんですが、そのBorn Of Osirisよりも気に入るアーティストがなかなか探せていないです。


次回は、ボカロを挟んで、Within The Ruinsの4thです。予約投稿詐欺になりそうなので、多分土曜日更新です。日曜は出勤フラグです、苦笑。

それでは(゚∀゚)ノシ



PS:
本日はこちら。



台湾のミュージシャン:JerryCが「パッヘルベルのカノン」をアレンジした「カノンロック」…を、マリオシーケンサ(ゲーム「マリオペイント」内のツール、サウンドコラージュを再現したもの)で更にアレンジしたもの。昔、ニコ動のマイリスト100制限を超えた際、mixiの非公開日記にお気に入り動画を整理していた時期があって、その記事整理の際に、久々に発見しました。

正直、元のカノンロックよりこちらの方が好きだったりします。後半の怒涛のアルペジオ(?)が涙腺を刺激。失恋を引きずりつつの大学院試験勉強の際にも、お世話になった曲。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply