Limp Bizkit (5th)

こんばんは。


また鬱な一週間が始まり(以下略)。いっつもこの書き出しなんで、何か違う事…と思っても、世間は嫌なニュースばっかりで、何かついネガティブな事書きそうだし、もうこの前書き要らくね?ってちょっと思ってる管理人です。更新を金曜夜か、土曜日に行えば、多分違うんでしょうね(爆)。

とりあえず、Limp Bizkitの5th「The Unquestionable Truth (Part 1)」までのレビューを書いたので、ここまで公開します。4thは未所持、6thは持ってるけど殆ど聴かず放置しているので、レビューはしないor大分先になるかと思います。




5th) The Unquestionable Truth (Part 1) ('05)


「真実への逃避」~ザ・アンクエスチョナブル・トゥルース(第一幕)「真実への逃避」~ザ・アンクエスチョナブル・トゥルース(第一幕)
(2005/05/03)
リンプ・ビズキット

商品詳細を見る


01. The Propaganda
02. The Truth
03. The Priest
04. The Key
05. The Channel
06. The Story
07. The Surrender

Limp Bizkitの良心:ウェス・ボーランド(Gt)を失った結果*1、妙な方向に走って非難轟々となった4thアルバム「Results May Vary」。そこからウェスが奇跡の復帰を果たし、前作の商業主義風味を払拭する意味で、ノープロモーションでリリースされた、かつてのニューメタルの帝王:Limp Bizkitの5thアルバムです。

作風ですが、ウェスのギターリフを主軸としたシンプルなニューメタルです。雰囲気は1stに近いですが、1stよりも遥かに太く重いゴリゴリギターリフが、終始鳴り響きます。3rdで見せたクリーントーンなどは登場しません。フレッドのラップも怒りやネガティブな感情を感じさせる迫力の代物で、アルバム全体にもシリアスでピリピリした雰囲気が漂っています。

…とまぁ、以上で感想は完結です。シンプルイズザベストを地で行くこのアルバム、基本的にはウェスのギターリフが好きな人なら問題なく楽しめる仕上がり。初期衝動ニューメタルの決定版とも言うべき名曲が結構揃っているんですが、往年のヒップホップ(ミクスチャー)色や、前作の歌モノ路線と、過去作の特徴的要素が無かったが如くに扱われている点と、ウェス以外の存在感が異常に薄い(フレッド含め)点は、それなりの非難対象にされているようです。DJリーサル?居たね、そんな人…。

そのウェスのギター自体も、遊びがかなり少ない点は、ちょっと残念かもしれませんね。合間に挟まれる余計なインタールードや、ボリューム不足は、殆どミニアルバムみたいな感じなので、おいときます。

前述の通り、ウェスのファンなら、即買い間違いなしですが、それ以外のリスナーさんはそれなりに覚悟された方が良いですし、初見さんにお勧めするかと言われると微妙な立ち位置の作品です。セールス面でも駄作と評される前作を大きく下回る大惨敗ぶり*2でしたが。個人的には#1とか#2、#6は、彼らの曲の中でもトップ5に入るくらい好きだったりしますよ。


#2:The Truth




只管ゴリゴリギターを聴かせる曲。アルバムは大体こんな感じ。


*1:「Radioheadみたいな音楽が作りたいんだ!」とか言い出して、メンバーにも告げずに脱退したそうな。
*2:前作が140万枚、今作が40万枚らしいです。そもそも、ニューメタルの衰退が始まっていた時期なので、「Results May Vary」や今作「The Unquestionable Truth (Part 1)」の出来だけで売上低下を判断するのは、公正ではないと思いますが、全盛期が全盛期なだけに、ね。

<個人的評価>
ヘヴィネス:☆☆☆☆
ギターの比重:☆☆☆☆☆
遊び心:☆
お勧め:#1、#2、#6

TOTAL:83 (/100)



本文中でも触れましたけど、ウェスだけはやたら評価されていますよね。何故かはわかりません(笑)、僕も好きですが。

次回は、トゥームレイダーのサントラレビューになるかと思います。てか、それしか書き上がっていません(それを発見したのも今日なんですけど(笑))。願望としてはPeripheryのレビューなんですが…いつになることやら…。

それではまた(゚∀゚)ノシ


PS:
今回はこれ。Twitterでもとりあげました。



大塚愛の「さくらんぼ」を使用した、日常系アニメのMAD動画で、所謂「難民キャンプ」動画。以前取り上げた「難民コンピレーション2014」とは違い、音MADではなくて曲に映像を合わせるシンプルなスタイルの方ですね。内容もギャグ的要素は比較的少な目な、キャラの可愛さを楽しむ仕上がり…

…なんですが、見てると無性に泣きたくなってきました。この歌も、こんなに切なく聴こえた事なんて今まで無かったのに…失ったものと過ぎてしまった時の流れの大きさに、ただただ涙するばかりです。そして僕を支えてくれる日常系アニメに、ただただ感謝します。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 4

ロッキー  

はじめまして、Limp Bizkitの記事をネットサーフィンで見つけ全て見させてもらいました。1stのレビューなど、ほんとにファンでも何回も頷けるような的確な批評で楽しめました!
今までのリンプの批評で1番意見があい、思わずコメントしてしまいました。
6thのレビューもしていただければ嬉しいです笑

2017/01/25 (Wed) 00:45 | EDIT | REPLY |   

ruchinium  

> ロッキー様へ

はじめまして、管理人のruchiniumです。コメントありがとうございます。

そして、レビューがご参考になったようで何よりです。6thアルバムはあまりピンと来ず、1、2回聴いて放置…という感じだったのですが(笑)、どうやらスルメ型のアルバムという評価が多い模様ですね。久々に聴いてみると、そんなに悪くないかも…とも思ってきたので、聴き込んでみてレビュー書ければな…と思います。今後もご愛顧頂ければ幸いです。

2017/01/25 (Wed) 18:52 | EDIT | REPLY |   

ロッキー  

返信ありがとうございます。
そうですね、僕はGold Cobraは一応3thの次に2thと張る感じの評価です。フレッドも5thに比べて元気ありますし、ウェスの変態リフも戻ってきたって感じがして案外好きですね。(Shark Attackとか)

はい、他の記事も楽しく見させてもらいましたのでこれからも拝見させていただきます!

2017/01/26 (Thu) 01:02 | EDIT | REPLY |   

ruchinium  

> ロッキー様へ(2)

「Gold Cobra」のレビューは、今レビューしている、Dopeというバンドのレビュー2~3回の後(3rd、4th、6th辺り)になりそうです。改めて聴き返している所ですが、リスナーによって、なかなか評価が分かれそうなアルバムですね。よろしくお願い致します。

2017/01/27 (Fri) 14:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply