Limp Bizkit (6th)

こんばんは。


うつ病治療休職中の管理人です。治療も次の段階へステップし、復職プログラムに参加している所です。ただ、復帰は繁忙期を避けて新年度メド…という流れになりそうです。

なんか「会社に来れんなら、サッサと仕事せぇや」とも陰口言われているみたいですが、こっちの言い分としては「じゃあ、休職させるくらい僕を追い込まなければ良かったのでは?僕、先輩から「お前頭おかしいから病院行けや」って言われたか、こうなっているんですよ?」という話で。

でも僕が気にしているのは、そういう無理解の人達じゃなくて、ホントに心配してくれている方への恩返し…って点だったりもします。今は精神状態もかなり回復してきましたので、流れに沿って少しずつ、焦らず、社会復帰出来るように頑張ります。

さて、本題はLimp Bizkitの6thアルバムのレビューです。

ほぼ同時公開中の悪ふざけも、お時間あれば是非~

※(ほぼ)同時公開中の悪ふざけ幕末式自作RPG黒歴史ノート(3)~中学から高校編(1)~



6th) Gold Cobra ('11)

limp bizkit_gold cobra

01. Introbra
02. Bring It Back
03. Gold Cobra
04. Shark Attack
05. Get A Life / Interlude 1
06. Shotgun
07. Douche Bag
08. Walking Away
09. Loser / Interlude 2
10. Autotunage
11. 90.2.10 / Interlude 3
12. Why Try
13. Killer In You

前作「The Unquestionable Truth (Part 1)」はなかなかの力作ながら、ジョン(Ds)はドラッグ問題で一部のみ参加&後に解雇されたり、結局「Part2は多分作らねぇわww」って言ってみたり、やっぱりウェス(Gt)が抜けたり、挙句活動中止…。そんな、音楽のみならず内部事情もハチャメチャな、お下劣煽り系ニューメタルバンド:Limp Bizkitのオリジナルメンバーによる6thアルバムです。2009年に活動再開を宣言してから2年後のリリース。

ジャケは「コブラの前で女性が互いの体を触り合い、それを男性が見てマスターベーションしているという下劣なイラスト」との事ですが*1、まぁ正直、言われなきゃ分からないですね。「ウ○コア○ルとお○んぽミルク」こと3rdアルバムのジャケに比べると、よっぽど上品に思われるのは、「ち○こ!からのぉ~、ち○こ!ウェーイ!」て表現するか、「…ペ○ス…(イケボ)」と表現するか、くらいの違いかもしれない。

本作においては、「今の音楽シーンはつまんねぇ。腐ってる」「俺達が手本を見せてやるぜ!」的なノリで再始動したと聞きます。相変わらずのビッグマウス。、それに見合った出来栄えでしょうか…?

最初にネタバレすると、本作はファンからの評価がすごく高い。それはまず、良い意味で「まるで変わっていない…(安西先生風)」という点。天才的リフメーカーのウェスのギターフレーズを武器とした、唯一無二のラップメタルであること。

この時代には、政権はすでにヘヴィメタルに奪取されており、「ヌーメタとか古くね?今はギターソロとメロディの時代だろ」な空気があったはず。その逆風の中、時代遅れのラップメタルで挑んだ点は、蛮勇に近い姿勢ですが、「空気読めやカスが…」みたいなところが彼らの持ち味ですからね。4thでの大失敗の経験も踏まえてでしょうし、むしろアッパレ。

まずは、前作同様にウェスの変態ギターリフワークに支えられています。鳩尾に響く重低音リフから、ハーモニクスや不協和音の飛び道具、流行を反映したソロパート…と、プレイが一層多様になっている。そして前作と違うのは、ベースやドラム、フレッドのボーカルと、総ての演奏がキッチリハマっている点でしょう。そのお蔭で、過去作の焼き直しにはならず、微妙な変化をもたらしている。かつて止まぬ罵声の中、数多のバンドを闇に葬り頂点に立った悪の帝王は伊達じゃない。

さて、ここまでベタ褒めですが、管理人的には割と否定的な印象です。長らくこのアルバムを、殆ど聴かずに放置してきました。原因は圧倒的な即効性不足。ミドルテンポ主体ですし、「Nookie」「My Generation」のようなキラートラックも無く、前作のようなヘヴィリフ一辺倒の強引さもない。インパクト不足なんです。今作は巷で言われているように遅効性のアルバム。聴き込むと印象が変わる。でも、今更そんなサウンドを彼らに求めていたか。

即効性の劇薬みたいな音楽を求められ続けた一方で、「心にはサッパリ残らない」と批判されていた彼らが、今になって"それ"を克服しつつある事は、皮肉なことだと思います。でも、「もっと効きの良いやつ寄越せや!」という批判もごもっとも。ビッグマウスに適った作品か…という点も有りますし、正直、一般リスナーにはお勧めしにくい作品です。逆に、「リンプ、ちょっと変わったよ」という意味では、一聴の価値有る作品となっているかなと思いますし、次回作作ったらどうなるかな?と興味が湧く作品ではあります。

尚、セールス的にも振るわず…っていうのは、この際無しで。全盛期が狂っている(それは彼ら自身も、市場自体も、です)だけなので。チャート的にも前作とあんまり変わっていないみたいですし。

*1:こちらより引用しました→http://gekirock.com/feature/2011/06/limp_bizkit.php


#8:Walking Away




「It'll Be Ok」型のバラード。クリーントーンからの爆発っていう、お家芸みたいな展開ですが、あくまでメロディ志向になっている。この辺りは、彼ららしさを損なわず、時代の流れも反映しつつ…という、なかなか器用なことをしているな、と。


#12:Why Try




往年のリンプらしさを感じさせる曲ですが、このリフ。シンプルなようで結構エグい歪みを効かせていますね。後半の呪詛ラップもヤバイし、正直、こんな最後に来て、ようやく分かり易いキラートラックかよ…感が否めない(笑)。

尚、Youtubeのコメ欄でも論争が起きていますが、多分、「ライブ動画」ではなく「ライブ映像に音源を被せている(アテフリ状態の)動画」だと思います。


<個人的評価>
ヘヴィネス:☆☆☆☆☆
スピード:☆☆☆
即効性:☆☆
お勧め:#4、#6、#8、#12

TOTAL:79 (/100)



否定的な意見が多ければ、アッサリ目にレビューしようと思ったのですが、予想以上に肯定的な意見が多く、そのため、聴き込みが結構必要でした。それでも、今なお全然で活躍しているKornみたくなれなかった(現時点の)理由は、核たるウェスがフワフワしている所為なんでしょうね(苦笑)。フレッドだけでは、この重みは支えきれないんでしょう。


それではまた(゚∀゚)ノシ


PS:
本日はこちら。




Twitterで「EBMエクササイズ」(EBMのリズムに合わせて、貧乏ゆすり的に足首を動かすだけ)とか、ふざけた事言ってたんですが、そもそもインダストリアルダンスっていうものが有るんですよね。知ってはいたんですが…多くはサイバーゴスな格好と合わせて、紹介動画のようなクネクネした動きをするダンスで。

でも…

なんか動きダサくて好きじゃない(笑)。まぁこのインダストリアル感はクセになるし、女性はキレイそうだし、スタイル良いし、生足が艶めかしくて好きなので全然おk。主に血流が良くなりそうですね、股間周りの(下ネタかよ…)。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

ロッキー  

Gold Cobra

リクエストに応えていただいて本当にありがとうございます。
やっぱり的確で面白いレビューだなと思いました。
リンプのファンにはChocolate Starfish and the Hot Dog Flavored Water以来にウェスが変態リフと一緒にちゃんと帰ってきた!っていう喜びと背景含めての評価になってるのかもしれませんね。
1〜3のクオリティーのイメージがある、リンプが特別好きではないロック好きの人達にとっては確かに地味だなって感想しか残らないだろうなと思いました。リンプファンはおっしゃっているようにふわふわしたウェスも含めて色々グッダグダなリンプなんでハードルがかなり下がっちゃってるんだと思います笑 逆にこのアルバムが好きになれる人なら今からでもリンプにのめり込めるっていう踏み絵的なアルバムなのかもしれませんね。

2017/02/12 (Sun) 09:14 | EDIT | REPLY |   

ruchinium  

> ロッキー様へ

管理人のruchiniumです。コメントありがとうございます。

ご参考になったようで何よりです。そして、こちらこそ、コメントが切っ掛けで聴き返す機会が得られて良かったです。すっかり駄作アルバム認定していたので(笑)。

3rdから入門した私のような大多数のリスナーは、「Gold Cobra」から聴くと、「話が違うじゃねぇか!」と駄作認定しちゃうかもしれませんね。アルバム前半に「Why Try」辺りの曲がもっと配置されていたら、また印象が違っているかもしれませんし、じっくり聴くと聴き所が有るので、切り捨てるには勿体無いアルバムだったな…と改めて思いました。

それでも、ビッグマウスの割には…という評価は拭いきれませんが、4thの二の舞を避け、ある意味彼らの音楽を貫いた姿勢はアッパレだな…と思います。

2017/02/12 (Sun) 21:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply