Children Of Bodom (9th)

気が付いたら、1ヶ月更新出来ていなかったんですね…

どうもご無沙汰しておりました、管理人です。忙し過ぎて死にそうだけど、未だ死ねない、そんな感じの日々です。

そんな訳で、チルボド、Trivium、SoilworkにBorn Of OsirisとフェイバリットなバンドのCDすら、まともに聴き込めない状況が続いていますが、ようやく、Children Of Bodom「I Worship Chaos」のレビューが出来ました。

あまり推敲出来ていませんが、打合せ資料とか報告書作成が間に合わず、直前まで作る生活で、文章力が上がった今なら大丈夫!尚、後に誤字・脱字・落丁を大量に指摘されている模様。




9th) I Worship Chaos ('15)

COB_I_Worship_Chaos.jpg 

01. I Hurt
02. My Bodom (I Am The Only One)
03. Morrigan
04. Horns
05. Prayer For The Afflicted
06. I Worship Chaos
07. Hold Your Tongue
08. Suicide Bomber
09. All For Nothing
10. Widdershins
11. Mistress Of Taboo*
12. Danger Zone*
13. Black Winter Day*
14. Cruel Summer*
*:ボーナルトラック。それぞれ順に「Plasmatics」「Kenny Loggins」「Amorphis」「BANANARAMA」のカバー曲。
橙字:お気に入り曲


フィンランド出身のメロデスバンド:チルボドの9thアルバム。Shinergyでも活動を共にし、およそ10年間バンドに同行したリズム・ギターのローペが脱退しての制作で、ギターはすべてアレキシが担当しているとのことです。

今作は賛否両論がかなり分かれるアルバムです。本作の特徴は、叙情美旋律の大幅な減退と、ヘヴィ・スラッシュ路線への傾倒。「Are You Dead Yet ?」を、よりシェイプアップという表現でも良いかも。低音チューニングから繰り出されるギターリフの重さと、鋭さを増したアレキシの咆哮を全面に出した楽曲群は、The HauntedやSlayer辺りを比較対象に出される事も多いようです。キラキラシンセも、絡み合うように挿入されています。

商業レビューでは、どうにもこの点がボヤかされている節があります。彼らの持ち味たる、煌びやかなギター&シンセフレーズの減退と、バラード含めたスローテンポ曲の増加は、歓迎出来ない傾向です。前作「Halo Of Blood」で見せた、フィンランドの雪景色を思わせる冷涼なクサメロ路線回帰・推進を期待した方は、円盤フリスビーのレベルでガッカリするでしょう。

僕個人としても、「これをチルボドに期待はしてなかった」という意見には同意です。しかし、「Blooddrunk」の失敗(?)を受け、意図的に初期に近づけたような*1「Relentless, Reckless Forever」「Halo Of Blood」よりは、目の覚めるアルバムでした。良くも悪くもインパクトの大きい作品です。僕のように、「Are You Dead Yet ?」路線がお気に入りアルバムな方には、割と素直に受け入れられるかも。

それでも、もう少しクサメロや技巧が分かり易く挿入されている過去作の方が好きかな…決して駄作ではないし、僕は好きだけど、積極的にはお勧めしません。

尚、限定盤特典は、カバー曲4曲と、レコーディング風景を収録したDVD。カバー曲はどうでも良いんですが(笑)、DVDはメンバー全員のコーラス(シャウト)の収録風景が映っていて、結構面白い。個人的には楽器演奏を見る方が好きなんですが、財力に余裕があれば是非こちらを。


*1:インタビュー等でアレキシの発言を読んでいる方はご存じかと思いますが、アレキシは基本、「心赴くままに」曲作りをするタイプで、何かテーマを決めたり、意図的に行う事はしていないとの事です。あくまで、僕が「そう」感じただけ。


#1:I Hurt



「In Your Face」路線の曲。リフもどことなく似ていますが、あちらよりヘヴィ。要所に配備された叙情フレーズがキマっていますね。メロディが「内在している」といった趣でしょうか。

#3:Morrigan



「一番、過去作っぽい曲でPV作れば良いんじゃね?」的な、レーベルの魂胆が見え透いている選曲。この曲も悪くないですけど、正直「My Bodom (I Am The Only One」とか、「Suicide Bomber」辺りで方向性を確認された方が良いかと思いました。リードトラックの「I Hurt」は、アルバム随一のヘヴィトラックで極端だし。


<個人的評価>
メロディー:☆☆☆
技巧:☆☆☆
ヘヴィネス:☆☆☆☆☆
お勧め:#2、#8、#10

TOTAL:83 (/100) 



来月は、更新出来ないかも…というか、多分無理です。もっと楽な職場行きたい…(苦笑)。出来た場合には、Trivim、Soilwork、Born Of Osiris辺りでしょうか。う~ん…


そんな亀更新ですが、今後ともよろしくお願い致します。
それでは(゚∀゚)ノシ


PS:
本日はこちら。



追い込まれ過ぎて、普段は殆ど聴かないフォークポップ路線に走る管理人(笑)。昔は友人の「ゆず」とか「19」好きをバカにしていたんですが…あ、友人は友人で、僕のメタルをバカにしてました(笑)。

19、流行りましたねぇ…みんなこの歌い方(仕草)、真似していました。

正直、この手の曲は好きじゃないんですが、何故か19の、この曲だけは当時から「良いなぁ」と思った記憶が有って。で、不図急に聴きたくなって、泊り出張当日の朝に、iTunesで購入。便利な時代になったもんです。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply