Fear Factory(3rd,4th)

こんにちは。

今回はフィアファク最大の問題作「デジモータル」を含んでいます。

買ってしまって「うわ~地雷だったー!!」て思った方の再評価に貢献出来れば…と思います(^^;





3rd)Obsolete ('98)


ObsoleteObsolete
(1998/07/28)
Fear Factory

商品詳細を見る


米国ではゴールドディスクも獲得したFear Factoryの3rd。前作からその趣が有りましたが、今作は本格的なコンセプトアルバムです。メカニカル精子なジャケを見た母親が若干引いていましたが、僕は結構カッコイイと思ってますし、近未来社会が舞台のありがちなテーマも割と気に入ってます。

今回はリミックスでお世話になったFront Line Assemblyのライズ・フルバーをプロデューサーに迎えております。そのせいか効果音とか凝っていてリズムもEBMっぽい… と言えば聞こえが良いですが、実際には当時人気絶頂だったKORNのようなニューメタルチックな重く、ミドルテンポの楽曲が大半です。スラッシュメタル的な突進力や切れ味は影を潜めています。それでも十分機械的なリズムワーク、切れ味鋭いギターリフが聴けますし、僕個人はニューメタルも好きなので、それほど気にならなかったりはしますが、流石に2ndと比べると確かに印象が薄いです。

生粋のメタラーは2ndで切った…という方も多いようですが、個人的には、聴くほどに深みが出るアルバムだと思います。じわじわ来る#1や、ライブ映えする名曲#2、ユニゾンが心地い#4や、凄いキャッチーで清涼感ある#9といった特徴的な楽曲も多いので、やっぱりお勧めだったりはします。 

ちなみに、このアルバムをゴールドディスクまで押し上げたのはGary Numanのカバー:♪CARSですが、僕の購入したCDには収録されてません。あと盤によってボーナストラックの数が違うので注意されたし。


#2:Edgecrusher




ヘヴィなリフと印象的なサンプリング音が魅力。

<個人的評価>
速さ:☆☆☆
重さ:☆☆☆☆
キャッチー:☆☆☆☆
お勧め:#1、#2、#4、#9

TOTAL:83 (/100)








4th)Digimortal ('01)

デジモータルデジモータル
(2001/04/21)
フィア・ファクトリー

商品詳細を見る


Fear Factoryを解散に追い込んだ要因の一つとも推測される、迷盤と悪名高い4thアルバムです。「Digimortal」 という言葉はDIgital(機械)+Mortal(死を免れない=人間)の二つの言葉を合わせた造語だそうで、映画「マトリックス」から着想したそうな。今回のプロデューサーもFLAの中心メンバー:ライズ・フルバー。そして本作、同情したくなるほど酷評されることが多いです。なので僕はなるべく良い事を書くようにしたいと思います。

特筆すべきは圧倒的な音のキレの良さ。ディーノの切れ味鋭いギターリフとレイモンドのツーバスのユニゾンが半端無いです。カッチリハマっていて、まさに人間機会ともいうべきサウンドです。音質だけとれば理想のアルバムと言えるかもしれません。

…まぁ、良い点がこれで終わりです(笑)。酷評理由ですが、 「楽曲が著しくフックを書いている」「とにかく遅い」「メロディがイモっぽい」という、2nd、3rdでの持ち味がすべて欠如・減退した所のようで、大体真っ当な批判です。確かに歌メロは弱いし地味、ヒップホップに抑揚ないバラード、妙なポップスと構成も散漫あと全体的に遅いスピード…具体的には#4の歌メロとか、#8のダセェラップでしょうか。う~ん…どうしてこうなった…と、弁護の余地はあまりありません。これを聴いた後にブックレットのバートン(Vo)の「売れたい」発言を読んでしまうと、本当にウケ狙いに走って滑っちゃったのか…とか悲しくなってしまいますねぇ…

ただ、結果的に言えば、これは前作からも兆候が感じられます。それがライズ・フルバーの所為か、そもそものポテンシャルか、メンバーの不仲の所為か、はたまたRoadrunnerの意向かは分かりかねますが、残念ながらこれを最後に(一端)解散してしまいます。。

僕個人としてはディーノのギターリフが聴ければ良いので、実は遅さとか散漫さはあんまり気にならなかったりしますが、でもインダス風の味付けやスピード、クサい歌メロは期待する人にはお勧めできません。ちなみにボーナストラックがが4曲ほどついてます…が、これだけ他と比べて劇的にクオリティが高いって嬉しい裏切りはないです(汗)。4th内では出来は良い方だけど。


#1:What will become





ギターとかドラムの音はかなり好きなんですが、ちょっとフックに欠けるかもしれません。


<個人的評価>
速さ:☆
重さ:☆☆☆
音質:☆☆☆☆☆
お勧め:#1、#2、#4、 #15

TOTAL:75 (/100)
(※人によっては50以下を付けるかも。)




まぁ僕は2作品をリアルタイムで聴いてないので、世間一般の印象とズレてる可能性は否定できませんが、個人的には3rdと4thは似たようなものなんじゃ…て思ったり。でも3rdは結構人気有るんですよね。歌メロのパワー、インダストリアル要素、あと速い曲もある…て点なんでしょうか。


という訳で第一期フィアファク終了です。次回からは第二期…Fear Factory featuring Strapping Young Ladな
作品についてwご紹介させていただきます。


ブログの体裁ももう少し整えたい所ですが、
ぶっちゃけ文章書ければその他はどうでもいので、
その辺り興味が無かったり…w見づらかったらすいません(^^;


ではまた次回。


PS:化物語の主題歌「君のしらない物語」とか「Nyanyanyanyanyanyanya!」聴きながらメタルのレビューを書くってどうよ…
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply