うつ病記録【3】~夢の話編~

どうも、病休を謳歌して復職プログラムでの交流を楽しんでいる管理人です(゚∀゚)ノシ

…ブラックなのか、そうじゃないか分かりにくいネタ出すなって話ですよね(汗)。


この記事は、元々知人向けに執筆したものでした。が、ツイッターを眺めていると、世の中に沢山、僕のようなうつ症状や、適応障害、統合失調症といった、所謂精神病で苦しんでいる方が多いんだな、と気づいた次第で。

本エントリーは、そういった方の何かしらの参考になれば、という想いと、僕自身の記録として残しておきたいと思います。

ここは「僕が見た夢」を羅列するだけのページです。そして自分自身の考察とか意味を問いかける場としています。セルフ夢分析です。

勿論、音楽は関係ないので、興味ある方は、追記欄よりご覧頂ければ幸いです。


注意:読む事で自信に強い影響を受けそうだな…と思われる方は、読まないでください。また、下ネタが含まれていますので、ご注意下さい。


再度注意:読む事で自信に強い影響を受けそうだな…と思われる方は、読まないでください。また、下ネタが含まれていますので、ご注意下さい。

今回は、うつ病期間中に見た、夢を連続で記録する回です。元々、(0)以外は、別カテゴリーで更新している「自作RPG黒歴史」をmixiで公開するに辺り、冒頭の近況報告と兼ねて、あらすじとして公開していたものです。多少編集していますが、基本抜粋です。



<2016年12月~2017年1月>

夢(0):休職最初期:(12月)~無色編~


…つまり、全く夢を見ていません。夜22時に就寝、朝9時に起床して御飯、ボーっとして12時にご飯、13時~16時まで昼寝、ボーっとして18時30分にご飯、入浴してボーっとして、やっぱり夜21時~22時に就寝。

一日の半分以上を寝て過ごしました。

にも関わらず。

この間、まったく夢を見ていません。

一週間ほど。


これ、睡眠薬(通称、眠剤)が処方されている所為もありますが、会社の産業医曰く、「眠剤の効果だけじゃないと思います。体が休みを欲していたって事だと思いますよ」との事。

まぁ、この時期の直前は、夜2時に寝て、朝6時に起きて…その寝る前も、もう「死ぬか辞めるか、ただ明日が過ぎることを祈って」寝るって感じでしたしね。


夢(1):1月上旬~復帰への不安編~


今回の記事は、あらすじで書こうとしていた夢の話が、思ったより長くなったんで、記事にしちゃったって話です。

続けて読まれている方は分かる通り、下ネタはもう自重しません。ので、「インポ・オナニーネタとかキモイ」と思うなら、読むの止めて下さい。特に後半。あと、前半はかなりシリアスでブラックです。うつ病の人って、こんな事も考えるんだって程度で流してください。周りに抑うつとかの人居たら、理解の参考にしてください。自分に波及しそうな人は読まないでください。


では。


先日夢を見ました。建物のロビーらしき所に、僕が入ってく所からスタートするんですけど。

目の前には何故か大学時代の友人が居るんですが、どうやらうつ病が完治して久々に登校したところだったようです。「久しぶりー」「大丈夫だったかー」「まぁこっち来いよ」みたいな感じで、口々に迎えてくれる訳ですね。研究室の友人っぽい。多分、同期から結婚式の招待受けてた事とか考えていたからかな。

「お前居ない間に教室変わったからー」みたいな感じで案内され、授業を受けるんですが…「数学δεζ…(何か読めない)」…なにこれww謎の学問wwそもそも文字読めねぇぞ、俺居ない間に何有ったの!?みたいな。

でもまぁ、何とかなるべ、となりに教科書見せてくれる友達も居るし…

…みたいな所で夢が終わる訳です。


夢の内容って、カオスで荒唐無稽な事が有りますが、うつ病以降の夢は、リアルへの願望とか不安がハッキリ反映された夢を見ることが多い気がします。というより、そう認識出来ることが増えました。

この夢も、結局、不安と、寂しさと、復帰への意志みたいのがごちゃまぜになったものかな、と思っています。


人と関わりたくないとか、人が居ない所で仕事したい、と言いつつ、結局人との繋がりが切れず。

追いつき追い越せ、と思いながら、現実には付いていく事すらままならず。

二次元嫁で良いリア充爆発しろ、と言いながら、本心では幸せそうなカップルを見て羨ましいなとか、凄いなとか思いつつ。

ちゃんと伝えたかった、と思いながら、言葉すら発せられずに終わり。

生きていくって難しいな、なんて思ったり、それでもやっぱり生きている方が楽しいな、とも思いつつ。

誰も要らないって思いながら、誰かに必要とされたかった、と思い。

一人で居たいと切に願いながら、一人で死にたくなかったし、死ぬ勇気も無かった。



まぁだから死なずに済んだんですけどね(笑)。いや、笑えないですね。
そんな勇気、持ち合わせて無くて良かった。


辞めようと思った時思い浮かんだのは、仕事でとあるシンポジウムに行った時に記憶。同業者とか色んな方と交流したのが楽しかった記憶、だったりします。

あと、僕が辞めたり死んだりしたら、ショック受ける人も沢山居るだろうな、と。主に家族が。

まず、死んでまで親に迷惑掛けられないな、とも思った。

公共施設とか列車はマズイ。洒落にならない。

山海も捜索費用が…。自宅は勿論ダメだ。

会社か?会社が良いな。本社でやれば、曰く付き物件になって一番ダメージが行くだろう。

でも、それだと親に慰謝料?とか賠償金?請求されたらマズいよな…

証拠も集めないと…「我々に責任無い」「認められない」なんて言われたら死に損だ。

それだけは許さん。絶対に許さん。

でも、そんな気力もない…


その前に、会社のデータ、全部消してやろうか。
でも、バックアップが有るから無意味か…やっぱり親に賠償金とかいったらマズいし…

こういう、変な所で陰険で冷静だったんですよね。苦笑。

だから選択肢が選べず、おかしくなるまで行っちゃったんでしょうけどね。

でも結果的には、辞めず死なず通院…という選択肢が正解だったみたいです。 いや、ホントに正解だったのかな?この辺は、後になってから分かる事かと思います。


誤解無いように言っておくと、会社内にも味方が沢山居ました。「あの状況じゃ、そうなるよね」って言ってくれる人が沢山居たし、上司の理解も有る。何より、一番は、電通の一件だと思います。 

こういう言い方は良くないと思いますが、敢えて言います。電通の一件が無ければ、僕に対してこの対応は無かった、と考えています。何となくもみ消し、何となく復帰し、遅かれ早かれ、僕の頭が手遅れになるまで完全におかしくなっていたと思います。


レビューブログでわざわざ公開する話じゃないんですが、「あの時こんな事書いてたんだ恥ずかしいいいいい」って思えるように、残しておこうと思います。そしてそのマスベーコンテンツ記事を公開するマゾがここに居ますです。

尚。

その後引き続きみた夢は、僕が何故か女湯に紛れ込んでる夢です。

ここから本編。


夢(2):(1)と同日~女湯でチ○コボロン編~


引き続きみた夢は、僕が何故か女湯に紛れ込んでいる夢です。

僕は当然裸。何か女の子がぞろぞろ入ってきそう。裸なのは確認出来るけど、隠れて遠目で確認しているので、見えない…くそっ…夢なんだから隠れずガン見すれば良いのに、こういう所に生来の生真面目さが出てしまう…っ

僕の性癖暴露大会になりそうですが、なぜか女子風呂とか女子トイレに紛れ込んでいるって夢率、やたら高いんですけど(笑)。そういう願望って事ですか?ハーレム物少年漫画ですか?僕、、「ToLoveる」とか意外と読みませんよ?JPEGも一枚くらいしか無いし。

ちょっスコポフィリア(窃視性愛)とかじゃないんで、通報しないでください。ちゃんと合法のAV見てます、撮影の舞台裏とか、AV女優さんのにこやかなオフショットとか収録されているタイプ好きです、「恥ずかしいですよぉ~」「恥ずかしいね、こんな所見られて…」「いやぁ~ん…」とかカメラマンさんとやり取りしたり、あと「もう…ぐちょぐちょになっているよ…」「あぁ~んいっちゃうぅうぅうぅ~」とか三文芝居やっているの見るの好きです。(謎告白)。


「やべ!みんな(←誰やねん)入ってくるよ!!」。そのお風呂は、「千と千尋の神隠し」みたいな、何か複雑な迷路みたいな感じのものをイメージして下さい。風呂とシャワー室が混在してます。

で、友達?と思しき可愛い女の子(当然裸)が何故か僕の隣に居ます。見覚え無い子です。モデルは何だろう…ともかく、何故かその子を引き連れて、何故か個室へ逃げ込み。やる気まんまんか。いや、そんな度胸無いんで、多分、夢でも気が動転してんでしょう。

で、です。次の展開と言えば、もう、アレでしょう。個室に男女二人ですからね。裸の男女二人が密室に居るんです。いくらヘタレのルチタンでも、何か有るでしょう。何よりここは夢の中。ここからお楽しみの展開ですよ。This is the time to act....やったぜ。

ここで終われば、まだ良かった。

「実は私…(ボロン…)」

…何やこれ。チ○コ付いとるやんけ。しかも無毛。いや、毛の有無はどうでも良ぇんや、そりゃわい、ぶち切れるわな。なんで女湯に居んねん(人の事言えない)。「は?出てけや汚ねぇから。」。一瞬で消えたわ。

…気が付くと周りにも屈強な男…(ボロン…)…男湯に辿り着いたのか…いや、それが正解だよ。大正解だけどさ。夢なんだから、もう少し夢見させてくれや…。

僕、同性愛は否定しません。僕は同性(=男性)には興味ないけど、BL好きも否定しない。人の趣味さ。男が男を好きでも、女が女を好きでも一行に構わない。双方の合意が有れば良いのでは?と思う。

だが、「男の娘」だけは許せんのだ。これも好きな人は一向に構わない。だけど、それをそれと分からない形で表紙作るのは絶対許さんのだ。釣りやがって…(←釣られやがって…)。期待して開いたら、棒付きタワシとか。どう見たって女の子なのに、なんで"付いて"んだよ。ふざけんなコラ。トラウマが蘇るわ(謎告白2) 。

目の前が暗くなり、目が覚めました。その時間、朝7時。規則正しい!


…俺の願望、女風呂侵入かよやべぇよ。体は反応しなくても、心は正直…ってことかよ…?(エロ漫画のセリフ風に)。

てかこれ、もう犯罪者じゃん。でも許してくれ。今の俺は…オナキン・チカイ・ウォーカーだから…出ないから…むしろ一番無害な状況だから…
(※前回記事を参照)

一応、言い訳ってか補足ですけど、これ多分、寝る前に幕末志士の生放送(「爆笑男」の裸踊り差し替え前)見たからだと思います…ギャランドゥとか言ってたし。とりあえず、全体公開の方の動画を紹介しておきます。


【幕末志士】爆笑男【実況プレイ】




夢(3):(2)の翌日~女子トイレで全裸う○こ編~


当然のように、女子トイレに潜入している夢を見た。

しかし、僕が居るのは個室。座っている。ドアが開けられる。

「え?なになにぃ?(坂本風)」

僕はう○こをしていたのだった。
眼前に広がるは、僕がう○こをしているのを見られている光景。

「あれぇ!?これわぁ!?(坂本風)」

それは、女子トイレに居る事に気づかず、う○こをしている夢だった。周りの女子は…明らかに敵意と…軽蔑の念を送っている。

「これは、一体?(坂本風)」

これはまずいぞぉルチタン!確かに僕はう○こをしている夢をよく見る。別に「昔(大学時代)取った杵柄」、つまり下水道専門だからという訳ではない。ただ、よく、トイレからう○こがただ漏れる夢とかを見る。そして、僕は女の子の裸を見るのも好きだ。

が、だからと言って、それを組み合わせて良い訳ではない。ス○トロの趣味など無いし、ましては女の子に裸でう○こしている姿を見られる趣味など無いのだ。一片も持ち合わせていない…これは一体?寝る前ちょっとお腹が張っていたなぁ~…と思っていた事と関係が有ると言うのか。

これは一体?(2回目)

…何を暗示していると言うのだ

…そして私は、どう生きて行けば良いのか…


これ、どう収拾付けるの!!??


・・・・

今日の目覚め。う~ん、4時30分!ちょっと早いかな。

以上、「オナキン・チカイウォーカー」改め、「オナニイ・シニクイノーカー」の夢でした。

「あれ?俺完全にオナ禁してないから、オナキン・チカイブレーカーだよな、むしろ」と、この名前を今朝の4時30分に思いつきました。…頭オカシイんだよなぁ… 



夢(4):1月中旬~サークルと会社混じりこ編~

…もとい、僕が見た夢ベストセレクション兼近況報告。当然、長文&下ネタ注意。


今度はサークルの夢。数日前の夢です。

…の割に、会社の後輩とか混ざってたのは、先日出社した際に、久々に色んな社員と話したからでしょう。その時のやり取りは以下。

社員A:「元気そうで良かったわー。」
ボク :「ご心配お掛けしております。」
ボク :「もう少し休職期間、伸びちゃいそうで…。」
社員A:「なぁんも良いのよー。それはー。」
社員A:「俺達で何とかするから。今はゆっくり休めー。」
社員B:「まぁたお前、根詰め過ぎたんだべ?」
社員B:「テキトーで良いのよ、テキトーで(笑)」
(※社員Aは同じグループ、社員Bは部署は同じだけど、違うグループです)

という感じです。やっぱり恵まれているよね、ジッサイ。  

で、夢の話ですが、何だかサークルの合宿中みたいですが、僕の寝起きだけやたら遅いんですね。これ、「睡眠薬効き過ぎワロタ」って、朝ボ~っとしているのを気にしている所為でしょうか。目は毎日7時ピッタリに覚めるんで、無理矢理起きていますけど。

で、他のみんなは既に朝ごはん食べてます。旅館の食堂は定食屋みたいななんだね。で、男女分かれて座っているんですね。そんな仲悪いサークルじゃなかったと思うんですけど(笑)、まぁ僕はちゃっかり女の子の方に行こうとして、「空いてねぇな…」と、端っこの空いている席行きました。

そして…

カ○リーメイトで済ませる気です。確かにバランス栄養食ですけどね!合宿の朝ごはんをカ○リーメイトで済ませるってのは何でしょう?遅起きしたのを気にしているんでしょうか。おいしー!!(学園ハンサムのたくや風)

で、どうやら帰りのようで、車に乗るんですが…

「ルチさんは後ろの方が良いですよね?○×△◆…(聞き取れない)」

夢ん中でも、何か体調悪い設定なんでしょうか。うつが周知されている設定なのかな。いずれにせよ、気遣ってくれている訳です。身に沁みる!ありがたい!!

でもこれ…率先してんのは、何故か会社の後輩だったんですけど(笑)。まぁ、引退して相当経つしなー。サークルの後輩ったって、百人近く居るしね!。…ごめん、盛った。見栄張ったんだね。仲の良い後輩が限られていた所為だね。片手で数えられるくらいしか居ないんだね……悲しくなるなぁ~もう止めて良いかな?この話。

とりあえず、夢の中でもありがとう!K君!
(※会社の後輩。尚、休職後は気まずくて会釈くらいしかしていないし、勿論マイミクにも居ない(苦笑))

で…です。

なんで、後部座席4人、中部(?)座席2人なんですかね。普通、3人3人じゃないですか?せめて2人4人じゃない?ギュウギュウだし、僕なぜか座席に対して縦方向で座ってるんだけど。謎体勢。そして、なんで僕浮いているんですかね。

そして、前の座席の女の子も何故か同じ向きで浮いている。つまり隣に居るんだね。なんか顔近い。

可愛い僕のタイプです。どことなく知っている子だけど、夢の中だからボンヤリしてて分からない。分からないけど、可愛いのと、元のモデルは分かる(一応、それは伏せるよ)。

で、目と目が合って、ちょっと気になっちゃっているんだね。お話し出来そうかな…とか、何話せば喜ぶかな?とか、ドキドキしちゃう訳です。ごめん、(上手く行った)経験無くて、分かんないんだ。こういう時どうするのか。見知っているなら普通に話しゃ良いじゃん。発想が完全に童貞なんだよなー(自明の告白ぶっ込み)。拗らせているんだよなー。魔法使い寸前なんだよなー。


…だからイケるかもしれないタイミングを毎回逃すんだよなー…あ、オ○ニーの話じゃないですよ?(←うぜぇ…)



ほらね、ここで目覚めるでしょ↓

こっからクライマックスじゃん。夢なんだから、押し倒すくらいの事したって、誰も傷つかないじゃん。もうちょっと淫夢になっても良いんじゃないですかね?なんでこういう時に、目覚めるんでしょうね。こういう時に、地の生真面目さが出ちゃうんだよなぁ。

それだったら、前々回の夢「男の娘チ○コボロン編」の方で目覚めてくれませんかね…(ホントに生真面目なヤツは、そんな夢見ないよ)

あ、起床は朝5時でした。徐々に連続した睡眠取れるようになってきましたね。


それと、一応言っておくと。

女の子成分が不足しているのは事実だけど、休職中にも同級生の女の子とか会社の同期(女の子)に会っているんで、突然若い女の子に会って発情したりするほど、溜まっては居ません(爆)。

あと、今は完全オナ禁状態じゃないから。定期的に発散してるから。万一の時もね。あれです。遅漏状態だから。避妊とかある種万全だから!そもそも相手も居ないしね、人畜無害極まりないね!HAHAHA!!

…止めて良いすか?このコーナー…


夢(5):1月下旬~職場の突発調査業務編~


いよいよ舞台は職場


うつ病は治った直後って設定みたい。で、これから泊まりの調査みたい。みんな作業着着ています。展開早くね?

え?てか今日からいきなりですか?聞いてないんですけど(笑)。そもそも、療養後即調査って、どうなの?って所ありますが、社会ってそんな甘くないですよね。「治ったんでしょ?じゃあ100%働いてもらうよ。」てのが、普通ですよね。

以前触れたとおり、仕事量と人間関係でうつ病になったんですが、主原因の先輩:通称カッパが調査に参加するのかどうするのか、確認しているんですね。…居るみたいです。嫌だなぁ…殴りてぇ…

そう。前までは「(何話しても怒られるから)話したくない」だったけど、今は「(腸煮えくり返って)口ききたくない」って段階なんですよね。

かと言って。

そもそも、迷惑掛けているのは事実。正直、どう接するのが最良か、女の子のおっぱいとかお尻の事とか考えている頭の片隅で、ず~っと、考えている所です。コイツにだけは頭下げたくねぇなぁ…(爆)。皆さんなら、どうします?

で、ところで、夢の僕。ようやくここで気づくのです。

作業着着ていないよね?って。

…これ、まずくない?本格的にまずくない?今日調査なんでしょ?僕一人スーツビシィ!って着ているんですけど。え?午後から?じゃあ午前中着替えに行けば…いや、仕事も有るし…自宅に電話掛けて、親に持ってきてもらうしかないか…?



目覚め、朝6時(就寝12時)。2時に若干覚醒しましたが、大分正常になってきました。


…えぇ。オチ無いんです。

これこそガチの夢じゃん(苦笑)。笑えないやつじゃん。一番リアルなやつじゃん。読まされても困るタイプのやつじゃん。これは西郷さんからドクターストップ掛かるわぁ~。あ、僕相方居なかったわ。一人だったわ。ははっ。だよね、ジッサイ。


…もぅホント止めて良いすかね?(恒例の坂本風〆)




以上、うつ病治療初期?の夢でした。

こうして記録すると、少しずつ気持ちが変わってきているのが確認出来ますね。




<2017年2月>

※ここからは、新規書下ろしです。


★夢(6):2月上旬編(2) ~先輩に逆襲編~



舞台は会社のロビー。うつ病の原因となった先輩:カッパと出会う所からスタートしています。この男、人をこんな目に合わせて置いて、能天気に話しかけてくる訳ですね。

カッパ:「ルチ君久しぶりー」
ルチニ:「・・・」
カッパ:「ちょっと話、あるからさ、そっちに…」
ルチニ:「その前に、フロア、行きましょうか?」
カッパ:「え?」
ルチニ:「いや、タイマンとか、かなわんですわ。」
ルチニ:「みんな居る所で、ヤリあいましょう。」
カッパ:「あ…」
ルチニ:「腹割って話しましょうや!!!」


…何この狂暴性の塊の夢(笑)。夢見悪いし怖いわ(苦笑)。

まぁこれもうつ病回復の兆しなのかとも思った。実際に、反撃にむけた力が湧いてきた一方、それはそれで過度になると不健全かと思ったので、お医者さんとかに相談しました。


★夢(7):2月上旬(2)~想い人雨あられ編~


あんまり繋がりは分からなかったんですが、小学校低学年のEちゃん、高学年のYちゃん、中学校のNちゃん、大学のKちゃんと、好きだった子が順に出てきて、仲良くしている夢でした。特にHな展開も無く、場面がコロコロ変わって、状況もよく分からなかった。

多分、自作RPG黒歴史編でのナツメグちゃんの説明を書いてたのが原因でしょうかね。

まぁちょっと昔話をしよう。

◆Eちゃん
Eちゃんは、僕のことを独自のあだ名で呼ぶ女の子だったんだね。ポニーテールだったかな。割と活発な女の子だった。で、「好きな子居る?」って話になるとさ、僕純粋培養の男の子だったから「内緒にするから」って言われて、正直に言って、速攻でバラされるってのを繰り返していた。学ばないんだなぁ…このEちゃんは、「自作RPG黒歴史」で語ってたキャラ:エリサのモデルだね。

Eちゃんは僕から好かれていた事は知っていたんだろうけど、僕から特別何かした訳じゃないし、僕もその後直ぐ転校しちゃったんで、話はそれっきり。

そして実は高校の頃、塾で「ルチ君、Eちゃんって知っている?」「私、今同じクラスなんだよ」って言われました。まさかEちゃんもその後転校していたとはね!この運命!!

で、その時僕も何かリアクション取れれば良かったんだけど、僕は高校受験失敗で傷心だったので、「そう…(無関心)」みたいな態度しか取れず。折角話の切っ掛けをくれた彼女には、申し訳ないことをしました(苦笑)。


◆Yちゃん
Yちゃんは、転校先で初めてクラスとグループが一緒になった女の子。ちょっと照れ屋なんだけど悪戯っ子なんだね。図書室の掃除とかしている時、二人で追いかけっ子してた記憶があるな。今思い返しても、人生で一番くすぐったい付き合い方してたな(笑)。会って直ぐ仲良くなったんだけど、何故か途中で疎遠になった記憶がある。

それは多分、特殊学級から普通の学級に上がったY君と僕が仲良かったから…じゃないかなと今なら推測する。僕が転校したタイミングと、彼が普通の学級に進級したタイミングが同じだったから、僕は暫く気が付かなかった。

重要なことは、彼は障害者ではなかったけど、特殊学級(養護学級)に居たってこと。

それは色んな事情が有ったんだと思う。彼は所謂母子家庭で、内気で、精神的に少し不安定…ていうより、コミュ障気味だったのかな。不安になると直ぐ嘔吐しちゃう子だった。運動も勉強も苦手みたいだったけど、それ以外は普通。言語障害とかは無かったし、突然暴れたりとかもない。転校したての僕にとっては大切な友達だったんだよね。殆ど彼とばかり遊んでいた。

やっぱり家庭事情故か、ゲームなんて持っていなくて、当然僕より下手。でもお互い楽しめないのは嫌だから、対戦ゲームなら接待プレイ…じゃないけど、ふざけたプレイしたり、二人で1つのアクションとかRPGを交互にやっていたりしたかな。あと、「友達と遊ぶ用のデータ」を用意していた。「アイテムを使いまくるデータ」みたいな感じでね。

進級してクラスが変わっても、彼とだけはずっと同じクラスで、進級に伴ってどんどん友達も増えて行った。でもそのY君と仲良くしてくれる人は限られていて、やっぱりヨウゴ(今で言うガイジ)扱い、つまり差別をする子も居た。

それが原因で絶交した友達も居た。Y君に対してだけ意地悪をしている事に気づいて。許せなかったんだよね。あと、最初は僕と普通に接してくれたのに、友達にY君が居るのが分かった瞬間に、態度を変えた子も居た。勿論、そんな僕らとも仲良くしようとしてくれる友達も居て、内K君って子は、今でも付き合いがある友達です。

Yちゃんは、友達は居たみたいだけど、クラスの中心って訳ではないし、積極的に差別をする側でも無い。良くも悪くも。だからきっと接し方が分からなかったんだと思う。僕がもし同じ立場なら、きっと困惑しただろうな。

こういう生い立ちなんで、僕は「ガイジ」とか「ヨウゴ」って言葉が凄く嫌いです。とは言え、嫌うのは人の勝手だとも思うよ。僕は「友達の友達=友達」だけど「友達の敵≠自分の敵」って哲学があるから。皆と仲良くする必要もない。ただ、程度・限度はあって、「嫌いだから付き合わない」のは自由だけど、嫌いだから虐めるってのは、止めた方が良いと思う。それが人間社会のルールだから。私見ですけどね。

実はYちゃんの後、Mちゃんって子と良い感じになった事もあって、それがかなり噂になった。小学校のお遊戯会で配役で久々に有った時も、仲良く話はしたんだけど、少し距離が有った感じかな。

ただMちゃんの話はちょっと割愛。正直、彼女には随分酷い事言ったし、不誠実な事したなって思っていて、贖罪的に僕は童貞なのではないか…と思っている節も有って(苦笑)。いや、僕がイケメンじゃない事実は否定しないけどさ(笑)。恋愛経験も無かったから、どうすれば良いか僕も分からなかったし、自分が恵まれ過ぎていて、他人の痛みに気が付けなかった。きっと良い子だから、もう結婚しているんじゃないかな。幸せになっていると良いな。

◆Nちゃん
中学生の頃好きだったNちゃんは、「自作RPG黒歴史」読んでください。詳細に書いています。無事失恋しました。ごめんねNちゃん、でも僕はキッチリ断ってもらってスッキリしたよ(笑)。

◆Kちゃん
大学生の頃好きだったKちゃんは、現在進行形で引きずっている部分もあるのと、本人が読めば流石に一発なんだけど(笑)、読んでるかどうかも分からないし、悪い事書いてないから良いよね。文句あれば、コメントか連絡か下さい。消します。

ツイッターで偶に話している「Throbbing Gristleを知っていた女の子」とか「Skinny Puppy、結構良いですね」って言った子ってのは、この子の事です。

初めて有った時に、趣味で意気投合したのを覚えている。その時はまだちょいダサな感じだったんだけど(笑)、そこがまた良くてさ。それに僕は直ぐ「この子、磨けば可愛くなる」って思ってた。小さくて可愛くて。そして、みるみる内に可愛くなって、1年経つ頃には、サークル内でも一気に人気出たかな。

思い返すと、「僕はKちゃんのどこが好きなんだろう…」って、一時期結構悩んだんだよね(爆)。他のどうでも良い人の良い所なら、何個でも出せるのに、その子に関しては「好き」以外何も出てこない(爆)。恋は盲目ってこの事なのか、それともうつ病で思考が鈍っていたのか、今となっては疑わしいんだけど(苦笑)。

色々分析してみたんだけど、天然なんだけど実は頑固だったり。ニコニコして優しいようで、全然こっちの事意識してない…。ある種猫的な気まぐれ感に惹かれたんだと思う。あと何より、僕にとって初めてのサークル活動で、初めての後輩…っていう、特別感が有ったんだよね。

入部して、沢山後輩は出来たけど、僕が関わったり、一生懸命教えた後輩は、結構辞めちゃって。残った後輩で慕ってくれた子も沢山居たけど、彼ら残ったメンバーは、即ちつまり中核だったんだね。僕、飲み会とかお酒苦手だったし、サークルでは会計(および会計監査)て立場で、中心から一歩引いた所に居た。一番最後まで残って、プライベートでも仲良くしてくれたのは、男女含めてもこの子だけだった。僕にとっては、ね。

僕がヘタレだったのは間違いないけど、そういう特別感…友達としても付き合いたいし、異性としても付き合いたい…みたいな、アンビバレンスが、気持ちを鈍らせたのは間違いないです。

あと、目が少し特徴的で、興味ない話聞いている時は、実は目の向きだけで分かるんだよね(笑)。でもすごく惹かれている時は両目でこっちをシッカリ見ていて、ドキっとするのさ。…もしかしたらすごく差別発言かもしれない。気を悪くされたら申し訳ないんだけど、僕が言いたいのは、それも含めて特徴だと思うって事。

その後少し距離が近づいて、アプローチしたんだけど、どうにも僕が何か悪い事をしたのか、それともアプローチが愚鈍過ぎたのか、嫌われてしまったみたいだね。ハッキリ何かを言われた訳ではないと思うのだけど、みるみる楽しく無さそうになっていくのは、鈍感な僕でも分かった。

そして、それに対処出来なかった。童貞なのは知っていたはずだから、そこが原因ではないと思うんだけど(爆)…正直、理由くらい知りたかったかな。仕方ないけどね。

ただ、気にしているのは、彼女と最後に食事したときは、僕が第一次うつ病になる1か月前の時だったから、もしかしたらホントに頭オカしくて、変な事言って傷つけていたんじゃないかなって事。第二次(つまり休職)に至ったのは、その2ヶ月後で、この時はまだ正常だったと思うんだけど…(笑)。



★夢(8):2月中旬(3)~血・呪・無味編~

自分の家まで呪符がびっしり続いている夢。

どうやら「血」とか「呪」とか書かれている模様。勿論赤字。場所は小さい頃住んでいたアパートみたいな所…コンクリート壁が特徴的なんですが、どちらかと言うと、廃墟みたいな感じなんですよね。


僕は404?か402号室設定。403号室の隣人に声を掛けると、怪訝そうに一瞥され、扉を閉じられる。「え?」と戸惑いつつ、ビクビクしながら、自分の家の扉を開けると理由がハッキリする訳ですね。

呪符は自分の家の中へと続いている

え?何これ…

あ    あ …



という訳で、凄い勢いでうなされていたらしく、気付いた母が起こしに来てくれました。

これ、「復職が怖い」とかじゃなくて、多分「幕末志士」の「高校黒歴史」の無味の所為だと思う(笑)。


→リンク(「高校デビューに失敗した男の悲惨な1年間を語る」


★夢(9):2月中旬(4)~普通に仕事編~

うつ病の元凶となった先輩:カッパや、上司:ジャックナイフと普通に仕事をしている夢。資料をコピーして、製本(ファイル作成)をしている過程みたい。普通に話しています。

やけにアッサリしている夢なんですが…

恨みつつも、本当は何も無かった今まで通り、仕事がしたいと思っている願望の現れなのでしょうか。

まぁうつ病の原因は2:8くらいでジャックナイフ:カッパ…って感じなんですが。

最初のころ、僕はカッパを信頼していて、「尊敬できる先輩」に挙げていた。だから「え?こんな人なの…」と、本性を見抜けなかった自分に失望した部分も大きいし、再三指摘されていた点を改善出来なかった部分や、期待に応えられなかった部分もある。

「アイツが居なければ、こんな事にならなかった」と思う一方、「相手を責めるばっかりじゃいけないな」って部分も、正直有る。そして、そこから目を背けている部分もある。勿論「病院行けや」って言われたお蔭で、結果的に重症化せずに済んだって事もあるけど(笑)、それはまた別の話だと考えている。

一時期は名前を聞く・声に出すだけで吐きそうになるほど、強い吐き気を催したこともあるんですが…そういう人と、もう一度どう向き合うか。

これが今後の課題かと思っています。社会人だもんね。

ある種、正常になってきた部分もあるということでしょうかね。


★夢(10):2月中旬(5)~小学校の同級生のんたんとイチャつく夢~

…なんで今更?って感じなんですけど(笑)。

のんたんは小学校の同級生です。Nちゃんって書くと被るから、とりあえず、「うさぎのノンタン」からとってのんたんって表記するよ。

小柄だったけど、新体操か何か習っていたのか、体育が得意だった記憶があります。動き易い服装が好きみたいで、スパッツとか短パンとか、股引みたいなピタっとした服装をしている事が多かった。

彼女との関係は、「友達未満知り合い以上」くらいの感じで、班とかグループが一緒になった時とかに話す程度で、休み時間は別の子と過ごしている事が多かったかな。Nちゃんとは友達…ではない。仲が悪い訳じゃないけど、どちらかと言えば、じゃれあって叩き合って、時に喧嘩して…て関係でした。リーダー気質で狂暴女!って感じのポジションだね。…痛かったんだよなぁ…(笑)。

ただ、「スパッツから浮き出るお尻が良い感じだなぁ…」と、子供ながら目が釘付けになってた。何かパンツ履いてないんじゃないかってくらい、妙な食い込みがあって(笑)。やっぱり小学生は最高だぜ!って言葉は、僕は小学生ながら思っていたぜ!顔もまぁ、今から思い返せば、可愛い方だったんじゃないかな。

これは薬の効果で若干オナキン・チカイウォーカーになってたんで、欲求不満のウォンチューになってたんでしょうね。

…もう少し正確に話すと、それほどエッチな夢ではなかったんです。何か手握ったり、「ギューッ」てしている夢。何かうつ病だからなのか、結構寂しいんですね。だからそういう夢を見たのかもだし、そっち側から「そう言えばお尻…」みたいに結びついたんだね(笑)。


★夢(11):2月中旬(5)~黒塗りの高級車とホモとロリっ子と編~

僕は何故か黒塗りの高級車集団の一員。この「黒塗りの高級車」については「淫夢」とかで検索掛けて欲しいんだけど、とりあえずヤクザ&ホモ集団って解釈して欲しい。

まず夢は、団員の一員が道路脇で昏睡状態になって、救急車を呼ぶ所からスタートする。「読んでも意味が無い」とか何かよく分からないやり取りをしているんだけど、結局119番して、その団員を病院へ搬送する訳だね。

で…ここからアジトみたいな所に戻るんだけど、そこがカオスなんだね。

まず、1階では団員にロリっ子2人が悪戯されている訳だね。体格的には中高生って感じでしょうか。寝る前にこの上の夢(11)でのんちゃんのことを書いていた所為なんだろうか?(笑)。レイプって感じの酷いものではなくて、とりあえず裸にされて、何か触られたりしているみたい。

で、2階がヤバイ。これ、ホモの絡みだね。一応触れておくと、管理人には同性愛の趣味は一切ない。女の子が好きな男です。で、その激しさが、Skinny Puppyの「Convulsion」のズッコンバッコンとか、Rammsteinの「Mann Gegen Mann」みたいな異様に濃い絡みなんだね。僕、AVとかネットでも、ホモの方のセックス見た事はないから、何となくしか分からないんだけど。

ここでヤバイ…って思って、本能的に逃げるんだね。「掘られる」って思ったんだね(笑)。で、やっぱりロリっ子がアレコレされているのも社会的にマズイから、一緒に連れて逃げるんだね。

そこから追ってくる屈強な男どもの怖さと言ったら…もう…筆舌に尽くしがたい。笑。まずロリっ子2人を逃がして、自分が逃げようとすると幹部の独りが追いついてきて…間一髪で逃げて…

気が付いたら、夜の山道に出ていた。ロリっ子は下着しかつけていないから、とりあえず僕の持っていた白い謎の毛布を渡して、「これに包まりな…」と、下着をガン見しながら、紳士ぶる所で目が覚めます。


…これは、何の暗示でしょうか??(爆)




2月もなかなかケイオティックな夢ですね…(笑)。



<2017年3月>

★夢(12):3月上旬(5)~カオス編~

この夢、メモだけして書き起こすのを忘れていたんですが、そのメモがこちら。

・熱を出して学校をサボル(脇にカイロ)
・嘔吐する(復職ケアの人)
・学校祭の手伝いに駆り出される

…何これ??カオス過ぎない??(笑)


★夢(13):3月中旬 ~何故か母親に仕事の指摘をされる編~


ママン:「アンタ、これじゃ~仕事遅いわぁ~」
ママン:「家でリラックスしてやってこれでしょ?」
ママン:「これじゃ~指摘されても文句言えないわ~」

…母親との仲は良好…というか、家族自体仲良くて、むしろファミリー・コンプレックスってくらい、家族仲は良いんですけど(笑)、なんなんですか?これ(戸惑い)

自分の深層心理に問いかけているのでしょうか?実際に仕事が遅いのではないか?俺は無能なのではないか?と。

でも、今ならまず「鬱で処理能力が落ちていたのだ」と答えます。それと、優先順位と作り込み。「仕事が出来ない」「遅い」「無能」という言葉は、うつ病悪化にとって便利な言葉なんですが、本質から随分離れた言葉だと思いました。

仕事が遅いのは何故か?。「知識不足」か?それは補える範囲か?どう補うのか?、こう考えると、神経質で自責感の強く、ネガティブ思考が常な僕は、少しだけ建設的になれます。「作り込みか?」どこまで作り込むか?誰の基準で考えるか?「ケアレスミスか?」それはどこから、どういう背景で生まれたか?…

基本、頭でぐるぐる考えてしまう僕は、ここで「気付きや疑問を紙やExcelに書き出す」という手法に出ました

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply