PreEmptive Strike 0.1 (4th)

こんばんは、レクサプロで作業効率爆上げの管理人です。

…やっぱり、ブラック過ぎて笑えないでしょうか?(笑)。

確かに、まだ治療中な所もありますが、もう、うつ病も持ちネタとして使っていく所存です(笑)。
尚、レクサプロってのは、僕が今処方されて飲んでいる抗うつ剤で、作業効率との因果は不明ですが、気持ち楽になった気がします。

それとは別に、うつ病経過の記録としての日記も公開しようかなと思いました。→うつ病記録【1】~発端編

本日は長らく放置していたPreemptive Strike 0.1の4thアルバムのレビューです。




4th)T.A.L.O.S. (2012)



preemptive strike 0_1_TALOS 

01. T.A.L.O.S.
02. Bedingungslose Kapitulation
03. Hubris (Infinite)
04. Omnivorous Lurkers
05. Titans Awake
06. Raketenschlag
07. Pierce Their Husk
08. Seasons in the Abyss
09. The Scorcher
10. Zeitgeist (Sub Specie Aeternitatis)
11. Invisible Invaders
12. Bedingungslose Kapitulation
13. T.A.L.O.S. (※Remix)


ギリシャ出身のEBM/ダークエレクトロ/アグロテックユニットの3rdアルバム。前2作は空中要塞というか機械兵器みたいなジャケ絵でしたが、本作は剣闘士二人がガッチリとクロスを見せつけるちょいダサいジャケ。何か色んなアーティストが参加しているらしいですが、詳細は分かりません*1

彼らの持ち味はEBM特有のハイテンションビートと、エフェクトウガイボーカル、サイバー&トライバルなSEでしたが、本作ではのっけのリードトラック:#1からエンジン全開のキラートラック。#3なんかでも、族楽器風フレーズも取り入れ、地中海のカラっとした陽気も取り入れ、ダークだけどコミカルな独自性を演出の要素もこれは期待持てるぞ!

…と、結論から言うと、良いアルバムなんですけど、要所要所に挟まれるスローテンポの楽曲が、イマイチ。「暗黒電撃音楽日記」様では、彼らのサウンドをチャリオット(古代の戦争で使われていた戦闘用馬車)と表現しており、まさに言い得て妙。確かにスロー/ミドルテンポの曲も、勇ましい力強さと重厚感を持っているのですが、ダンサブルでハイテンションな楽曲の後に、手押し大型戦車のような曲が並ぶのは、構成上あまりよろしくないかな…と。

まぁ、こういった楽曲自体は、ダークエレクトロの特徴なので、この手のリスナーは気にならないのかもしれません。が、元々EBMやトランスといったダンサブルな要素を好む僕としては、何となくキラートラックがボヤけた、不鮮明なアルバムに感じました。前作でも、勢い・グルーヴを殺してしまうスローテンポ楽曲がイマイチ…と書きましたが、その印象は前作以上に強いかな、と。

とは言え、曲自体が悪い訳ではないし、不気味さを演出した#9なんかも悪くない。前知識持って購入される分には、なんら問題無いかと。ただ正直、高品質だけど、#1の最大瞬間風速が凄すぎて他が霞む可哀そうなアルバムだとは思います(笑)。

*1:僕のiTunes購入では、曲目しか掛かれていないのですが、色んなアーティストがフューチャリングされているみたいです。「暗黒電撃音楽日記」様の記事に詳しく記載されておりますので、ご参照下さい。→http://bloodline242.jugem.jp/?eid=2097


#1: T.A.L.O.S.




エンニャーハンニャー朝まで踊り明かそうぜ~…ハイテンションナンバー。サビまでの導入が堪らない。


<個人的評価>
強迫性:☆☆☆☆星 
テンション:☆☆☆☆☆
緩急バランス:☆☆☆ 
お勧め:#1、#3、#9、#11 

TOTAL:86 (/100)




次回更新は、Dopeのアルバムとか、気分次第で取り上げて行こうかなと思います。定期更新はお約束出来ない現状ですが。

それではまた。


PS:
今回はこちら。




The Policeの代表曲「Message in a bottle (孤独のメッセージ)」です。この間、NHKの「SONGS」で聴いて、「良いな~」って。

…これ、Machine Headのアルバム:「The Burning Red」にカバーが収録されている所為で、ずっとMachine Headの曲だと思っていました。恥ずかしい…(笑)。随分雰囲気違うなぁ、と思ってたし、あのアルバムの中でも印象に残ってた曲だったので。同様の事が、Metallicaの代表曲「One」でもありました。(※Kornがアルバム「Take A Look In The Mirror」内でカバーしていた。)

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply