幕末式自作RPG黒歴史ノート【2】~小学生高学年編~

こんにちは。
幕末志士黒歴史RO編の投稿を首を長くして待ち過ぎて、ろくろ首状態の管理人です。

さて、今回も動画投稿者「幕末志士」の坂本さん風実況でお送りする、「幕末式自作RPG黒歴史ノート」2回目の「小学校高学年編」です。今僕がドハマりしている動画投稿者「幕末志士」の坂本さんをリスペクトした企画です。

※参考元の「幕末志士」さんの動画リンクネトゲデビューに失敗した男の悲惨な人生を語る

簡単に申し上げると、管理人が昔考え、ノートに描いて遊んでいた自作RPGの話を、幕末志士ネトゲ黒歴史風に語るだけって記事です。

キーワード「幕末志士(動画投稿者)」、「黒歴史」、「黒歴史ノート」、「自作RPG」、「厨二病」、「だよね、ジッサイ」
注意と前情報:管理人が2016年12月よりうつ病につき休職中であることを自虐ネタに使っています。また、直接的に音楽の話はしていませんが、絡めて音楽の話をしています。下ネタも多数含まれます


以上、ご理解頂けた方は、追記欄よりご覧ください

音楽レビューは、明日夜に、Dopeの4thをアップします。
Dope (4th)のレビュー

再度警告:音楽と基本無関係の記事ですので、興味無い方は悪しからず。


まずは復習。前回のエントリーをご覧になっていない方は、一度確認されてからの方が、入り易いと、先生思いま~す。


スライド1


前回は、ルチニウムType-1のご紹介まででした。これは自作RPG「Final Gold Fantasy(以下FGF)」の2作目:FGF2の登場キャラでした。

ここで、前回触れていなかった点についてですが。

小さい子にありがちですけど、シリーズものとか、漫画を描き始めても、途中で飽きちゃうって、よくありますでしょ?このFGFシリーズにおいても例外ではなく。

ましてや、描いているのは小学生ですから。どんどん新しいの描きたくなって、適当な所で「続きは君の目で確かめてくれ!」とか「○○の闘いはこれからだ!」「そして終焉へ…」とか、格好良い事言って、自ら打ち切る訳だね。


で、FGF3の企画が開始する訳ですが、まぁ当然のようにルチニウムが登場する訳ですが…

伝説の大作RPG:Final Fantasy 7と、暴走族漫画の金字塔「特攻の拓」で有名な佐木飛朗斗先生作の「永遠の詩」という漫画が、多大なる影響を与えます。先生のこと知らない貴方はまず「特攻の拓 武丸」「不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまった」で検索してみて下さい。

簡単に言うと、ここで所謂普通の厨二病になっちゃう訳だね。この時、小学3~4年頃


それがこれ、ルチニウムType2です。

スライド7

登場BGMはこれだ…素直に考えれば、な…。(幕末志士坂本こと霧崎鋭風)







もう厨二心ズキューンポイント満載なんだな、これが。Type1は割と普通なんだけど(えっ?)、Type2には当時の僕の痛々しい所全開ですわ。

まず性格。毒舌でクール。そして素行不良な訳だ。これはまず、クラウド(FF7)の「興味ないね」とか、スコール(FF8)の「壁にでも話してろよ」とかって所から来ているのね。もう当時の子供たちはみんな憧れたよね、クラウド&スコール。

女の子とかに対しても冷たい訳。絶対デレデレしない。「下がってろ…足手まといになるだけだ…」とか言っちゃうの。そして不意に見せる弱さとか優しさの確定コンボよ。女の子はそれで「この人って、クールだけど…」とか思っちゃう訳。

え?うん。現実は違うね。優しくしたもんがちだよね、ジッサイ。だけど、ここぞという時の「押し」も要るし「仕事力」とか「年収」「家庭事情・縁故関係」とかも考えちゃうよね。貯金いくらかな?とか土地持ってないかな?遺産有るかな?とか。一部上場かな?とか。家事育児も手伝ってくれるイクメンなら言うことなし!逆に、もうすぐ死ぬなら、生命保険という手も捨て難い…とかね!!HAHA!! 

さて。


この二大要素に更に、「特攻の拓」で有名な佐木飛朗斗先生要素が入ってくる訳よ。男の子は誰しも不良に憧れる時期ってのがあると思うんですよ。それが僕にとっては小学校時代だったのさ。

佐木飛朗斗先生の特徴と言えば、独特のセリフ回し。ここに同じく格闘ゲーム:KOFの八神庵(これまた不良系のキ○ガイキャラ)が入ってきて、ルチニウムType2が爆誕する訳です。もうType1の時のような高貴さは微塵もないね。

「遊びは終わりだ。」
「ふざけろよ…?」


「俺は…ドエレー強ぇぞ…?」←決め台詞


そして絶品の必殺技!!

「禁聖鬼神流捌式幻魔」!!


…おおおおおおお!!痛い痛い!!こそばゆい!!
元ネタは八神庵の超必殺技「禁千弐百拾壱式・八稚女」。鮮血飛び散る連続攻撃の後に爆破…っていう。これがホント格好良くて。未だに僕の中の「格好良い必殺技ランキング上位」ですね。



…からの

「グラビティサンダー」!!

Wooooo!!気持ち良いぃぃぃ!!

重力なのか雷なのか分からないけど、格好良いよね。雷って、厨二っぽいよねほら、烈火の炎でも、雷覇君って、厨二ズキューンなキャラ、居たでしょ?このイメージ分かるかなー。

一応、この頃になると、キャラクターバランス…つまり一人だけ以上に強いキャラはゲームシステム上好ましくないって事で、少し弱点を用意するわけ。たとえばナイトは防御に優れるけど遅いとか、魔導士は魔法が強いけど防御が弱い、とか。盗賊は素早いけど攻撃役としてはイマイチ…とかね。

で、このルチType2は、所謂アサシンタイプ。攻撃・素早さ特化で、防御が低いタイプだね。一撃必殺、蝶のように舞い蜂のように刺す。怒涛の連続攻撃に回避後カウンター(反撃)。

そして体が機械化されてたり、主人公の前にまず敵対する…という設定。何度か戦う内に情勢変化、利害一致して

「仕方ねぇな…共同戦線…といくかよ…?」
「それは心強い!(主人公サイド)」
「勘違いすんじゃねぇぞ…」
「足手まといだと判断したら、俺は切っていくからよ…お前らを(倒置法)。」

てな展開で加入する訳だ。格好良いなぁ…(惚れ惚れ)


尚、当時、絶賛佐木飛朗斗病を発症中。リアルにまで波及してました。漫画「永遠の詩」中に「死蝶」ていう暴走族の毬倉洋輝って登場人物が居て、麻薬のディーラのヘッドなんですが、コイツがドラッグのやり過ぎでラリって、「疼くんだよぉ…」と頬をボリボリ掻くんですけどね。

こいつの仕草の真似をしていた。

つまり、

(何でもないのに)頬をボリボリ掻きむしって
「疼くんだよぉ…」
ってやってた。


完全に頭おかしいやつじゃん。笑えないやつじゃん。あと、喧嘩になると「皮剥いで吊るしてやる…」とか「ど頭潰してくれんぞ…?」とか言ってた。マジで。小学4年生か5年生かな。

みんな「は?何言ってんの…?」だよね。…

…穴があったら入りたい…



あと、幼馴染設定のエリサというキャラと両想いの設定(実在の女の子Eちゃんがモデル)が有ったりしますが、それも語ると長い…というか、転勤につき絵(ノート)を紛失しちゃったので、割愛。


で、そのリメイクがこちら。これも前と同じく大学生時のリメイクです。

スライド8

恒例の登場BGMはこちらでお願い致します。





…コイツ、リメイクの意味分かってないんですよね…

完全に別キャラじゃん…

だから、もう設定も練り直したよ。小学生が描いた絵を大学生(大した上手くもない)がリメイクして、社会人になったおっさんが設定練り直して公開って、頭おかしいよね。「アイツ、メンヘラ(=うつ病)だから…」で許して(ブラックジョーク)。

まず、性格。不良要素が抜けて「感情が無い」が追加。ラピュタのロボットとか、インダストリアルユニット:クレイトン(Celldweller他)のアートワークのイメージが反映されたリメイクなんだね。

そして口癖。これもベースはやっぱクラウドとかヴィンセント(FF7)なんだろうけど、少しマイルドになっている訳です。暗殺教室とかご存じですか?実写にもなりましたけど、漫画版の渚君、可愛いよね。なんかミルクココアって感じのマイルドだよね。マイルドな殺し屋ってヤバイっすか?うわぁ。頑張ろう。ビッグになろう←2軍の分際で車をおねだりするパターン

「それで…?」
「やるよ、任務だからな。」


からの、

「神は死んだ、か…」(決め台詞)

ニーチェかよ…こいつ、中途半端に学付けやがって。ニーチェのことなんて、殆ど知らねぇくせに。「若き人々への言葉」買っても30ページくらいしか読んでねぇくせに。しかも「らき☆すた」カバーのやつ買ってるし。だって難しくて全然読み進まねぇんだもん、アホだから。

あと、決め台詞2つ目。不図呟く訳ですね。


「人間って、変わっているんだな。」(決め台詞)


…おめぇも人間だろうが!ってね。でも、何か格好良いよね…我ながらこの厨二センスに恍惚とするわぁ…


あ、必殺技はこれ、自信作ですよ。「トランセンデンス」…「超越」って意味ですが、体力消費で死ぬまで連続行動する技。ザ・厨二ですよね。

そして「禁呪・乾坤一擲」…「禁呪」て付ける所が、洒落てるんだね。分かる?ビバ厨二。あ、「けんこんいってき」て読みます。「運を天にまかせて、のるかそるかの大勝負をすること」で、無属性確率クリティカルみたいな技のイメージです。


さて、ここまで自分キャラを自作RPGに登場させてきたルチタンですが、流石にだんだん恥ずかしくなってくる時期が来ます。

という訳で、次回「中学生~高校生編」です。これいつまで続ける気?


それではまた(゚∀゚)ノシ


※8-5か8-6くらいまで続きますよ。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply