Fallujah (3rd)

こんばんは。


ここ最近、アーティストの訃報とか、病気による活動休止のニュースが何だか多いなぁ…と思っております。最近見てショックを受けたのは、Soft Balletの森岡賢さんが亡くなったというニュースと、BOOM BOOM SATELLITEが活動休止したというニュース。ただただ、「お疲れさまでした」とか「ありがとう」とか、そういう月並みの事しか言えないです。

と、暗い気持ちでいても仕方ないですね。レビューに移りますが、Fallujahの「Dreamless」




3rd) Dreamless ('16)

Fallujah_Dreamless.jpg


01. Face Of Death
02. Adrenaline
03. The Void Alone
04. Abandon
05. Scar Queen
06. Dreamless
07. The Prodigal Son
08. Amber Gaze
09. Fidelio
10. Wind For Wings
11. Les Silences
12. Lacuna


「神からの啓示:メタフィジカルメタル」と言えば彼ら、米国出身プログレデスメタルバンド:Fallujahの3rdアルバム。大手レーベル「Nuclear Blast」に移籍してから初となるリリースです。

基本路線は前作同様のアトモスフェリック・プログレデスですが、よりプログレ色を強めながらもキャッチー度を向上させるという、二律背反的な進化を遂げた点が、大きな特徴です。天を突き抜けていくように清涼感ある壮大なメロディーと、ブラスト&トレモロで爆走する重厚で苛烈なバカテクメタルサウンドの二つの要素が合わさった音世界は、完璧なまでに統一と整合が図られており、映画さながらのスケール感で聴くものを圧倒します。

デス/ブラック+アンビエント/エレクトロニカといった作風は、近年そこそこ見かける存在になっていますが、なかなか高尚で取っ付きにくい印象があります。Fallujahもそういった印象が皆無とは言いませんが、女性ボーカルのさらなる導入や美しいギターサウンドといった耳を惹く要素が多く、ある種の神格を保ったままリスナーを惹きつけることに成功していると思います。前作ではやや冗長に感じられる局面があったアンビエント要素も、今作では映画の幕間のように作品に溶け込んでいます。もはや、驚異的としか言いようのない芸当です。

無論、ジャンルの特性上、キャッチーと言いつつも、それ相当人を選ぶ点には、ご留意頂いた方が良いかも。流石にメロデスやジェント級のコマーシャル感を期待されると肩透かしを食らうでしょうし。あとは難癖レベルを捻り出せば、ボーカルとか各種技巧が楽曲に溶け込み過ぎて、思いのほか聴き流しちゃうとか、前作比でキャッチー度増・攻撃性微低下の感が有るとか…その程度でしょうか。

「ポスト○○」とか「アンビエント」あたりから連想される敷居の高さを気にされる方も多いかもしれませんし、これらの要素は一切NG!って方には、やっぱり勧められないです。決して万人受けするタイプではないと思いますが、傑作の一つである事にも違いありません。まずは聴きましょう!な、マストバイ作品の一つ。


#3:The Void Alone



仕事的に辛くてあんまりメタルが聴けず、実は購入してから暫く放置していました。そしていざ聴いてみて、これを聴いた瞬間、目が覚めたような感覚に見舞われました。プレイ動画見ると、こんなにアーミングしていたんだなぁ…と楽器弾けない管理人は思っておりました。


#4:Abondon




PVを初めて見たときは、あんまりパっとしなかったんですが、中盤の女性ボーカル導入後からの展開と、美しいとしか言いようのないギターソロに尿漏れ不可避。


<個人的評価>
スケール感:☆☆☆☆☆
プログレ度:☆☆☆☆☆
キャッチー度:☆☆☆☆
お勧め:#2、#3、#5、#12

TOTAL:97 (/100)




今週は出張ラッシュだったり、来週は飲み会ラッシュだったりするので、更新がまた途絶えがちになってしまうかと思います。深夜残業も増えてきたし、入社三年目にして「この仕事、いつまで続けるんだろう」なんて、甘ったれた事考えてたり…(汗)。

それではまた(゚∀゚)ノシ



PS:
本日はこちら



Bossfightという、スウェーデン出身のチップチューンバンドの曲より。Bandcampのページには、「ビットポップ」「フェイクビット」というチップチューンのサブジャンル名(らしい)が用いられています…あまり聴かない呼び名です。「Open Hexagon」というフリーゲームのBGMで使われています。

8bit風のピコピコシンセが奏でる、ダンサブルでキャッチーで、ノスタルジックでちょっぴり泣けるメロディーが素晴らしいです。良いなぁ、チップチューンは…過ぎ去ってしまった時間を痛感し、胸が押しつぶされそうです。気に入ったので、アルバムごと買っちゃいました。

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply