Trivium(3rd)

こんにちは。

細かい時間は見れないんだと思うんですが、投稿時間が早いです(16:17)。何故かと言うと、実験を始めようと思ったら、致命的なミスに気づいて中断して帰宅したから…なんですねw実験室の机の上に、さも「俺、実験してるから話しかけないで!」と言わんばかりに物を広げちゃったんで、早く済ませたいんですけどwww


さて雑談はさておき、Triviumの3rdアルバム「The Crusade」のレビューです。



3rd)The Crusade('06)


CrusadeCrusade
(2006/10/10)
Trivium

商品詳細を見る



前作が英国で10万枚、米国で15万枚の売上を達成し、KERRANG!誌では「アルバム・オブ・ザ・イヤー」に輝いた若きメタルヒーローの放つ、「なんか腕の関節とか色々おかしい勇者的な何か(超絶ダセェ」なジャケが印象的な3rdアルバムです。

以前から自らのメタルヒーローがMetallicaであることを強調してきたリーダー:マシュー・キイチ・ヒーフィー(以下キイチ)ですが、今作で彼らへのリスペクトを爆発させ、一気に正統派メタル色が濃くなり、前作で聴かせたデスヴォイスは控えめになり、メロデス的な泣きメロは鳴りを潜めました。ジェイムズ・ヘッドフィールを彷彿させる歌唱スタイルによる歌メロと、堅実に作られたギターリフを主軸にする楽曲群は、前作から比べるとかなり淡泊な印象は受けますが、非常にキャッチーでダイナミック。正統派メタルファンは勿論の事、メタルを知らないリスナーにもアピールしうる強力なものと化した思います。

前作を感じさせる哀愁の漂う楽曲は#1や#2、#9辺りで、勇壮なシンガロングを促す#4、古き良き時代のストレートなメタルをっぽさ感じさせる#5、只管突進する#8、ミドルテンポで進む暑苦しい漢なナンバーである#12、大仰なインスト#13など、新機軸とも言える楽曲が目白押しで、雰囲気はがらりと変わりました。1曲1曲もコンパクトになり、聴き易くなった点は好印象。

と、ここまで良い点を書きならべてきましたが、個人的には前作のメロデス的な要素が気に入っていた事と、王道ヘヴィメタルがそれほど好きではない事もあって、このアルバム自体はあまり気に入っていません。泣きメロや殺傷力の高いリフが無い分即効性に乏しく、何だかマッタリした曲が多い印象を持ちます。また、王道への回帰というのは評価出来る部分があるにせよ、歌い方まで完全にMetallicaになっている(メタリ化)してるのは流石にどうかと。これまた好意的に捉える向きも少なからずありますが、この当時は未だ彼らの持つ様々なバックグラウンドが消化不良を起こしていたのかなぁなんて今('11)にして思います。

本作は概ね高評価されていて、特にオールドスクールメタルのファンからは絶賛されています。一方でメロデス的要素の減衰は多くのリスナーが不満点として挙げている点ではありますが、王道を突き進んだ事に対して賞賛が贈られる場合の方が多いようです。兎に角王道だから良い!という安易な意見も散見された当時('06)は不満に感じましたが、王道を現代風に解釈した楽曲郡は決して耳触りの悪いものではなく、今は「これはこれでアリかな」とも思います。という訳で大多数の意見を信用して、これからヘヴィメタルを聴こうとする方にお勧めしたいと思います。


#2:Detonation





中盤の展開が涙腺崩壊の失禁モノ。当初は他の収録曲があまり気に入らなくて、この曲のためだけに購入したといっても過言ではありませんでした。

歌詞は…9.11の事とか意識しているのでしょうか。「そして俺達が故郷と呼んだ場所は ただの荒地となっている お前の泣き声をかき消すのは 爆発音だけ」…悲しげです。


<個人的評価>
ヘヴィメタル度:☆☆☆☆☆
メロデス度:☆☆
聴き易さ:☆☆☆☆
お勧め:#1、#2、#9、#13

Total:80(/100)






僕自身、王道のへヴィメタル…Iron Maiden、Judas Priestといったメロディックメタルや、MetallicaやSlayerといったスラッシュメタルは一通り聴いてはいますが、ぶっちゃけメタリカ以外は、代表曲以外あまり印象に残っていなかったりします。僕が本格的にメタルを聴き始めた時は、「メタル復興の時期」…Avenged Sevenfold(以下A7X)の2ndがすげぇ!と某B!誌で騒がれていた時期ですので、まぁ古き良き時代のメタルよりも、スクリームありブレイクパートありの方が刺激的に聴こえたんですよねwですので、今回のレビューは否定的な意見が多く含まれています。

そういえば某B!誌の企画で、オーディオ店の店員さんが様々なアーティストのアルバムで音質を評価する…ってやつがあったんですが、本作は非常に評価が高かったようです。A7Xも非常に評価が高かったですね。僕は普段PCで音楽聴きますし、高々6万円弱のミニコンポなので、よく分かりませんが、確かに耳触りは良いですし、そう言われれば高音質な気がします。


次回は4thアルバムの紹介です。
ではでは~(゚∀゚)ノシ


PS:地元のレンタル屋のメタルの充実っぷりが凄くて出費が逆に増える始末w
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply