ファイナルファンタジ-5【サウンドトラック】

こんばんは~
本当は昨日(9月15日)に投稿しようと思ったのですが、メンテナンスとの表示が出て重かったので、本日(9月16日)にズラしました。


ゲーム音楽の記事数が少ないなぁと思ったので、今回はFinal Fantasy 5のサントラのレビューをしてみます。





Final Fantasy 5 ('92)

ファイナルファンタジーV オリジナル・サウンド・ヴァージョンファイナルファンタジーV オリジナル・サウンド・ヴァージョン
(2004/10/01)
ゲーム・ミュージック

商品詳細を見る




FF5は僕の兄貴が初めて買ってきたRPGで、僕が初めてプレイしたRPGで、かつ初めて購入した音楽CD(サントラ)でもあります。それまではマリオやドンキーコングといった任天堂のアクションゲームしたプレイした事がなかったんですね。

作曲は植松伸夫氏…数々のファイナルファンタジーシリーズの楽曲を手掛けてきた事で知られています。愛称はノビヨ(師匠)、自称プログレ博士という事ですが、複雑かつ長尺の楽曲はFF6以降に顕著になったような気がします。今作ではあくまでもメロディー重視のストレートな楽曲が多いような印象。

印象に残った楽曲ですが、「アルペジオが連続するだけの曲(byノビヨ師匠)」である「ビッグブリッヂの死闘」は鉄板ですね。当時僕は小学2年生だか3年生でしたが、この楽曲のテンションの虜になりましたね。あとは「決戦」、和太鼓的なドラムが熱いです。後にロストオデッセイというゲームで「亡魂咆哮」という曲を作る訳ですが、ちょと雰囲気似てますかね。メタル畑だけに戦闘BGMにばかり注目しがちですが、フィールドBGMもなかなか良いもので「銀嶺を行く」、「古代図書館」などのメロディーもなかなか素敵。変拍子を交えた「虚空への前奏曲」もノビヨ師匠らしい楽曲と言えるかもしれません。

現在は技術の進歩故に、ゲーム内でも様々な音が出せるようになりましたが、その一方でBGMの印象は年々薄くなっていくようにも感じます。作曲家さん達は勿論全力で頑張っているのでしょうが…とにかく、ゲームの中で音楽の担う役割が大きかった時代の名盤だと思います。


To the North Mountain (銀嶺を行く) - Disc 1





 


The Ancient Library (古代図書館) - Disc 1







Clash on the Big Bridge (ビッグブリッジの死闘) - Disc 2







The Decisive Battle (決戦) - Disc 2



 








ファイナルファンタジーと言えば人気作ですし権利的にも揉め事はありませんから、サントラの方も値段が良心的ですね。ゲームサントラの中には大人気作でも諸々の問題で物凄いプレミアになっている事がありますからね…(泣)


本ブログを読んでくださってる方の中にはご存じの方も多いでしょう。ノビヨ師匠の曲と言えば、かのメタルバンド:Triviumのマシュー・キイチ・ヒーフィー(vo,g)がフェイヴァリットに挙げている事でも有名ですよね。その辺りの話はFF7のサントラの件でお話出来るかと思います。


時期を見て、所持してるFFシリーズ(6~10、13)のサントラのレビューをしたいと思っています。ついでにロマサガ3の記事もまだ手探り感のあったもので納得いっていないので、再度書きなおそうと思います。次回はまたメタル系のレビューです。


ではではこの辺りで(゚∀゚)ノシ。


PS:
追記でゲーム自体の話をしています。ネタバレも含まれるのでご注意下さい。
ゲームのお話です。


FF5データ ←※バッツの名前に本名が入っていたので編集しましたw


ファリスのアビリティ100(全ジョブマスター)を達成、残りキャラもアビリティ数90越えだったデータがあるのですが、FF5は3度ほどデータが消えていましてw、残念ながらこのデータしか残っておりません。予備の長らく放置していたデータを比較的最近(ここ4~5年)進めたので、主人公に本名を付けるという恥ずかしい事をしていますwこのデータではアビリティの取得数は70程度になっていました。

一般ゲーマーとしてはそこそこやり込んだ感じで、ツインタニアが落とす「ティンカーベル」も入手しました。あと「ひりゅうのやり」や「あめのむらくも」といった盗む系の最強/レアアイテムも一通り揃えてます。「ティンカーベル」はドロップなので面倒なんですが、後は時空のリターンを用いて粘り強く挑み続ければ入手は不可能ではありません。クマ系から入手する「スピア」「ジャベリン」の方が難しいんじゃないでしょうかね(第一世界と第二世界序盤ではリターンが使えないので)。

しかしこのデータ、神龍もオメガも倒していないっぽいです。オメガは割と攻略法が一択な所もあってあっさり倒せるんですが(魔法剣サンダガ+にとうりゅう+みだれうち×2)、神龍は人によって攻略法が違うかもしれません。僕の場合は「さんごのゆびわ」「アイスシールド」「ひりゅうのやり」といった装備を整えて、ゴーレム、ヘイスガなど補助魔法掛けつつ只管粘って倒す…て感じでしたが、ブリンク(分身)とバーサク、召喚ゴーレムを駆使する方が楽かもしれません。いずれにせよ理不尽さはそれほどないかなと思います。ちなみにラグナロクよりも極限まで鍛えたチキンナイフの方が強いです(ナイフの攻撃力には素早さと力の両方が反映されるため)。「みだれうち」を使用すれば退却も発動しませんし、実質的な最強武器じゃないですかね。(一部の的に異常なダメージが通る「アポロンのハープ」や「けんじゃのつえ」は別として) 。え?ブレイブブレイド??何それ??w(僕は「にげる」多用のため、殆どの場合は攻撃力0になってますw)

「すっぴん」「ものまね士」を除いたお気に入りジョブとしては「忍者」とか「侍」が好きでした、グラフィック的に。「魔法剣士」とかも良いですね。魔物使いとか吟遊詩人、薬師とかは地味な印象ですが、システムを理解すれば非常に強力。敵キャラのお気に入りはゼファーゾーン水晶龍とか。ドラゴン、良いっすよね。渋いところでは、ロンカナイトとか。

それと本作、地味にマルチエンディングなんですよね。具体的にはラスボス戦で生き残っていたメンバーの人数、組み合わせによって何通りか存在します。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

しあの  

No title

ビッグブリッジも大好きなんだけど、旋律では5のメインテーマの方に一票~

2011/09/16 (Fri) 00:56 | EDIT | REPLY |   

ruchinium  

>しあのさん

こんにちは~。

メインテーマ良いですよね。Disc2の#18~#20の三部作とかも良い感じで…というか全曲素敵過ぎるんですが、メタル野郎からするとどうにもハイテンション戦闘曲がお気に入りになる傾向がありますw

2011/09/16 (Fri) 19:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply