幕末式自作RPG黒歴史ノート【3】~中学から高校編(1)~

こんにちは。
幕末志士黒歴史RO編の投稿を首を長くして待ち過ぎて、無味状態になっている管理人です。

全く好評ではない本シリーズ、動画投稿者「幕末志士」の坂本さん風実況でお送りする、「幕末式自作RPG黒歴史ノート」3回目のです。「中学から高校編(1)」ということで、こちら2回に渡ります。今更ですが、僕がドハマりしている動画投稿者「幕末志士」の坂本さんをリスペクトした企画です。

※参考元の「幕末志士」さんの動画リンクネトゲデビューに失敗した男の悲惨な人生を語る

簡単に申し上げると、管理人が昔考え、ノートに描いて遊んでいた自作RPGの話を、幕末志士ネトゲ黒歴史風に語るだけって記事です。

キーワード「幕末志士(動画投稿者)」、「黒歴史」、「黒歴史ノート」、「自作RPG」、「厨二病」、「だよね、ジッサイ」
注意と前情報:管理人が2016年12月よりうつ病につき休職中であることを自虐ネタに使っています。また、直接的に音楽の話はしていませんが、絡めて音楽の話をしています。下ネタも多数含まれます


以上、ご理解頂けた方は、追記欄よりご覧ください


今更ですが。

そもそも、「そもそも黒歴史ノートって何よ?」みたいな所有ったかもしれません。もう分かっている前提で話進めていましたが、一応写真取ってきました。

スライド4



一応確認。FGFってのは、僕がシリーズもので考えていた自作RPG:Final Gold Fantasyの略称です。ホントは9冊あるはずなんですが、一冊は転勤で喪失しちゃった。こういう普通のノートに、お絵描きする感覚…で間違いないです。

そして、ここからが新しい中学生~浪人分の年表です。


スライド2


若年性厨二病だった僕は、性質として持ちつつも、中学校に入る頃には、表面上厨二オーラを発する事は無くなっていました。流石に「疼くんだよぉ…」とかはやってなかった(笑)

そして、小学校高学年頃からだと思うんだけど、思春期に入る訳だね。僕は当時は、当時は意外にも思われるかもしれないけど、仲の良い女の子の友達が2人居たんだね。周りから「ヒューヒュー」って言われるような関係だね。傍から見ると三角関係だったり、妻妾同衾だったりにも見えたみたい(笑)。

・・・あ、一応。これは妄想とかじゃないんで。精神疾患に関わる幻覚とかじゃないです(爆)。内1人はSNSでも繋がってたし。今はちょっと深くないけど訳有って、連絡取ってないけど…ホントだって。3次元だから。実在してるから。どうしても確認が必要なら、連絡して許可取りますから(笑)。塩の許可取ったの?取ってません!!

…で、そうした人間関係の中、僕は思春期に差し掛かっていきます。流石に自分をモチーフにしたキャラを登場させる行為に恥ずかしさを感じるようになったんだね。それどころが、人間キャラを描くのが、何だか恥ずかしくなってしまった訳だ。

その結果がこれ。


スライド9


スライド10



セサミストリートキャラに特化。

終いには鳥人間爆誕!!



これ、僕は見慣れているんですが、皆さんどうでしょう?爆笑ものでしょうか?それとも戸惑いでしょうか??(笑)


この間、女性キャラはほぼ登場していません。と言っても、男と女が居ないと、子供は生まれませんから、仕方なく登場する事もあるんですが、ちょっとおふざけ気味で書くんですね。よっぽど恥ずかしかったんですね。

いや、正確には女の子キャラをこっそり描いているチラシ裏もあるんですが、そちらの公開は…どうかご勘弁頂きたい。ホントに恥ずかし過ぎて死ねるんで(笑)。すっごいマジで、こっそりと隠すように描いているのが、最高に恥ずかしいんで(笑)。別に普通に描けば良いじゃんって話なんだけど(笑)、思春期だからね。やっぱり恥ずかしかったんだね。

で、最終的にはビッグバードから派生させて、鳥人間に特化。顔だけ鳥!体は妙にリアルでマッチョ!手とか足は一応鳥っぽさを残しているけど、どうみても人間!フェアリーだとか有翼人とか、そんなチャチなもんじゃない!鳥人間なんです!!言っておくけど、芸人さんの笑い飯がM1で「鳥人間」ネタやるよりも、こっちがずっとずっと先だから!特許取っているんで、後で抗議しましたよ!ぷんぷん!

さて。

鳥人間特化後は女性も登場させました。解禁。解禁しましたが、所詮鳥人間ですから。そこに、我々人間が感じる、性的な要素は殆ど有りません。仮におっぱいを描こうが、お尻を描こうが、所詮顔は鳥ですから(笑)。何より、僕にはケモナーの趣味が全く無いんでね(要らない情報)。

とは言え、女性描写が必要な事もありますから、実際は胸の膨らみくらいは再現したり、ギャングとかによるセクハラや女性蔑視の場面(例えば人間で言えば胸やお尻を触る、とか)は、羽毛に触れる、とか、そういう表現で、世界観表現してました。総排泄腔?いや、そういう事全く考えていないんで。それ知ったの最近なんで。鳥人間のなにがしとか、想像したくないんで。そういうの、やめてもらえます!?

まぁ兎も角。

…そのくらい恥ずかしかったんだね。

むしろ、その発想力もやべぇなと思うんだけど(笑)。

そして、鳥人間特化後、高校生頃には種族・民族も設定し始めます。やっぱり深い物語を作るには、民族間の抗争とか差別意識・選民思想…そういったものの設定も必要だと思うんだ。絶滅した古代人ってのも、ファンタジーにおいては典型中の典型よ。英語で書いているところが、最高にスカしているんだね。英文法はあまりチェックしないで欲しいんだけど(笑)。

中学の頃は他にも、ビートルズにドハマりしたり、伝説のやり込みゲー「ディスガイア」のエトナに胸キュンして変態の野生が目覚めてしまうんだけど、それはテスト範囲外なので、先生、飛ばしますね。カリキュラム通りに進めまーす。スライド見といて下さいねー。(マニュアル人間の鑑)。


で、色々有って!(もののけ姫ラジオ感な端折り)


高校に進学する頃には、これまで続けたFGFシリーズに飽きが生じてきます。

一つは受験勉強を挟んで長期間更新が空いたこと。もう一つは、その受験に失敗して自暴自棄になったこと、です。これも今回重要じゃないので、次回「受験黒歴史編」で、たっぷり1時間、枠取りますんで(※取りません)。

で、前回・前々回で「ユジンシング・サガ」なる、ロマサガを模した自作RPGも描いてましたって話、覚えているでしょうか。スライドでしか触れていないんですが。細々進めていたこちらにテコ入れを始めます。

ちなみにタイトルは父親の名前から取っています。名前は本名から少しモジっているけど…まぁ察して下さい。別にお父さんっ子って訳じゃなかったんですけど(笑)、主人公の一人目は吟遊詩人ユージィ編。設定自体は小学校の頃作っていたもので、王都の大学で教員をしていた兄:ヨーおじさんが病気を治す旅に出る中で、カンクフェスト教会の強大な陰謀に巻き込まれていく…っていう、ある種実話に基づいたストーリーです。

あ、教会と対立した方じゃないですよ?(言わなくても分かるわい)。父親はサラリーマンでしたが、ギターや楽器が趣味、、そのお兄さん(叔父)は(小学校だけど)先生で、結構なキャリアの方でした。病気(くも膜下出血)でした。10年前に亡くなりましたけど…。

で、このシリーズを手掛ける内に、人間キャラを描く事に抵抗が薄れていきます…というより、人間キャラを描きたくなる切っ掛けが出来ます。それがハートフル日常系ストーリー漫画の金字塔「まほらば」との出会い。

女顔でちょっと可愛らしい、お人よしの主人公:白鳥隆士君が、アパート「鳴滝荘」の大家さんで女子高生の青葉梢ぽんと、その住民との、奇妙でドタバタで、面白くも温かい日常を描いた傑作です。もう、高校受験失敗で腐りきって冷え切って、すっかりヘソ曲げていた僕の心を溶かしてくれた作品と言っても過言ではない。

…ん?女顔?どこかで聞いたキーワードですね…?これはぁ!?

という事で次回!!高校生黒歴史編でお会いしましょう!!


…さて、本日はややしんみりした感じでしたが、8-4と8-5は濃いですよ。8-5は未だ書いてないけど。

それではまた(゚∀゚)ノシ
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply