Nine Inch Nails (EP) (リライト)

こんばんは。

段々肌寒い季節に入ってきていますが、いかがお過ごしでしょうか?弊社では風邪が大流行りしております。皆さんもお気を付けください…

…と、散々考えて何も浮かばなかったので、サッサと本題(笑)。Nine Inch NailsのEP「Broken」のレビューです。



EP)Broken ('92) 

Nine Inch Nails_Broken 

01. Pinion
02. Wish
03. Last
04. Help Me I Am In Hell
05. Happiness In Slavery
06. Gave Up
(07~97. Silent 無音トラック)
98. Physical
99. Suck

1stと2ndの間にリリースされたEP盤。グラミー章「ベストメタルパフォーマンス」として選ばれた「Wish」をはじめ、個性豊かな曲が揃っている出世作の一つ。

前作で成功を収めた憎悪機械ことトレント先生も、その過程では順風満帆とは行かず、1stのリリース元であるインディーレーベル:TVTとの確執から法廷闘争に巻き込まれ、2年間のレコードリリースのブランクを強いられています。この間、長期ツアーを行っているのですが、その目的の一環は、その裁判費用の工面だったとも言われています。

そうして溜まった鬱憤やらライブから持ち帰られた怒りのエネルギーとかその他諸々が反映された作品となっており、NINとしてはおそらく最も激しいアルバムと仕上がっています。

全曲に共通するのは、ディストーションの効いたノイズギター、脳髄を揺さぶる金属的なサンプリング、ハンマービートとトレントのスクリーミング。これらが織りなす高い攻撃性と狂気、ストレートなロック的展開のアンバランスなキャッチーさにより、インダストリアル初心者にも比較的聴き易い…

…のかなぁ?(爆)。前作のコミカルなEBM風な打ち込みや気怠いビートは無く、歪んだサウンドスケープで終始突っ走るMr.自己破壊の前兆は、正直聴き易いと形容するのも如何か?って感は有ります(笑)。しかし、これまでニッチな界隈で知られていたインダストリアルをHM・HRとの融合という形で布教したアーティストとしてはNINが最も有名でしょう。そして、それを決定付けたのはおそらく本作と、次回作の「The Downward Spiral」です。

個人的お勧めは、金属音サンプリングが狂気的な「Happiness Is Slavery」。泥んこライブでも有名な曲ですが、この1曲のために購入したと言っても過言ではありません。それと無音トラックを挟んでの#98、#99という構図。今となっては古びたギミックとして使われる事は無いですが、当時としては新鮮だったのではないでしょうか。…だからといって、この2曲が特別優れている訳でも無いんですけど(苦笑)。

難点はEP故の曲数の少なさ。6曲(+2曲)、内2曲はインタールードだし、あと2曲は90曲の無音後だし(笑)、まともな曲は4曲。これが一番悩み所で、「このアルバムでNINが分かる!これを聴け!」とは勧めにくいのが本音。4曲のためにお金を出すか。あと、全体的に突っ走っていてバリエーションに欠ける点を批判する向きもありますね。

曲数の少なさゆえ、入門編と勧められるかは微妙ですが、「Wish」「Happiness in Slavery」は必聴の名曲なので、結局はマストバイ(矛盾の勧め)。

#2:Wish




Throbbing GristleやCoilといった、界隈キ○ガイの協力で作られたというPV。こう考えると、V系のPVって、インダストリアル系の影響が強いんだろうか?なんて思ったりします。


#5:Happiness Is Slavery



Twitter含めて何十回貼ったか分からないWoodstockのライブ動画。これがすげぇカッコイイです。やっぱインダストリアルの精神性って、単なる暴力性とか攻撃性じゃなくて、狂気とか精神と結びついたもっと危険なもの…な感じがしますね。


<個人的評価>
インダストリアル度:☆☆☆☆☆
攻撃性:☆☆☆☆☆
ボリューム:☆ (EPなので…)
PVのグロ度:☆☆☆☆☆
お勧め:#2、#5

TOTAL:88 (/100)



Twitterでも少し触れていますが、個人的にはノイズ風のディストーションギターよりも、スラッシーなジェント風リフが好きなので、NINやその影響を受けたポストインダストリアル(Gravity KillsやStabbing Westwardなど)があまり好きなではありませんでした。

が、この度うつ病になったのを切っ掛けに真面目に聴きだしたら「あれ?結構良いやんけ…」となっているので(笑)、「Broken」のリミックスの「Fixed」も買っちゃいました。リライト故に「The Downward Spiral」のレビューが先行するかもですが、こちらも追々。

ではまた(゚∀゚)ノシ


PS:
リライト前にも残していた追記欄では、「Happiness Is Slavery」のグロPVについて説明を書いていました。大した事書いていなかったので、ここで少し触れます。

もともと「Broken Video」という一連のPV集?みたいので作られた、放送禁止人間ミンチ動画ですね。男性のてぃむぽもドアップで出ているのがシュールでしたが、とにかくグロい。白黒なのが良いのか悪いのか(僕は白黒だからあまりリアルに感じませんでしたが…)。

トレント自体は、あまり注目されたくないって事で、積極的にプロモーションする事はしなかったみたいですが、むしろプロモーションする気ないのに、あんだけのモノを作っている神経を疑わざるを得ない(褒め言葉)。

興味があれば各自で検索下さい。グロ耐性の無い方は注意。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply