Trivium(2nd)

こんばんはー。


大学生の身分としては9月の連休ってあんまり関係がない(僕は実験につき平日祝日長期休暇関係無しに学校来たり休んだりしてますが)んですが、地味に17日~19日、23日~25日と連休なんですよね。で、ちょっと昼過ぎまでは付き合いのレジャーがあって、僕は空気読む力に欠けているのでそういうの頗る苦手なんですが、つつがなく終わりホッと一息。今は「一悶着」ていうニコ生見つつ酒飲みつつブログ更新しています。地味に至福w


さて、カテゴリに新しいのが加わっていたのに気付いている方が居たかどうか分かりませんが、今回はTriviumの2ndアルバム「Ascendancy」のレビューです。 1日おきくらいに連続で5thまで更新します。


TriviumやBullet For My Valentineのようなバンドが出てきた時、メタルコアってジャンルが全盛でしたが、この2バンド対してメタルコアって言葉は使いません(そもそも典型的なメタルコアとは違う)し、ニュー・ウェーブ・オブ・アメリカン・メタル等の言葉も殆ど流行らなかった印象なので、「ニュースクール」て言葉を使いました。もっと良い呼び名を知っていたら教えて下さい(^^;




2nd)Ascendancy('05)

Ascendancy (W/Dvd) (Spec) (Slip)Ascendancy (W/Dvd) (Spec) (Slip)
(2006/05/09)
Trivium

商品詳細を見る




フロリダ出身の若きメタルヒーロー:マシュー・キイチ・ヒーフィー率いるメタルバンドの2ndアルバムです。今作は大手レーベルであるROADRUNNERとの契約を経てのリリースです。

デビュー当初から「第二のメタリカ」などと評された彼らですが、本作で聴かれるのは、同時にフェイヴァリットとして挙げているIn FlamesやArch Enemy、Killswitch Engageといった、2000年初頭から流行したメロデスやメタルコアを正統派メタルのオブラートにまとめて包んだもの…といった印象で、良い意味で新しさを感じさせるものでした(2005年時点で)。

ほぼ全曲デスヴォイスとクリーンヴォイス/コーラス、ブルータルなギターリフと扇情的なメロディやギターソロの二段構成パターンで、金太郎飴的だという批判はなされそうですが、同時に全曲強力なフックを持ったメロディを持っていて、一本調子である事を意識させない仕上がりとなっています。また、大仰なインストパートなどヘヴィメタルの伝統的な要素も詰まっているので、オールドスクールメタルのリスナーにも強くアピールする要素が詰まっていると思います。一瞬で耳を惹きつけるメタリックなリフが特徴的な#3、「オイ!オイ!」なギャングボーカルが印象的な#6、甘いボーカルパートが素敵な#7といった、シングルカットされた曲を始め、全曲が捨て曲無しのハイクオリティなアルバムです。

目立った不満点としては、マシューの歌唱。メロディックな方は良いのですが、デスヴォイスにキレがないのが個人的には好きじゃないです。ギターソロが冗長に感じて、効果的ではない曲も数曲。「ワンパターン」「(当時の)流行りモノ」といった点は、これだけ良質な泣きメロを備えた楽曲郡を前には意味を無さない気がします。 メタルヘッズはまず聴くべし!

尚、本作は2006年にDVD&ボーナストラック付きにスペシャル盤が発売されました。未所持につきそちらの評価は出来ませんが、どうせ買うならそちらの方がお得な気はします。


#6:A Gunshot To The Head Of Trepidation





初めは好きじゃなかったんですが、このPV見て「ヘドバンかっこいい(゚∀゚)!」と思い始めました。今見るとガニマタが少し滑稽に見えなくもないですがwしっかし、キイチ若いな~


#9:The Decieved






こちらは2011年発売「In Waves」についてくるDVDより。2005年当時と比べると、キイチの歌が艶っぽくなりましたね。原曲(「Ascendancy」収録Ver)よりチューニング下げをしているみたいですが、何音下げかは分かりません…


<個人的評価>
メロディ:☆☆☆☆☆
ブルータリティ:☆☆☆☆
メロディ:☆☆☆☆
お勧め:#3、#7、#9、#11

Total:90(/100)





お勧め曲は悩んだんですが、Triviumを知るきっかけとなった#3と#7をまず入れて、一番好きな#9と、高校生当時リピートしまくってた#11の4曲を選びました。デスヴォイスが殆ど出てこない#8なども人気曲です。



いやー、キイチ(僕はマシューとか、ヒーフィーではなく「キイチ」の名で呼びますw)かっこいいなぁ。当時はChildren Of Bodomにハマってて。受験生だったのもあってギターには手を出さなかったんですが、いつかチャレンジしたいなぁ…なんて思ってて。

でもチルボドに関して言えば「う~ん、これを人前でやるって言ってもデス声ばっかじゃなぁ…モテなさそうだし(←ぉい)」とか思っていた節もあったんですよね。そこにきて彼ら「メロってる!デス声!しかも歌メロもある!すげぇ!!しかも若い!!」みたいな感動を覚えて。先ほど述べた通り受験期で基本外出しないって時期だったので、当時同居してた兄にお使いを頼んで買ってきてもらったアルバムです。


んで、受験後。ギターにチャレンジした訳ですが全然弾けなくて直ぐ挫折。で、その後浪人突入したんでそのまま放置、今に至ります・・もうこれが発売されてそんなに経つんですねwキイチさんは190cmの長身でギターが弾けて歌えて、僕は云々cm(チビ)だしギターも歌もダメですからねぇ…キイチみたいだったら女の子も振り向いてくれたり…なんて暗い気持ちにwwwwww僕も頑張ろう、何か頑張ろうww




という訳で、次回。

ではでは~(゚∀゚)ノシ



PS:
このカテゴリ、TriviumとBFMV紹介したら何紹介出来るんだろう?w
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply