Fear Factory (2nd) (リライト)

こんばんは。

先日、復職以来初の会社の飲み会に行ってきました…といっても、若手だけの、嫌いな人が居ない緩い飲み会で、結論から言うと楽しかったです。が、ここにもブランクがあり、大勢の人が居る所に行くと、結構疲れるというか軽い動悸みたいのが出ちゃいますね…なかなか完全復帰は遠い…

さて、今回はリライトの2nd「Demanufacture」です。



2nd)Demanufacture ('95) 

FearFactory_Demanufacture.jpg 

01. Demanufacture
02. Self Bias Resistor

03. Zero Signal
04. Replica
05. New Breed
06. Dog Day Sunrise (Head of David cover)
07. Body Hammer
08. Flashpoint
09. H-K (Hunter-Killer)
10. Pisschrist
11. A Therapy for Pain
12. Your Mistake
13. Resistancia!
14. New Bleed (Revolutionary Designed Remix)

米国のインダストリアルメタルバンドの伝説的な2ndアルバム。Sepalturaにも多大な影響を与えたと言いますし、Spineshankに至っては、あまりの衝撃に解散→音楽性を見つめ直すに至る…という逸話はあまりに有名。

さて、本作からベーシストが入れ替わり、ドロドロ解散・再結成劇の中核クリスチャン・オールド・ウォルバースが参加しての制作です。まぁ音楽自体にはほとんど影響ないです、多分(笑)。

路線こそデスメタル+インダストリアルで同じですが、聴き心地は随分異なります。本作では歌メロな大々的な導入含め、ポピュラリティの強化が大きな特徴。ディーノの鋭い7弦ギターリフと、レイモンドの超高速バスドラのユニゾン、男臭いメロディアスなボーカルパート、金属的質感が強いサンプリング音が一体となったサウンドは序盤・中盤・終盤、隙が無いよね。だけど…俺は負けないよ。

また、インダストリアルメタルの先駆とも言える本作は、「デス声+歌メロ」という妙技を披露した作品でもあります。#2や#3の楽曲は、5~10年後にブームとなるメタルコアの布石とも言うことが出来ますし、その点でもメタラー必携の名盤と言えます。

インダストリアル面に言及すれば、前作の「土方系工場ノイズ」と共に、「モビルスーツ発進系シンセ」な、サイバーなアレンジも増えたのが特徴的でしょうか。テクノミュージック的なアプローチが強い#5(リミックスの#14含む)や金属ハンマーと浮遊感あるメロディがクセになる#10、アンビエント風の#11なんかも、メタルバンドとしてはかなり珍しいアプローチ。「機械VS人間」という彼ら十八番のコンセプトが明確になったのも本作からですね。

正直、中核を担うバートンの歌がそれほど上手くないのが難点ですし、#4とか#7をはじめ、歌メロがどことなく未洗練にも思われますが、「ハーマン・リはイケメン」ばりに「バートン・C・ベルのヘタウマは味」って感じなので、この際度外視。マストバイです。今はリマスター盤(リミックス「Remanufacture」付き)も発売されているみたいなので、新規の方は是非購入しましょう。

ちなみに、今作もプロデューサーはコリン・リチャードソンですが、ミックスにはFLAのグレッグ・リーリーとライズ・フルバーが関わっています。後のリマスター盤のライナーノーツで語られているそうですが、方向性で揉めたみたいすね*1

*1:海外盤ウィキペディアより→https://en.wikipedia.org/wiki/Demanufacture_(album)

#3:Zero Signal



ゴリッゴリのメタル要素と、浮遊感あるメロディーが最高にクール。#1~#3からの流れでカタルシス倍増。

#9:H-K (Hunter Killer)




「恐怖工場」っていうより「人間兵器」って感じの正確無比な演奏にアドレナリン噴出の一曲。

<個人的評価>
ギタドラのユニゾン:☆☆☆☆☆
メロディー:☆☆☆☆
インダストリアル:☆☆☆☆
お勧め:#1、#2、#3、#9 、#14

TOTAL:95 (/100)




…そもそもリライトって、元記事を上書きしてPV数を稼ぐ…って技だと思うんですが、僕は新規記事として挙げちゃってますね。まぁ、僕、ブログで食っていくつもりもないので、PV数稼いだ所でどうだって話なんですが(笑)。

次回更新は土日を予定です。「Obsolete」まで済ませています。

それではまた(゚∀゚)ノシ

PS:
今回はこちら。



フィンランドの国民的ヘヴィメタルバンドの曲より。初めて聴いたときは「こういうのも有るんだな!」って感動しました。
それはそうと、グラサンから人を1、2人くらい殺してそうな気迫を感じる。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply